Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月12日

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

大学入試で必要になる志望理由書。また、推薦入試やAO入試の場合は面接で志望理由を聞かれることでしょう。そのようなときにきちんとした志望理由を述べることができなければ、入試への影響は計り知れません。では、どのような志望理由がよいのでしょう。

高校・専門学校の面接における志望理由の答え方と例

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

私立高校や専門学校では入学試験の際、筆記試験と併せて面接があります。面接では面接官にはこれから過ごす学校生活でのビジョン、目標を聞かれます。自分が学校で学びたいこと、そしてこの学校でなければならない理由を答えられたら好印象です。

「未来のことはわからないので書けない」ではなく、今考えられる理由でも十分素敵な志望理由は書けます。そして上手に書けない言えない人にも、ポイントを押さえて書けばしっかりとした志望理由になるので、ぜひ読んでいただきたいです。良い志望理由を書いて、面接にリラックスして臨みましょう。

商業高校の志望理由の答え方

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

商業高校は社会科学・情報学といった学びを展開している場合がほとんどです。学習内容が普通の高校と比べて特化している分、面接ではしっかりと自分の考えを伝えたいです。

【商業高校の志望理由に含みたい項目】
・なぜこの学科に進学したいのか
・入学後何を学び、卒業後どうしたいのか

この2点を抑えておけば、面接官はあなたの在学中のイメージが想像しやすくなります。以下、例として「ビジネス学科」の志望理由の例をご紹介します。

ビジネス学科

「①一番大きな理由は、マーケティングを学び、卒業後の進路に活かしたいと考えているからです。私はスーパーで買い物をした時に売れる棚と売れない棚があることに気づきました。それはポップ表示やチラシ関係していると考え、マーケティングに興味を持ちました。

②本校のカリキュラムでは1、2年生時に学びたい科目を選ぶことができるため、マーケティング戦略を中心に学びたいです。そして、企業とコラボレーションして商品を創り出すこの学校ならではの授業も魅力的だと感じました。

在学中には商品開発を実際に行って、卒業後もマーケティング分野に就職したいと考えています。」

①一文目に、なぜこの学科に進学したいのかを書きます。一番大きな理由・主な理由はという書き出しがベターでしょう。志望理由は自分で紙に書いて面接官が読むパターンもあるので、読み手にとってわかりやすいほうが良いです。

その後に、なぜこの学科に進学したいのかという理由を書きます。この時に志望する商業高校のカリキュラムを見て述べると具体性が高まりイメージしやすいです。加えてこの学校を知ってくれてるんだなと思ってもらえます。

②学んだことをどうしたいのか、卒業後まで考えられなくても在学中どうしたいのかを述べられれば良いでしょう。

看護学校の志望理由の答え方

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

看護学科は取得できる資格も学べることも限定されています。

・なぜ看護学科に入学しようと思ったのか
・在学時何を学び卒業後何をしたいのか

この2点は必ず聞かれる点です。

「私が本学を志望する理由は小児医療を学び、病気で苦しんでいる子供たちに寄り添いたいからです。

幼いころ大病を患い入院を繰り返していた時期がありました。
その際に看護師の方やスタッフの方に大変励まされた経験がとても記憶に残っています。

①本学では小児医療を学び実際に現場を訪れ、卒業後少しでも患者に寄り添えるような看護師になりたいです。」

①自分の学びたい分野の階きゅらむをホームページやパンフレットなどでチェックして、具体的な授業名を述べられると印象が良くなります。

私立高校の志望理由の答え方

私立高校の場合、「進学率が高い」「部活動が盛ん」など書いてしまいがちです。しかし、それは誰でも言えますし加えてそれが一体なんなのだろうとなってしまいます。そうならないために、志望理由を具体的に書きましょう。

「本学を志望する理由は国際交流に興味があり、在学中に留学を経験したいからです。海外旅行に行った際たくさんの外国人の方に道を教えてもらったりなど助けられました。その経験から在学中の国際交流の経験を活かして、外国と日本の懸け橋になるような仕事をしたいと思っております。」

私立高校のホームページにカリキュラムの他に特色というページが用意されていることが多いです。必ずチェックして、自分がイメージできることを志望理由に書くことをおすすめします。

大学の面接における志望理由の答え方・例(学部別)

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

大学では高校よりもっと専門性が高まる反面、面接では志望理由もしっかりとしたものを要求されます。特に推薦の方は面接が試験と併せてとても重要になってきます。

志望理由として抑えるべきポイント

・この学部で何を学びたいのか
・学びを活かして、卒業後何をしたいと考えているか

という2点は面接でも聞かれますし、深堀して志望理由をつくる必要があります。

経営学部

「在学中何をしたいか、何を学びたいのか、卒業後何をしたいのか」が答えられることがマストです。

「私はマーケティング戦略を主に学んで、在学時は〇〇先生の授業で企業と商品開発を行いたいです。マーケティングについて書かれた〇〇という本を読んでマーケティングを学びたいとおもうようになりました。卒業後はマーケティングを活かした職業で働きたいと考えています。」

志望理由には経営学部でしか学べない分野名やカリキュラム名を盛り込みましょう。学びたい分野の先生の名前や具体的なゼミの名前はわからなくても、カリキュラムを確認して受けたい授業名を述べられると良いです。

経済学部

「私が経済学部に入ろうと思った動機は起業したいと考えているからです。本学では経済学部内で起業する学生を対象に〇〇という授業を行っています。そこではチームで課題を解決していくとう、面白味があると感じました。卒業後は本学で学んだことを活かして起業し、働きたいと思います。」

志望理由には経済学部という大きな括りの中でも、具体的に何を学びたいのか答えられると良いです。

法学部

「私が法学部を志望する理由は国際政治を学び途上国と発展国との差をどのように解消するのか学びたいからです。私は高校在学時に途上国にマレーシアを訪れた時、世界のギャップを痛烈に感じました。ストリートチルドレンや売春宿で働く子供たちは法では守られず、大人の道具にされています。各国の差を埋めるのは容易ではないですが、政治の観点から解消の仕方を学びたいです。」

自分が経験したことを同期にすると、あなただけの志望理由が生まれます。自分の言葉で書くことがポイントです。

教育学部

「教育学部にて子供との関わり方を学び、卒業後は教師として活躍したいからです。今まで出会った学校の先生の中で印象的だったのは幼稚園の〇〇先生です。子どもたちの声に真剣に耳を傾け、子どもだからという考えがなく接してくれました。私もそんな教師になりたいので、本学では幼児教育を主に学びたいです。」

薬学部

「幼いころ大病を患った経験から薬学に興味を持ったことが志望する大きな理由です。今もなお難病で苦しんでいる人たちのために新薬を開発したいと考えております。薬学部の〇〇先生の分野で学び、卒業後の進路に活かそうと考えております。」

推薦の入試面接における志望理由の答え方

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

指定校推薦

指定校推薦は高校在学時の活動、成績をもとに行っています。面接では自身の活動歴と今後の抱負、志望理由をしっかり述べましょう。

【自身の活動歴の例】
・英語のスピーチ大会で優勝
・生徒会にて書記を担当した、その時のエピソード
・数学オリンピック出場

活動歴は今後の抱負につなげやすいです。「私は〇〇をしていたので、今後はより〇〇をします。」などです。

就職・転職における面接の志望理由の答え方

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

就職・転職の面接における志望理由の答え方

就職・転職の時の面接で必ず聞かれる&志望理由としても用紙に書くことは以下2つです。

・志望理由(なぜこの会社で働きたいと思ったのか)
・学生時代に取り組んだこと・頑張ったこと

2つとも重要事項で、面接の時には面接官に質問をたくさんされます。そのため、自分の中である程度聞かれることへの答えを準備しておく必要があります。

学生時代に取り組んだことは企業の求める人材に繋げる

例えば、志望する企業の求める人材が企画に優れていることだった場合の例

「学生時代にはサークルの企画部に属しており、メンバー全員が楽しめるイベントを企画しました。ただ自分たちがしたいことを企画するだけではなく、メンバーの反応を見て楽しかったかどうか・改善点などをアンケートで後日とるようにしました。そして次回に活かしていくことでそれまで参加してない人も参加するようになり、メンバーのイベント参加率が高まりました。」

自分が学生時代に取り組んだことと求める人材を結びつけると、面接官も質問を聞きやすいです。全然違った経験だと、いったいこの会社でなにができるんだろう、と思われてしまいます。

志望理由は面接における強い味方

高校・大学の志望理由の答え方と例|専門学校/看護/経営学部

面接は怖い・緊張すると感じてしまう方も多いです。しかし、面接で聞かれる志望理由をしっかりと自分の言葉にしておけば面接官との会話もリラックスすることができます。

上記のポイントを押さえて、ありのままで面接に臨んでください。

Latests