Search

検索したいワードを入力してください

気楽に生きる方法11個|気楽に生きられない原因5つ・意味

更新日:2020年08月20日

気楽に生きるには、まず精神的に楽な気持ちになることです。さまざまなしがらみを取り去るには時に勇気や覚悟も必要ですが、将来を必要以上に心配するのを止めて苦痛となる出来事や人間関係から遠ざかるようにするだけでも、気楽に生きる道は開けます。

人に見返りを求めないというのも非常に大切です。毎日生きていると他人に見返りを求めてしまったり、期待をしてしまうことがあるのではないでしょうか。なぜこの人はこういう発言をするんだろう、なんでこういう態度をとるんだろう、と思うこともあるでしょう。

しかし他人というのは自分がコントロールできるものではありません。自分が変えられるものと変えられないものを知って、できることだけを努力するようにしましょう。

方法9「自分にあるものに感謝する」

あなたは自分が持っているものに感謝をしていますか。自分にあるものに感謝することで気楽に生きることができるようになるとよくいわれています。「ないものねだり」という言葉があるように、時には「あるもの数え」というのも必要なのではないでしょうか。

あなたは何も持っていないわけではありません。誰かと比べて、へこんでしまった時は自分が持っているものを認識することで自分に自信をもつことができます。

方法10「自分の人生は自分が主役だと思う」

自分の人生は自分が主役だと思うようにしましょう。あなたは自分の人生を誰かの基準で考えてしまったりしていませんか。世間の基準に合わせたりしていませんか。インターネットが普及し、SNSの流行などによって他人の基準に合わせることが簡単になりました。

他人からの批判を恐れたり、他人から好かれようと思っても全ての人から評価されるということは難しいです。自分を自分で満足させようと思いませんか。

方法11「結局はなるようになると考える」

最後の方法は、結局はなるようになると考えることです。縁という言葉があるように世の中には自分の力だけではどうしようもないことがたくさんあります。

不可抗力という言葉があります。現代のように便利な時代に生きていると、努力することによっていろいいろなことができると思ってしまいがちですが、世の中にはどうしようもないこともあるということを、頭の片隅に置いておくと気楽に生きられるのではないでしょうか。

気楽に生きることを考え始めたあなたに

転職エージェント「リクルートエージェント」をご存知でしょうか。毎日、給料と見合わない仕事に追い込まれていませんか。

転職エージェント「リクルートエージェント」は転職支援実績を誇るエージェントが、豊富な経験をもとに非公開求人を含めたあなたに合いそうな仕事を紹介してくれます。

今の仕事よりも気楽にできそうなものを選択することができるのであれば、相談してみるのもいいのではないでしょうか。

気楽に生きられない原因5つ

ここからは気楽に生きられない原因を5つご紹介していきます。「こうあるべきだと考える」「失敗を避けようとする」「うまくやろうとする」「みんなと同じであろうとする」「手に入れてないことに不満を持つ」です。

あなたが普段、意識していることはありましたか。気楽に生きられない原因を知ることで、もう少し気楽に生きることができるようになるのではないでしょうか。続きをご覧ください。

原因1「こうあるべきだと考える」

こうあるべきだと考えるということは、非常に危険です。それはあなたの中の決めつけではないでしょうか。そうあるべきだと誰が言ったのですか。

100人中100人がこうするべきだと考えることは滅多にないでしょう。あなたがこうあるべきだと考えることはどのようなことなのでしょうか。必要以上のこだわりは時に自分を苦しめます。気楽に生きるために発想を変えてみましょう。

原因2「失敗を避けようとする」

失敗を避けようとするというのも、気楽に生きることが難しい原因です生きていれば必ず失敗をします。完璧な人間などいません。失敗を恐れているとストレスに感じます。

考え方を変えてみましょう。失敗は成功のもとであり、失敗をすることによって人間味が溢れるなどポジティブに捉えるようにしましょう。失敗に怯えていると新しいことにも挑戦できなくなるでしょう。

原因3「うまくやろうとする」

うまくやろうとするというのも気楽に生きることが難しい原因です。うまくやれなくても死ぬわけではありません。また、あなたがうまくやれたと思っていることも実は思い込みという可能性もあります。

人の価値観というのは、おそらくあなたが想像しているよりもいろいろなものがあります。最低限のマナーを守って取り組んでいれば良いのではないですか。間違えたら謝ればいいでしょう。もっとシンプルに考えてみましょう。

次のページ:気楽に生きる方法を実行してみましょう

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests