Search

検索したいワードを入力してください

「貶す」の意味と読み方・類義語8つ・貶す人への対処法

更新日:2020年08月20日

どこにでもいる貶す・貶してくる人にもし自分が貶されたらどうしますか。そして、貶されたことに振り回されず冷静に対処するにはどうすればよいでしょうか。この記事では貶す人の特徴、心理や行動をパターン化し、冷静な対処や付き合い方ができるようにまとめています。

自分の身の周りに人を貶す人がいたらいい気分はしません。貶されることで、怒りや悲しみといった感情的な心境になる方も多いはずです。

しかし、そのことで自身の気持ちだけでなく、パフォーマンスにも良くない影響が出てしまったら貶してくる人の思うつぼです。ここでは、そんな貶してくる人たちの言葉に振り回されないよう、貶す人への「対処法」をまとめてみました。

あなたの周りの貶す人に当てはまるか、早速みていきましょう。

貶す人のキャラクター

貶す人は、相手を意図的に陥れたいというよりは、その場の会話のコミュニケーションの一環として、そのような行為をしていることがあります。

貶す人の中には、貶すことでその場の話題が盛り上がったり、その場の人達との距離感が縮まることを期待しているキャラクターの持主がいます。

この場合、貶す人は貶す対象になった人に配慮するよりも、その場における自分の立ち位置にもっとも意識が集中しています。

貶す人の心理

人を貶すという行為は、相手にインパクトを与えると同時に関係が悪化するリスクが伴います。

貶す人は、相手に注目してもらうことに注力しますが、相手の気持ちには忖度しない傾向にあります。だから平気で、人を貶すことができます。

貶す人とは、他人の悪口を言うことで自分を常に優位な立場に置こうとする心理状態の持ち主です。自分に自信がないことを隠すために、他人を貶す人もいます。

貶された時の対処法

もし、今あなたの周りに誰かを貶す人がいて、気になっているという場合はどうすればいいでしょうか。ただ我慢だけすることは辛いですし、だからといって売り言葉に買い言葉で関係が悪化してしまうことも、社会生活上は避けたいです。

相手の貶してくる態度はなるべく受け流すこと、気になる場合でも言われた事実についてだけ「事実と異なる」と伝えること、適正な距離感を保つことで相手の興味から遠ざかることが必要です。

距離の置き方

貶された時は相手にせず、できる限り距離を置いた付き合い方をすることです。

貶す人の視界から遠ざかり、興味を失わせるといった良い形での対処方法です。この方法でもまだ貶してくる場合や、明らかに名誉を傷つけられた場合は、怒りや悲しみなどの感情をなるべく入れずに、事実を中心に意見を伝えます。

特に感情で受け止めてしまうことは、貶してくる人にとって格好の材料となってしまう可能性がありますので気を付けてください。

こちらの気持ちを伝えることも大事

貶す行動の意図は人によりいろいろですが、共通していることは自身の欲求が先で、貶す相手とのコミュニケーションは考えていないことです。このことから、貶されたときに貶した相手に真正面反応することは、ますます傷つく結果になりやすいので得策ではありません。

貶されたときは貶した相手に、こちらの気持ちを伝えることも大事です。

貶す人は相手の気持ちまで考えていません。冷静に伝えることで、改善される可能性があります。

人を貶していませんか

人を貶すことにより優越感に浸り、快感を得ることができます。人を貶すことが当たり前の環境に居る人は、快感を得たいがためにその行為をくりかえしています。

また、人を貶すことがコミュニケーションの一環だと信じている人もいます。

人を貶している人は、いますぐその行為を中止しましょう。人を貶せばその相手に恨まれるだけで、自分が偉くなれるわけでも好かれるわけでもないと、肝に銘じておきましょう。

人を貶さない上手なコミュニケーション

次のページ

初回公開日:2017年08月15日

記載されている内容は2017年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests