Search

検索したいワードを入力してください

馬が合わないの意味・「反りが合わない」との違い・付き合い方

更新日:2020年08月20日

職場やプライベートな場で馬が合わない人がいるものです。馬が合わない原因は何か、馬が合わない人とどのように接すればいいのかをソーシャルスタイル理論の一部を用いて説明します。人間関係のストレスが激減し、より良い人間関係を構築できるようになります。

対応性を発揮しよう!

馬が合わない原因は、お互いの習慣言動です。あなたの習慣言動も相手の習慣言動も正しい言動です。性格とも無関係です。より良い人間関係、生産的な人間関係を構築するために「対応性」を発揮しましょう。発揮すると効果ある対応性を以下にまとめます。

1)人間は習慣言動を持っています(あなたも習慣言動で生きています)
2)自分の習慣言動と相手の習慣言動が違うのは当然であり、それを理解しましょう
3)第一印象で相手を判断しないようにしましょう
4)ソーシャルスタイルの著書を参考にしてみましょう

人間関係はストレスの大きな原因でもあります。しかし習慣言動は世界の人々に共通した理論の一部です。馬が合わないから会社を辞めたり仲間から離れても、新しい職場や集団にはあなたと異なる習慣言動の人が必ずいます。馬が合わないことを理由に単に逃げても、何も解決しないことを理解してください。大切なのは「対応性(人間の巾)」なのです。

初回公開日:2017年07月26日

記載されている内容は2017年07月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests