Search

検索したいワードを入力してください

大学中退した人の就職先・公務員になれるのか・その後|正社員

更新日:2020年08月20日

あらゆる理由で大学を中退する選択をしたという方、今まさにその選択をしようと悩んでいる方、中退した後の人生はどうなっていくのか、不安で気になると思います。ここでは、実際に大学中退した人にどういう選択肢があるのかをみていきます。

大学中退した人の就職先は?

あらゆる理由で大学中退をする選択をしたという方、今まさにその選択をしようとしている方にとって、中退した後の就職先にはどのようなものがあるのかは、最も気になるテーマです。ここでは、実際に中退した人がその後どういうところに就職しているのか、見ていきましょう。

正社員

「大学中退したから、正社員は厳しい」と思いがちですが、大学を中退したからといって、正社員になれないわけではありません。大学中退した人でも採用してくれる会社はあります。その会社の探すのに、中退者が利用できるのが、以下の方法です。

・ハローワーク
・転職サイト
・転職エージェント

新卒枠での就職活動ができないため、学歴不問や高卒という条件で、企業の中途採用枠での採用を目指すことになります。まずは、情報収集のために、上記の方法を試してみることをします。

大学中退でも公務員になれる?

安定した職業として、公務員を目指したいという人も多いのではないでしょうか。公務員、と一言でいっても、「国際公務員」「国家公務員」「地方公務員」の3つに分類されます。しかし、この中で「国際公務員」は、東大レベルと言われるほど難しいので、大学中退者が現実的に目指せるのは、「国家公務員」か「地方公務員」となります。

国家公務員

国家公務員の中には、学歴不問のものがいくつかあります。大学中退者の最終学歴は高卒なので、高卒でも受験できるもの、学歴不問のものを選んで受験します。一般的に、大学中退者でも受験可能な国家公務員試験は、一般職(事務処理などの仕事)と専門職(入国警備官や自衛官、刑務官など)です。

ただし、大卒・院卒と同程度の、高度な学力がある場合は、この限りではありません。大卒・院卒程度の学力があると認定されれば、エリートコースと言われる総合職を受験することもできます。

地方公務員

一般的に、大学中退してから目指す公務員といえば、地方公務員が多いでしょう。地方公務員試験は、高校卒業の資格さえあれば、受験可能のものも多いです。地方公務員試験の種類は以下のとおりです。

・行政・事務系:経理や庶務、政策遂行など。
・技術系:土木、建築、機械、電気など。
・心理職・福祉職:スクールカウンセラー、社会福祉施設、児童相談所など。
・警察官
・消防官

地方公務員の受験資格は、各自治体によって異なります。地方公務員に興味がある場合は、各自治体のホームページで確認してみましょう。

公務員は年齢制限に注意!

国家公務員、地方公務員ともに、高卒でも受験可能なものがあるのが分かりました。ですが、公務員試験の中には、年齢制限を設けているものが多くあります。もし、大学中退後、公務員になることを考えているのであれば、できるだけ早く行動したほうが良いでしょう。

大学中退者のその後

これまで、大学中退者が正社員として働く道と公務員として働く道をみてきました。ですが、この2つの道よりも圧倒的に多くの人が、大学中退後「フリーター」として生計を立てていきます。その「フリーター」の実態をみていきましょう。

フリーター

次のページ:大学中退者は履歴書をどう書くの?

初回公開日:2018年04月15日

記載されている内容は2018年04月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests