Search

検索したいワードを入力してください

大学に編入する難易度・入試の難易度

更新日:2020年08月20日

皆さんこんにちは、今回は「大学に編入する難易度・入試の難易度」と題し、大学へ編入する人や、社会人入試などにより関門をくぐって自己発展しようとする人に向けて、とびきりの役立ち情報をご紹介します。どうぞ「役立ち情報」としてご利用下さい。

大学編入する難易度

最近になって特に「社会人入試」や大学から違う大学へ編入しようとする人や学生が増えてきており、大学としてもそういった人たちを快く迎えるための入試制度そのものに変更を加え、入試の門を広げています。

大学から大学へ編入する場合では、主に学生に用意された試験課程が多くなりますが、その試験内容はAO入試や公募推薦入試のものとほとんど同じです。そのため編入試験対策としても、AO入試や公募推薦入試対策と見て間違いありません。

社会人から大学へ入学する場合でも、編入する形での入試対策は普通に設けられており、たいていの場合は学生とともに受験します。このため入試対策としては学生に当てられた編入試験内容やAO入試や公募推薦入試の内容を念頭に置くとよいでしょう。

大学編入する難易度の実際

先述で大学編入や社会人からの入学について軽く触れましたが、ここではその入学に際する実際の難易度とはいったいどんなものか、という具体的なスポットで眺めてみます。大学受験にはじまる他分野での受験でも、必ず競争率・倍率というものが加算されます。

この競争率・倍率によって「難易度」そのものが変動すると捉えてもらってかまいません。確かに問題そのもののむずかしさもありますが、たいていの場合、どの大学も例年どおりの難易度の試験問題を出題し、問題そのものの難易度に大きな変動はありません。

ようは受験者数によって加算される競争率が合格の門を狭くしており、少しでも減点されるとそれだけで不合格への致命的な打撃がどの受験生にも与えられます。

たとえば、定員が3人であり受験者数も3人で皆近い得点であれば、3人とも合格します。けれど受験者数が5人となれば、厳密な減点によりあとの2人は不合格になります。

大学編入する場合の難易度

先述の大学編入試験や社会人入試の難易度などを踏まえた上で、大学編入する際に実際の難易度を統計します。

編入する上で難関であるのは、先述のとおり受験者数がさらに多く集まる大学、つまり大学です。この点に考慮して言えば、主に有名国立・私立大学がその難関大学に入ります。

〈国立大学〉
・東京大学
・京都大学
・東京工業

〈私立大学〉
・早稲田大学
・慶応義塾大学
・国際基督教大学
・同志社大学
・上智大学

上記の大学群が比較的難関です。国立大学で言えば旧帝国大学にが集中しますが、なにぶん地方大学にはは集中せず、主に「どうせ入るなら」の精神で学術分野の有数を狙って学生が集まります。

また私立大学については、が都心と地方大学とに分かれる形で、通学しやすいエリアでなおかつレベルが高いとされる有名私立大学を目指す学生や社会人が多いのが実際です。

大学編入受験をする際のお得情報

先述で「有名国立大学や私立大学にが集中する」とお伝えしましたが、それによって当然「競争率・倍率」が跳ね上がり、合格率も比例して上がります。そのため合格すること自体がむずかしくなるのは当然で、多少の減点でも致命的となる場合が出てきます。

この有名国立大学や私立大学をねらう上でも、比較的合格しやすい大学というのが存在します。それは「入試の複線化」を展開している大学で、国立大学であれば名古屋大学や東北大学また九州大学、私立大学であれば立命館大学や青山学院大学などの有名大学です。

この入試の複線化によって「さまざまな入試の門」が広げられるので、各入試コースで課される受験課程も自ずと変更され、そのコースの中から「能力に適した受験形式や出題内容」を選択することができます。それによって合格率は遥かに上がります。

学生が編入する場合は提携大学が

各大学にはそれぞれ国内外を問わず、提携大学が存在します。この提携大学の情報についても各大学のホームページや大学案内のパンフレットなどで紹介されているので、そちらを参考にするとよいでしょう。

この提携大学に編入する場合は、提携大学にこそ設けられる留学を加味した交換留学や、編入する際でも書類選考のみで編入できる特別な措置が取られる場合があります。たとえば早稲田大学と同志社大学では単位互換制留学もあり、編入する際に役立ちます。

この他でも各大学において提携大学や協定大学に定められた大学であれば、国内外を問わずに編入の難易度基準がより低くなり、編入や留学にじゅうぶん有利な完備がされた特別な入試制度を迎えられます。この辺りの情報に沿って編入を考えるのもよいでしょう。

大学編入における試験内容と理解

そもそも大学編入というのは大学内外を問わず誰でも利用できる大学入試制度で、学生でも社会人でも同じく1年次や3年次から入学できる、勉強するにはとても便利な制度です。大学へ入学し直したいという社会人でも普通に受験でき、卒業後に学士ももらえます。

編入試験では入学先の学部によって試験内容が変わりますが、主に専攻科目と小論文の2つが学科試験で課され、あとは面接試験と事前の書類選考によって合否が採択されます。そのため受験対策は、書類作成、専攻科目、小論文、面接への準備が必要になります。

上記のあらかじめ決まった試験内容をもって難易度と、大学が求める学生像における合否が関わってくるので、編入試験や推薦入試を受験する学生は「能力に適した大学と受験コース」を再起に決めておかなければなりません。

大学入試の難易度

皆さんもよく聞くことでしょうが、大学入試の難易度というのは直接に合格・不合格に影響し、またその難易度によって受験すべき大学を決める最大の基準となるでしょう。この大学の難易度は先述のとおりに競争率であるていど決まり、あとは問題の難易度によります。

この大学受験に際する難易度を図ってみる場合、1番手っ取り早いのは各大学の赤本を参考したり、また模試や各参考書に掲載されている大学受験情報と出題傾向を自ら経験しておくことで、あらかじめ受験する大学の出題傾向は必ず確認する必要があります。

やはり大学の難易度のきちんと図る場合は、実際にその大学による過去何カ年かの受験問題を経験するより他ありません。受験の難易度は学生それぞれによって分かれてきますので、必ず「実際に受験する大学の難易度」を見定めておくことが肝心です。

社会人入試における大学編入・受験の難易度

社会人から学生と同じく受験して、希望大学に編入する・入学するというのは、昨今では普通に多く見られています。この大学受験の場合に課される試験内容は、学生に課されるものと同じです。

1つだけ違う点を言えば、社会人から入学する人の方が、書類選考時に比較的有利になる点です。活動実績や職務経験、それによる資格取得の有無などが、学生の立場からさらに飛躍した形を取らせてくれます。「アピールできる内容が違う」という利点です。

しかし社会人入試では合格者数が、学生向けの合格者数よりも遥かに少ないです。たいていの場合は「若干名」とだけ記されていて、試験の結果やAO入試であれば「大学が求める学生像」へほど近い実績証明と印象を得ておかなければ、合格に届かないこともあります。

次のページ:大学入試の難易度が高いと言われる10校

初回公開日:2018年01月15日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests