Search

検索したいワードを入力してください

「疎外感」の意味・感じやすい人の特徴5つと克服法

更新日:2020年08月20日

人間関係が成り立つ上で必ずと言って良いほどつきまとうものが疎外感です。誰もが一度は感じたことがある感情でもあり、いたたまれない感情に幾度となく心を痛めてきた人も多いことでしょう。そんな疎外感を感じやすい人の特徴や心理などを克服法と共に解説していきます。

疎外感の意味

疎外感とは、自分がのけ者にされている・排除されていると感じる感覚のことをいいます。

共通の話題が少ないことも疎外感を感じる要因です。疎外感を感じやすい人は職場でプライベートの話題になっても、持っている話題の少なさが原因となり打ち解けることができません。

話題の豊富さは経験に裏打ちされています。疎外感を感じる人は皆との共通する経験に乏しいため、周囲と共感する気持ちを感じることができづらい人たちです。

実際にはされていないのに疎外感を感じる

疎外感を感じやすい人は、自分を含めた3人以上が集まると疎外感を感じます。

自分を含めた数が2人であれば、相手も目の前にいる自分に集中してくれるため、安心して会話を楽しむことができます。しかし、3人以上の数になると想像していた話題からどんどん外れていき、結果的に1人ぼっちになったような疎外感を感じてしまいます。

自分の存在をしっかりとアピールしていけば、疎外感を感じることは少なくなるはずです。

1:集団の中でうとまれている

疎外感を感じる人は、実際にはされていないのに集団の中でうとまれていると感じています。

疎外感を感じる人は被害妄想が強い人です。自信がないので自分はだめだと思い込み、皆にうとまれていると考えがちです。それは特に集団の中で起こりがちで、人の言動にいちいち敏感に反応して勝手に落ち込むことが多々あります。

他人が放つ言葉やアクションには、深い意味がないことが多いことを、よく理解することが大切です。

2:集団の中で除け者にされている

疎外感を感じやすい人は、実際にはされていないのに、集団の中で除け者にされていると感じています。

このような考え方はうつ病に多く、危険信号である可能性があります。現代病でもある疎外感は被害妄想から生じています。

除け者になったような感覚になる原因には、まわりがあなたのことを知らないからだと考えているところにあります。疎外感を感じやすい人は、自分のことをまわりに積極的に知ってもらう努力が必要です。

疎外感を感じやすい人の特徴5つ

疎外感を感じやすい人には特徴があります。

その中から代表的なものを5つご紹介していきます。自分に当てはまると思った方は、その原因を見つけて積極的に直す努力をしていきましょう。

特徴1:周りの人に求めるものが多い

疎外感を感じやすい人は理想が高すぎるので、周りの人に求めるものが多いことが特徴です。

疎外感を感じやすい人は完璧主義者です。常に高い理想を掲げ、それが自分に当てはまっていると被害妄想を抱いています。自分がそれ相応の扱いを周囲からされないと、ひどく落ち込んで疎外感を持ってしまいます。

家族から疎外感を感じて育った人に多く見られる傾向です。自分が特別待遇をされないと、疎外感を感じてしまいます。

特徴2:ネガティブ思考

疎外感を感じやすい人は、ネガティブ思考が特徴です。

疎外感を感じやすい人は、なんでも悪い方向へ考えがちです。他人の何気ない一言に傷つき、自分は除け者にされていると被害妄想を持ち、疎外感を感じてしまいます。

特徴3:人の評価が気になる

次のページ:疎外感を克服する方法3つ

初回公開日:2017年09月27日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests