Search

検索したいワードを入力してください

「貶す」の意味と読み方・類義語8つ・貶す人への対処法

更新日:2020年08月20日

どこにでもいる貶す・貶してくる人にもし自分が貶されたらどうしますか。そして、貶されたことに振り回されず冷静に対処するにはどうすればよいでしょうか。この記事では貶す人の特徴、心理や行動をパターン化し、冷静な対処や付き合い方ができるようにまとめています。

人を悪く言うときに使用される難読類義語

「貶す」のように、人を悪く言うときに使用される難読類義語はたくさんあります。

貶すという言葉を普段使っていても、書くことや読むことができる人は意外といません。人を悪く言う言葉には、難読や当て字が多くあります。

難読で、なおかつ「貶す」と同じ意味を持つ単語をいくつかご紹介していきます。この機会に読み方や書き方を覚えておきましょう。

「蔑む」

「蔑む」は「さげすむ」と読み、劣ったモノとして見下すなどの意味があります。

「蔑」という漢字は「ないがしろ」とも読み、バカにする・無視するという意味があります。ないがしろとは、有っても無いようにする侮り軽んじるさまという意味の言葉で、悪いおこないの表現として使用されています。

ないがしろとは「無いが代」と書き、代わりになるもの・代用の必要が無いほど、価値が無い・必要の無いモノという意味です。

「罵倒する」

「罵倒する」とは、相手の人格などを面と向かって罵る・攻撃する行為をあらわす言葉です。

罵倒するとは、激しい感情を伴い、大声を出して相手に悪口を浴びせることです。悪態をつく・毒づく、暴言・罵詈雑言など、激しい口調で相手の悪口を真正面からぶつける行為を指して使われる言葉です。

「悪罵する」

「悪罵する」とは「あくばする」と読み、卑猥なことばを投げつけるときに使われる表現です。

毒づく・冒とくするなどの同義語で、卑猥な表現で相手を貶める言い方をするときに使用される言葉です。

「罵る」

「罵る」は「ののしる」と読み、言葉による激しい攻撃を指します。

「罵る」とは、連続した激しい口調で、長きにわたり相手を糾弾し続ける際などによく使われる単語です。この場合の話の内容は、汚いか虐待的な単語の羅列になります。「罵る」は、たいへんよくない言葉として使われています。

「扱き下ろす」

「扱き下ろす」とは「こきおろす」と読み、相手を正式に公然と非難して汚名を着せるときに使われる言葉です。

同義語は、「吊るし上げにする」「糾弾する」「咎め立てる」などです。

「扱き下ろす」とは、面と向かって辛辣に悪口を言うときにも使われる表現です。バッシングや炎上など、徹底的に避難中傷されるときに使用されます。

「誹謗する」

「誹謗する」とは「ひぼうする」と読み、根拠があるなしにかかわらず相手の悪口を言ったり・書いたりすることです。

誹謗するとは、相手のプライドを貶したり、名誉を傷つけたりする行為を表す言葉です。悪口を吹聴するなど、相手を貶める噂を流す場合にも使われます。

「誹」も「謗」も訓読みは「そしる」で、悪口を言うことです。誹謗中傷という四字熟語は、「誹謗」と「中傷」という同じ意味の単語が合わさってできています。

貶す人のことを知りたいあなたに本

「他人をほめる人、けなす人」は、貶す人とはどういう人なのかを知りたい人に1冊です。

他人を貶す人がどういう心理でそのようなことをしているのか客観的に知ることで、それらの行為を避ける行動が取れるようになれます。また、自身にあてはまる部分があれば、直していくこともできます。

他人を貶す人への対処法

次のページ:人を貶していませんか

初回公開日:2017年08月15日

記載されている内容は2017年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests