Search

検索したいワードを入力してください

「割り切る」の意味|仕事の人間関係を割り切る5つの方法

更新日:2020年06月02日

仕事の人間関係を割り切るというのは、簡単なようで難しいことです。いったん人間関係のしがらみに巻き込まれてしまうと、抜け出すこともままならず、仕事に悪影響さえ及ぼしかねません。本記事では、仕事の人間関係を割り切る方法についてご紹介します。

「割り切る」とは

「プライベートと仕事を割り切る」、「仕事と恋愛を割り切って考える」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。では「割り切る」とは一体どのようなことなのでしょう。

「割り切る」という言葉を知っている人は多くても、いざその言葉を説明してくれと言われたときに、きちんと意味を説明できるという人は多くはないでしょう。

「割り切る」という言葉をイメージだけでなく、しっかりと定義されている意味を確認してみましょう。

「割り切る」の意味

「割り切る」という言葉は、「定められた基準で結論を出す」という意味で使います。判断が必要なときに、感情を挟むことなく、原理や原則に基づいてある意味では機械的に答えを出すことです。

「割り切る」という言葉には、「受け入れる」、「諦める」、「見切りをつける」などの意味を含んでいることもあります。

どの意味で使われているのか判断が必要です。自分が使う際は、相手に意味の誤解をさせないよう注意しましょう。

「割り切る」と「諦める」の違い

「割り切る」という言葉には、「諦める」という含みもありますが、「受け入れる」という意味でも使われます。

「割り切る」は、「諦める」よりも大人の対応ともいえる「現実と折り合いを付ける」という意味でも使われます。一概に「諦める」という意味に解釈することはできません。

「割り切る」は、途中で諦めるという意味ではなく、理論的に途中でもやむなしと納得し、中断する意味と捉えましょう。

割り切るには

割り切った考え方をしたい場合、何から始めたら良いでしょう。今まで割り切った考え方ができなかった人が「やろう」とおもってすぐに割り切れるものではありません。

まずは割り切った考え方のできる人を参考に、行動の真似をしてみるのが早道です。割り切ることのできる人を真似するためには、割り切ることのできる人の特徴を把握しましょう。

割り切ることができる人の特徴を知り、割り切るための方法を探し出しましょう。

性別的に割り切るのが得意なのは男性

一般的に、ものごとを割り切ることができるのは男性だとされていて、女性は感情でものを考える生き物と言われています。

これはあくまでも一般論であり、確かに統計上の男女比としてはこのような結果と言われていましたが、全部が全部この理論に当てはまるわけではないので、頭ごなしに決め付けて語るのはやめましょう。

男性の方が感情ではなく、理論でものごとを考えるので、ものごとを割り切るのが得意だとされています。

女性は感情の生き物・割り切るのが苦手

多くの女性は、ものごとを感情を交えて考えるとされており、判断すべきときに感情移入してしまうと、物事を単純に割り切るのが難しくなります。

しかしあくまでも一般論なので、理詰めの女性も、ぐだぐだひとつの事情を引っ張る男性というのも存在します。

決め付けて語ると、相手を不快にすることがあるので、自分の中の「ガイドライン」程度の扱いにしておきましょう。要は男女の差というより、理論派と感情派の違いです。

仕事の人間関係を割り切る方法

仕事上の人間関係を、「仕事上の関係」として割り切って捉える方法はいろいろ考えられます。「自分がなぜ割り切った付き合いができていないのか?」という原因にも拠ります。

ここでは、以下の方法をご紹介します。

方法1:適度な距離感を保つ
方法2:自分から関わらない
方法3:仕事中は仕事に集中する
方法4:仕事以外で感情を吐きだす
方法5:2:6:2の法則を意識する

方法1「適度な距離感を保つ」

仕事の人間関係を割り切るために、「適度な距離感を保つ」という方法があります。仕事上の人間関係を濃密にしてしまうと、仕事の関係者と友人の切り分けがしづらくなります。

仕事の人間関係は、「仕事についての付き合いのみ」と決め、友人レベルの距離まで近づかないようにします。

プライベートタイムのランチや呑みは断りましょう。あまり極端に拒絶するのではなく、「仕事」の一部として付き合えるときは付き合い、臨機応変に対応しましょう。

方法2「自分から関わらない」

仕事上の付き合いだと割り切るのであれば、自分から積極的に関わらないようにするのが無難です。深入りしすぎると抜けにくくなるは、人間関係のひとつのセオリーです。

仕事上必要なときは相手から声をかけてきます。相手に求められていないときまで積極的に関わっていくのをやめることは、「割り切った態度」といえます。

雑談などは仕事に関係なくても、相手から振られたらコミュニケーションの一つとして対応しましょう。

次のページ:仕事の人間関係を割り切るメリット

初回公開日:2017年09月18日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests