Search

検索したいワードを入力してください

「割り切る」の意味|仕事の人間関係を割り切る5つの方法

初回公開日:2017年09月18日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事の人間関係を割り切るというのは、簡単なようで難しいことです。いったん人間関係のしがらみに巻き込まれてしまうと、抜け出すこともままならず、仕事に悪影響さえ及ぼしかねません。本記事では、仕事の人間関係を割り切る方法についてご紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「割り切る」とは

「プライベートと仕事を割り切る」、「仕事と恋愛を割り切って考える」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。では「割り切る」とは一体どのようなことなのでしょう。

「割り切る」という言葉を知っている人は多くても、いざその言葉を説明してくれと言われたときに、きちんと意味を説明できるという人は多くはないでしょう。

「割り切る」という言葉をイメージだけでなく、しっかりと定義されている意味を確認してみましょう。

「割り切る」の意味

「割り切る」という言葉は、「定められた基準で結論を出す」という意味で使います。判断が必要なときに、感情を挟むことなく、原理や原則に基づいてある意味では機械的に答えを出すことです。

「割り切る」という言葉には、「受け入れる」、「諦める」、「見切りをつける」などの意味を含んでいることもあります。

どの意味で使われているのか判断が必要です。自分が使う際は、相手に意味の誤解をさせないよう注意しましょう。

「割り切る」と「諦める」の違い

「割り切る」という言葉には、「諦める」という含みもありますが、「受け入れる」という意味でも使われます。

「割り切る」は、「諦める」よりも大人の対応ともいえる「現実と折り合いを付ける」という意味でも使われます。一概に「諦める」という意味に解釈することはできません。

「割り切る」は、途中で諦めるという意味ではなく、理論的に途中でもやむなしと納得し、中断する意味と捉えましょう。

割り切るには

割り切った考え方をしたい場合、何から始めたら良いでしょう。今まで割り切った考え方ができなかった人が「やろう」とおもってすぐに割り切れるものではありません。

まずは割り切った考え方のできる人を参考に、行動の真似をしてみるのが早道です。割り切ることのできる人を真似するためには、割り切ることのできる人の特徴を把握しましょう。

割り切ることができる人の特徴を知り、割り切るための方法を探し出しましょう。

性別的に割り切るのが得意なのは男性

一般的に、ものごとを割り切ることができるのは男性だとされていて、女性は感情でものを考える生き物と言われています。

これはあくまでも一般論であり、確かに統計上の男女比としてはこのような結果と言われていましたが、全部が全部この理論に当てはまるわけではないので、頭ごなしに決め付けて語るのはやめましょう。

男性の方が感情ではなく、理論でものごとを考えるので、ものごとを割り切るのが得意だとされています。

女性は感情の生き物・割り切るのが苦手

多くの女性は、ものごとを感情を交えて考えるとされており、判断すべきときに感情移入してしまうと、物事を単純に割り切るのが難しくなります。

しかしあくまでも一般論なので、理詰めの女性も、ぐだぐだひとつの事情を引っ張る男性というのも存在します。

決め付けて語ると、相手を不快にすることがあるので、自分の中の「ガイドライン」程度の扱いにしておきましょう。要は男女の差というより、理論派と感情派の違いです。

仕事の人間関係を割り切る方法

仕事上の人間関係を、「仕事上の関係」として割り切って捉える方法はいろいろ考えられます。「自分がなぜ割り切った付き合いができていないのか?」という原因にも拠ります。

ここでは、以下の方法をご紹介します。

方法1:適度な距離感を保つ
方法2:自分から関わらない
方法3:仕事中は仕事に集中する
方法4:仕事以外で感情を吐きだす
方法5:2:6:2の法則を意識する

方法1「適度な距離感を保つ」

仕事の人間関係を割り切るために、「適度な距離感を保つ」という方法があります。仕事上の人間関係を濃密にしてしまうと、仕事の関係者と友人の切り分けがしづらくなります。

仕事の人間関係は、「仕事についての付き合いのみ」と決め、友人レベルの距離まで近づかないようにします。

プライベートタイムのランチや呑みは断りましょう。あまり極端に拒絶するのではなく、「仕事」の一部として付き合えるときは付き合い、臨機応変に対応しましょう。

方法2「自分から関わらない」

仕事上の付き合いだと割り切るのであれば、自分から積極的に関わらないようにするのが無難です。深入りしすぎると抜けにくくなるは、人間関係のひとつのセオリーです。

仕事上必要なときは相手から声をかけてきます。相手に求められていないときまで積極的に関わっていくのをやめることは、「割り切った態度」といえます。

雑談などは仕事に関係なくても、相手から振られたらコミュニケーションの一つとして対応しましょう。

方法3「仕事中は仕事に集中する」

仕事中は仕事のみに集中すれば、仕事から外れた人間関係を築いてしまうこともありません。多少の雑談は構いませんが、お互いのプライベートまで踏み込むような会話は避けましょう。

「仕事中は仕事に集中する」というのは、仕事に向かう姿勢の基本です。つまり仕事の基本ができる人は、人間関係も割り切ることのできる効率的な人といえます。

仕事の人間関係を割り切れないという人は、仕事のみを考える癖をつけてみましょう。

方法4「仕事以外で感情を吐きだす」

仕事の人間関係を割り切るためには、「感情を持ち込まない」ことが必要です。今まで仕事に持ち込んでいた「感情」を仕事以外で吐き出すようにしてみましょう。

仕事の人間関係には、「知り合いだから便宜を図ってもらえる」という期待も、「知り合いだから穏便に済むようにしなければいけない」といった甘えた感情も排斥します。

仕事中はすべき仕事に集中し、知り合いに対しては仕事外でフォローしたり、甘えたりしましょう。

方法5「2:6:2の法則を意識する」

仕事の人間関係を割り切って考えるために、「働きアリの法則」とも呼ばれる「2:6:2の法則」を意識してみるのも良いでしょう。

「2:6:2の法則」とは、組織内では上から2割の者が全体の数字の大部分を担っており、6割は普通、下の2割はあまり働かない」とされる法則です。

すべての組織がこのとおり構成されているとも言い切れませんが、だいたいこの類の数値に集約されているのが現実です。

「2:6:2の法則」とは

「2:6:2の法則」は、「働きアリの法則」とも呼ばれていますが、ここでは、「2:6:2」の各数値が示す各内容をご紹介します。

もとは「パレートの法則」という、100人の組織があれば良く働くのは2割程度、残りの8割はさぼりながら働いているか、全く働かないという法則です。

さぼりながら働く8割をさらに区分けすると、そのうち6割は普通に働き、2割は働かないと法則化したのが「2:6:2の法則」です。

2割の人には何をしても好かれる

「2:6:2の法則」を人間関係に当てはめると、上位2割の人は自分との相性がいい人と位置付けることができます。相性がいいのでこの人たちは自分のことを認めてくれます。

この2割の人たちと付き合うことはストレスにならないため、「仕事上の関係」と割り切ることはありません。

ただし、「2:6:2の法則」は常にこの比率が維持されることを意味しているので、2割の仲良しを3割に増やすことは不可能です。

6割の人は行動次第で好き嫌いが分かれる

「2:6:2の法則」によれば、6割の人は「普通」の位置づけです。よく働くこともあれば、さぼっているときもあります。

人間関係に当てはめても同じように、上手くいくときもあれば、折り合わないときもあります。ここは、「2:6:2の法則」によって仕方のないことだと割り切るしかありません。

人間関係が自分を中心に動いているわけではないので、思いどおりにいかない人もいるのは当然です。そう考えれば割り切れます。

残りの2割の人からは何をしても嫌われる

最後の2割の人は、いわゆる「うまの合わない人」です。努力してもどうもうまくいかない、というのがこの2割の人です。

「2:6:2の法則」は社会の構成要素の原則なので、自分と合わない2割の人を排除しようとしても、最終的には再度「2:6:2の法則」にあてはまる構成になってしまいます。

自分と中の良い人ばかり集めても、一部はうまくいかなくなり、一部は何となく付き合え、一部は親友という構成に落ち着きます。

人間関係を割り切って転職を考える人におすすめ

同僚と仲が良いから、上司や仕事内容に不満があっても、転職に踏み切れないという人は、一度仕事の人間関係を割り切ってみましょう。

そのうえでもっと自分にあった仕事を求める気持ちが強ければ、転職情報サイトなどを覗いてみてはいかがでしょうか。

仕事の人間関係を割り切るメリット

仕事上の人間関係を割り切って考えることができれば、どのようなメリットが得られるでしょう。メリットが得られるならわずらわしい人間関係に固執せず、割り切った方が得と考えられます。

ここでは、仕事の人間関係を割り切って考えることで得られるメリットについて、その内容とどのくらい効果的なのかを考えてみます。

メリットと感じられることが大きければ、今までの考え方を変え、「割り切る」努力をしてみましょう。

仕事の質が上がる

仕事の人間関係を割り切ることで、コミュニケーションやビジネスでのやり取りがスムーズに進む場合があります。主観で判断せず、客観的な判断をすることができるためです。

感情に流された決断ではなく、その場に応じたベストの結論が出せることで、正しい結果を導き出しやすくなります。

仕事と向き合うことで、求められていることに対して、必要なものが何か、人間関係のしがらみなど余計な迷い抜きで向き合うことができます。

プライベートを充実させることができる

仕事の人間関係を割り切ることで、仕事とプライベートを明確に区別できます。仕事の人間関係をプライベートに持ち込むこともなく、プライベートは仕事から区別することができ充実させられます。

仕事とプライベートを切り離すことができれば、プライベート時間に仕事のストレスは解消することができ、四六時中仕事のストレスが蓄積するということもなくなります。

プライベートが充実すれば、家族関係も円満になり人生の質もあがります。

精神的なストレスが減る

仕事の人間関係を、仕事だけのものと割り切れば、プライベートタイムに仕事の人間関係を持ち込むこともなくなります。

ストレスの一因である人間関係を割り切ることで、ストレスの蓄積も減り、プライベートタイムにストレスの解消も図れます。

寝ても覚めても上司の顔が思い浮かんだり、取引先担当者が夢に出てくるのでは精神は休まりません。仕事の人間関係をプライベートから切り離すのは、精神衛生上大変好ましいことです。

仕事の人間関係を割り切れる人の特徴

ここでは、仕事の人間関係を割り切って考えることができる人に見られる特徴をご紹介します。特徴を真似してみることで、自分も人間関係を割り切ることができるようになる可能性もあります。

優先順位をきちんと把握している

仕事の人間関係を割り切れる人は、ものごとの優先順位をきちんと把握できてる人といえます。決めるべきことがあるのに、人間関係の機微を伺っていて判断できないのでは本末転倒です。

今やるべきことは何か、そこに人間関係を考慮する必要があるかの判断がきちんとできれば、人間関係を維持するところは維持し割り切るべきときは割り切って対応できます。

やるべきことの優先順位と人間関係との関連の把握に努めましょう。

同僚と友人の違いを把握している

親しい同僚というのは、プライベートでも付き合いがあったり、仕事を超えた間柄を築いている場合もあります。仕事仲間としての関係か、友人関係かの割り切りは難しいでしょう。

しかし仕事の人間関係をきちんと割り切れる人は、自分の中での線引きがきちんとできています。友人であっても仕事中はあくまでも仕事関係者として扱います。

同僚であっても友人としてプライベートを過ごすときは、仕事の話はしないなどです。

仕事は生活のために必要な手段だと考えている

仕事そのものや、仕事に関係する人間関係に問題があっても、「仕事は生活のための糧であるから」と割り切って受け入れることができれば、深く悩むこともなく穏便に仕事を進められます。

ダメ出しをされたり、不快な対応をされたとしても、「仕事の一部」として割り切り人間関係に対する悪い感情を持つには至りません。

仕事は生活の糧と考え、個人対個人ではなくビジネス対ビジネスの付き合いだと割り切りましょう。

割り切らなかった時のデメリットを知っている

人間関係を割り切ることができる人というのは、割り切らなかった場合のデメリットをきちんと意識している人といえます。

人間関係を割り切らずに、ずるずると仕事を進めた場合に、自分が受けるであろうダメージを予測することができれば、人間関係を割り切ることにためらいを感じなくなります。

割り切る方法を知って人間関係を割り切ろう

仕事の人間関係を割り切るために、「割り切ることのメリット」「割り切ることができる人の特徴」などを見てきました。

自分の仕事上の人間関係を見直した方が良いと感じている人は、人間関係を割り切ってみたらどうなるかを想像し、状況が改善するのなら思い切って人間関係を割り切ってみましょう。

ストレスを解消しよう

仕事の人間関係というのは多大なストレスとなっています。割り切ることができるなら、いったん整理し少しでも自分のストレス軽減に努めましょう。

仕事のストレス解消を別の方法で行いたいと考えている人には、以下のリンク記事も参考になります。

Latests