Search

検索したいワードを入力してください

口頭試問とは・定義・対策方法・面接との違い|卒論/大学

更新日:2020年08月20日

これから口頭試問を受ける人はいませんか。口頭試問の内容は各学校によって変わってくるので、事前に調べておかなければなりません。口頭試問を突破するには練習をたくさんしなければなりません。そのため、口頭試問の対策方法や口頭試問の内容についての紹介をします。

口頭試問とは・定義は?

口頭試問とはどのようなものなのか気になる人はいませんか。口頭試問は、どのような問題が出されてくるのか分からないので対策が必要になります。ここでは、口頭試問とはどのよなものなのかについてや口頭試問の定義について紹介します。

口頭試問とは、学部学科によっての専門的な知識や発想力が備わっているかの問題を面接官から出題されて、その問題を答えることです。問題を確実に正解することも大切になりますが、問題を解くためのプロセスも非常に大事になります。また、小論文をあらかじめに書いて、その小論文の問題を出題される場合もあります。

口頭試問には、面接官が受験者に質問をして、口頭で答えさせるという定義があります。練習無しでは口頭試問を成功させることはできないので、努力をすることが非常に重要です。

小学生の口頭試問の内容

小学校に入学するために、口頭試問を採用している小学校もあります。小学校の口頭試問は、難しい問題を答えさせるということはしてないので安心して大丈夫です。口頭試問の内容は「お名前をおしえてください」「住所と電話番号をおしえてください」「誕生日はいつで、その日はどのようなことをしていますか」などです。

口頭試問の練習をしなければ、子供にとって答えることは難しいので、寝る前やお風呂に一緒に入っているときなどに練習をすることをします。

中学生の口頭試問の内容

中学校に進学する場合に、口頭試問を採用している中学校もあります。中学校の口頭試問の内容は、面接官から質問を受けて、それに解答しなければなりません。質問の内容は、動画や文章を読み、そのことについての問題を出題することが多いです。

口頭試問を突破するためには、事前に本や動画を見て、そこからどんな質問が来るのかを想像しながら練習することをします。中学生の口頭試問は難しい問題が出されることがあるので、発想力を鍛えましょう。

高校生の口頭試問の内容

高校に入学するためには、試験や推薦入試などの方法があります。最近では、試験のほかにも口頭試問をして合否を判断する高校も増えてきています。そのため、高校での口頭試問の内容についての紹介をします。

高校での口頭試問の内容は、学部学科というものがない高校が多いので、高校3年間で培ってきた中から問題を問われます。数学では、一つの問題に5分で解くという場合や国語では、慣用句の問題を解くという問題が出題されます。英語は、長文を読んで問題に答えるといった形式なので、英検の二次試験を受けたことがある人ならば難なく突破することができます。

高校の口頭試問は、期末試験レベルの問題は出にくいと考えていたほうがいいです。そのため、期末試験の内容よりも少し難しめの問題の練習をすることをします。

大学の口頭試問の内容

大学に入学するためには口頭試問を突破しなければなりません。大学の口頭試問の内容は、学部学科によって変わってきます。情報系の学部だと、数学の口頭試問が出させやすく、文科系の学部だと、論文を読んでから質問に答えるといった形式がとられています。

大学に入学するための口頭試問の内容は非常に難しいです。期末試験レベルの問題が出されると考えていると痛い目に合うので気を付けましょう。そのため、期末試験の問題よりも難しい問題を解く練習をしましょう。

学部学科ごとに口頭試問の内容は変わりますが、国語や英語、数学は必ずといっていいほど出題されるのでしっかりと練習しましょう。

卒論の口頭試問の内容

卒論の口頭試問の内容について気になる人はいませんか。卒論の口頭試問を突破するためには、自分が論文にどのくらいの熱意をもって書き上げることができたのかが重要なポイントになります。論文を適当に仕上げてしまいますと、口頭試問で痛い目を浴びます。そのため、卒論の口頭試問の内容について紹介します。

卒論の口頭試問の内容は、論文で書き漏れている部分や不備があるところを質問されます。例えば、論文の調査や目的について、調べた結果どうなったのかなどです。論文に記載した内容は完璧に仕上げることは難しいので、どんな質問がきても答えることができるように熱意をもって仕上げなければなりません。

もし、いいかげんなことを話してしまうと大学を卒業することができなくなってしまう場合もあるので、真剣に取り組みましょう。

大学院の口頭試問の内容

大学院に進学したい場合は、口頭試問を突破しなければなりません。しかし、口頭試問は推薦入試の場合のみのことが多いので、一般入試の場合はないと考えて大丈夫です。口頭試問の内容は「勉強に対する熱意」「どうしてこの研究をしたいのか」「どうしてこの学校なのか」などがあります。

口頭試問の練習をしなければ受かることは非常に難しいです。事前に練習をしておくことで、口頭試問のときに緊張せずに済むので努力をしましょう。また、口頭試問の時間は30分ほどになり、推薦入試の場合は口頭試問だけで入試が終わることもあります。

口頭試問の対策方法とは?

口頭試問の対策方法について気になる人はいませんか。大学に入学するためには、口頭試問を突破しないと入学できない場合もあります。そのため、口頭試問の対策方法について紹介します。

口頭試問の対策には、いろいろ練習問題を解くことがです。ぶっつけ本番で臨んでしまうと、受かる確率が大幅に激減します。事前に問題に慣れておくことであまり緊張せずに試験に臨むことができます。大学に合格するために真剣に取り組みましょう。

また、口頭試問は頭の整理をしながら話さなければなりません。自分で勉強してもいいのですが、可能ならば先生に相談して練習相手になってもらいましょう。少しでも本番に近づけて練習することで自信を持って本番に臨むことができます。

数学

次のページ:口頭試問と面接の違いは?

初回公開日:2018年04月24日

記載されている内容は2018年04月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests