Search

検索したいワードを入力してください

心遣い・気配りとの違いとは|気遣いの例(メール/飲み会/体調)

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2017年09月11日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「お気遣いをありがとうございます」は、聞きなじみのある文言です。けれど「気遣い」がどんな意味を持つのか明確に答えられますか?「心遣い」「気配り」と、よく似た言葉もありますが使い分けることができますか?今回は、この「気遣い」についてお話したいと思います。

気遣いとは?|心遣い・気配りとの違い/気遣いの使い方など

日常生活やビジネスシーンでも登場することの多い「気遣い」という言葉の意味をご存知ですか?混同しがちな言葉に心遣いや気配りもありますよね。

今回は「気遣い」についての詳しい意味や使い方、また、気遣いのできる人になるにはどうするべきか?などさまざまな視点から説明していきます。

気遣いとは

心遣い・気配りとの違いとは|気遣いの例(メール/飲み会/体調)

「気遣い」の意味を3種類の辞書で調べてみました。『広辞苑』『大辞林』『デジタル大辞泉』それぞれで下記のように説明されています。

『広辞苑・第四版』…「あれこれと心をつかうこと。心遣い。心配」

『大辞林・第三版』…「①気をつかうこと。心遣い。配慮。②好ましくないことがおこるのではないかという心配。おそれ。懸念。多く、下に打消しの語を伴う」

『デジタル大辞泉』…「①あれこれと気をつかうこと。心づかい。②よくないことが起こるおそれ。懸念」と、説明されています。

心や気を遣ったり、配慮すると言った意味は知っていても、懸念や心配と言った「負の意味」で使われることがあることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。

[気遣い」をつかった例文

意味を調べただけでは少々分かりづらいので辞書に載せられていた例文を紹介します。

『広辞苑』…「どうぞ、お気遣いなく」「失敗の気遣いはない」
『大辞林』…「食料が不足する気遣いはない」
『デジタル大辞泉』…「どうぞお気遣いなく」「情報が漏れる気遣いはない」

「お気遣いなく」や「お気遣いをありがとうございます」は日常でもよくつかわれていますが、「失敗の気遣い」や「不足する気遣い」「漏れる気遣い」については、心配や懸念の意味もあることが世間一般に浸透していないので、誰もに伝わるように「失敗の心配」「不足する心配」「漏れる心配」とつかった方が無難でしょう。


「気遣い~」を使うとき

よく使う「お気遣いをありがとうございます」は、相手の好意や親切に感謝する際につかいます。こちらの仕事がはかどりやすいように、配慮をしてもらった時などにつかいます。例えば、資料に付箋を貼ったり重要な箇所にマーカーをひくなどの”さりげない配慮”です。

上記の「お気遣いなく」は、相手がしてくれた「もてなし」などに対して使います。訪問した取引先の会社でお茶を出されたり、来客からお土産を頂いた時などにつかいます。「そのようなことは、して下さらなくてもいいのですよ」と言った気持ちを込めて辞を低くして述べます。

「気遣う」と「気をつかう」

では「気づかう」に「を」を加えてみましょう。「気”を”つかう」になったら意味がガラリと変わってしまいました。多くの人が経験していることでしょうが、気をつかっても、つかわれても疲れてしまいます。余計な心の動きなので疲れるのです。これに対して「気遣う」は、しても、してもらっても疲れたりはしません。「気遣う」は自然な心の動きなので疲れないのです。社会生活やコミュニケーションを潤滑にする要素でもあり「気を使う」ことと意味が違います。

心遣い・気配りとの違い

心遣い・気配りとの違いとは|気遣いの例(メール/飲み会/体調)

「気遣い」と似た言葉で「心遣い」「気配り」と言った言葉があります。意味はどのように違い、どのようにつかい分けるのでしょうか。考えてみましょう。

心遣い・気配りの意味

▶心遣い◀
「①心を油断なく働かせること。警戒。用心。②人のためを思っていろいろ気をつかうこと。配慮。《広辞苑》」
「物事がうまくいくように気をつかうこと。《大辞林》」
「①あれこれ気を配ること。心配り。配慮。②祝儀。心付け《デジタル大辞泉》」

▶気配り◀
「不都合・失敗がないようにあれこれ気をつけること《広辞苑》」
「あれこれ細かく心を遣うこと。配慮《大辞林》」
「あれこれ気を使うこと。手抜かりがないように注意すること。心遣い。配慮《デジタル大辞泉》」

『気遣いと心遣い』の違い・使い分け

気遣いと心遣いの意味は、ほとんど同じなのですが以下のように使い分けます。

〈例1〉▶入院をしたとき◀
「お大事にしてください」と、電話やメールが送られてきたとき
「”お気遣い”をありがとうございます」

お見舞いに果物や花などが届けられたとき
「”お心遣い”をありがとうございます」

〈例2〉▶暑い季節の挨拶◀
「ご自愛ください」と、メールや手紙が送られてきたとき
「お気遣いをありがとうございます」

冷菓や飲み物などが届けられたとき
「お心遣いをありがとうございます」

気遣いは「気持ち」から生じるもの。心遣いは「金銭」が関与しているものと理解しておいて大丈夫でしょう。

『気遣いと気配り』の違いと使い分け

ほとんどの場合、気遣いは、一対一で「気や心」を遣う対象が一人です。

しかし気配りは、「配る」と言う文字が含まれているように、気持ちを遣う対象が一人に留まりません。その対象も空間や物の場合もあります。「会場の設営に気配りする」の例文のように、会場の垂れ幕や照明、椅子や冷暖房と色々な物、事に意識を向けることを「気配りする」と言います。

人に対しての「気配り」については、『気遣いの場面・呑み会篇』で後述したいと思います。

気遣いの場面

心遣い・気配りとの違いとは|気遣いの例(メール/飲み会/体調)

それではいくつかの場面を取り上げて気遣いの例をみてみましょう。

メール篇

ビジネスメールであっても用件だけの内容だと、少しも温度を感じません。けれど「お世話になっております」や「いつも、ありがとうございます」と一言がそえてあったら、ほんの数文字のおかげで温度のあるメールに変化します。

また、「おかげさまで」と書き加えるだけで謙虚さも伝えられます。もっとも大切なのは短いメールであっても送信する前に読み返すことです。誤字脱字がないか読みやすく改行されているかを確認してから送信しましょう。小さな気遣いですが、受け取った相手は快適にメールを読めるはずです。


呑み会篇

会社の呑み会の座席で上司に上座をすすめて順に下の方へ座っていくのは「常識」であり気遣いではありません。どちらかと言えば「礼節や礼儀」に近いでしょう。上司のグラスが空になったらお酌をする、新しい料理が運ばれてきたから上司に取り分けると言ったことも「気遣い」ではありません。

「唐揚げはお好きですか?」と尋ねて料理を取り分けるのは、上司とコミュニケーションを取る糸口です。お酌をしたり、してもらったりしながら親交を深めれば距離が縮まり翌日からの仕事も新鮮になるかもしれません。もちろん無礼講になってはいけません。節度は大事です。

呑み会での気遣いとは

ビールの瓶が空になったら店員を呼んだり料理の減り具合を見ながら、てきぱきと追加注文する人のことを手抜かりがないように注意しているので「気配りができる人」あるいは「気が利く人」と言います。はたから見ればその動きに感心しますが、本人はそれが板についているので負担ではなく当然の行動であることが多いです。

自分の目の前に大皿が置かれたときに料理を取り分けた小皿を離れた席の人たちに回してあげることは、「気遣い」と言えます。「向こうの席の人たちの前にはこの料理がないな」と観察して、「これを食べたい人がいるかもしれない」と配慮したからです。

体調篇

社会人ともなれば少しぐらいの体調不良なら学生のように休むわけにはいかないでしょう。やらなければならない仕事があると、なおさら責任感から無理をしてでも出勤します。そんな体調が思わしくなくて辛いときに掛けてもらう思いやりの言葉はありがたいものです。

社内の人であれ,取引先の人であれ身体がしんどそうだなと気づいたら、「大丈夫ですか?」「ご無理のないように…」と声をかけ、相手が負担に感じない程度に手を貸しましょう。こちらで融通がきき急がない仕事ならば予定を少しずらすなどです。相手の行動が最小限におさえられるように商談の場所などを考慮するのも気遣いになります。

まったく逆に、自分の体調がすぐれない時に相手に余計な心配をさせないのも気遣いです。

気遣いのできる人になるために

気遣いのできる人は、想像力と観察力があります。相手の望むことを想像してさりげなく実行します。周りを観察してすべきことを見つけます。また、思考を柔軟にして同じ事柄でもいくつもの側面から眺めることが出来ます。「あの人は、どうしてほしいのだろう?」と想像する癖、「ああ、先輩は左利きだ」と観察して、さりげなく左側にお茶を置く気遣い。それを、ひとつひとつ積み上げていきましょう。

無理せず、自分の優しさを引き出してみよう

心遣い・気配りとの違いとは|気遣いの例(メール/飲み会/体調)

あなたは誰かに気遣ってもらって嬉しかったこと、心地よかったことはありませんか?もしあるのなら、それを忘れないことです。「気遣いのできる人」が定着するよう、最初は真似でもかまわないので、あなたがしてもらったことを他の誰かに実行してみましょう。

Latests