Search

検索したいワードを入力してください

潔いの読み方・語の意味・潔い人の特徴7つと類語3つ

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2018年08月03日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「潔い」とはどんな意味を持つ言葉で、どのような読み方をするのか解説し、さらに、「潔い人」や「潔い女」、「潔い男」の性格や特徴、「潔い人」になる方法についてご紹介しています。「潔い人」になりたい、憧れているという人は、ぜひ、この記事を読んでみてください。

潔い人は、自由奔放な人が多いです。自分が正しいと思うか、思わないかで行動しますので、他人からの評価を気にして右往左往したりしませんし、相手の立場や態度によって対応をコロコロ変えたりしません。

さらに、人から良く思われたいと八方美人な態度をとったり、相手に合わせたりすることもなく、自分の信念に基づき誰に対しても正直かつ誠実な対応をとるという特徴があります。

特徴7:自分にぶれがない

潔い人は、自分の信念がはっきりしています。なので、自分が正しいと思うことに反していたら、嫌われる覚悟で反対意見を言うでしょう。

人は、どうしても他人からも好かれたいと思うので、時に自分の意に反していても、人に賛同することがあります。もちろん潔い人も「他人から嫌われたい」なんて望んではいません。

ですが、潔い人は自分が本当に信じたものなら、たとえ少数派でも、自分の意見を貫く芯の強さを持ち合わせています。

人生後半の潔い生き方

「潔さ」を学びたい人にオススメの一冊です。「人生における潔さとは何だろう」と漠然と感じた時にぜひ手にとってみてください。人間関係や、夫婦関係などから学べる潔さです。

潔いの類語

潔いの読み方・語の意味・潔い人の特徴7つと類語3つ
※画像はイメージです

ここからは潔いの類語をご紹介していきます。潔いと聞いて、類語やその意味がパッと浮かぶ人は少ないのではないでしょうか。表現の幅を広げるためにも、ここで今一度確認してみて下さい。

類語1:公明正大

「公明正大」とは、隠し事などの私情を挟まず、正しい行動を公平にを行うという意味があります。四字熟語なので、会話ではあまり使うことはありませんが、意味は覚えておくと便利です。

類語2:清純

「清純」とは、純粋で清らかな様子だったり、けがれていないという意味があります。この清純という言葉は日常でも耳にすることがあるので、知っている人も多いのではないでしょうか。大人になっても清純でいられることは、ある意味素敵と言えるでしょう。

類語3:きりりとした

「きりりとした」とは、凛としてシャキっとしている様子だったり、緊張感のあるという意味があります。「きりりとした○○」というように、人物の特徴を表すときによく使う言葉です。

潔くとは何?

「潔く」とは、「潔い」という言葉の連用形です。潔いは形容詞として「潔い○○」や「○○潔い」という使い方を文中ではします。ですが、日本語ではこの「潔い」という言葉自体が文中で変化をすることがあります。これを語形変化と言い「潔く○○」と言葉が続くことも多いです。

「潔く」の意味は、「潔い」と全く同じです。

「潔い」人で高感度アップを狙おう

潔いの読み方・語の意味・潔い人の特徴7つと類語3つ
※画像はイメージです

潔い人は思い切りが良く、言動に責任を持って行動するので、周りからも好感を持たれやすいです。実際、潔い人に憧れる人も多いでしょう。

潔い人になるためには、今回ご紹介した潔い人の特徴を参考に、潔い人の真似してみることも一つの手でしょう。真似する事でどんどん潔い人に近づいていきます。

自分を改善できるところはどんどんしていき、みんなが憧れるような潔い人になりましょう。

好印象を与えるには

「好印象」を与えるのにはコツがいります。少しの工夫で好印象を与えられるのなら、実践したい人も多いのではないでしょうか。

「好印象」というのは、人間関係でもとても大事な要素です。それを与えることができれば、信頼にも繋がります。やはり要点は抑えることが大事でしょう。好印象の与え方を詳しく知りたい人は、ぜひ下のリンクからご覧下さい。

Latests