Search

検索したいワードを入力してください

「祈念」の意味と使い方|使用例3つ・同音異義語・言い換え

更新日:2020年06月05日

ビジネス用語として「祈念」はよく使われます。その祈念には同じ発音でも違う言葉があります。普段使わない言葉ですからいざとなると中々思い浮かばないでしょう。意味を理解し使用することで相手に尊敬と敬意が伝わります。今回は例題をさまざまな場面で想定しご紹介します。

「祈念」とは

ビジネスシーンでも日常会話でも使われることのある「祈念」という言葉ですが、正しく理解をすることはできていますでしょうか。この記事では、「祈念」の意味や使い方、類義語について説明していきます。

「祈念」という熟語は、「祈る」と「念ずる」の組み合わせた言葉です。ここからわかるように「祈念」という言葉は、似た意味の感じが組み合わさってできた言葉です。早速詳しく見ていきましょう。

「祈念」の読み方と意味

「祈念」は「きねん」と読み、「神仏に、願いがかなうように祈ること」という意味を持ちます。この言葉を使うことでいっそう尊敬と信頼を表した使い方なります。

この「祈念」という言葉はとても重厚なイメージの言葉で、本来は神に対して使われる言葉です。使い方としては、神仏に祈り目的の達成を念じる場合に使用しますので「成功を祈念する」などのような使用が一般的な使用方法となります。

「祈念」の類義語

「祈念」の類義語を確認していきましょう。神に願いが叶うように祈るという意味を持つ「祈念」ですが、どのような類義語を持つのでしょうか。

先程も述べたように「祈る」と「念じる」の感じが組み合わさってできた言葉です。そのため、これらの漢字を含む熟語は「祈念」に似通った意味を持つことが多いです。類義語を覚える際は、このように関連付けて覚えていきましょう。

「祈願」

「祈念」の類義語として「祈願」があります。「祈願」も「祈念」と同じように神仏に祈るという意味です。

「祈願」も「祈念」も同じ神仏に祈る言葉ですが「祈願」は神仏に願う意味がより強くなります。必死に願うという状況と考えるとイメージしやすいです。例えば、スポーツや選挙の場合に「必勝祈願」などと使います。どうしても勝ちたい思いが強い場面で使用します。同じ意味ですが、使い分けを覚えておくと良いでしょう。

間違いやすい同音異義語

同音異義語について確認していきましょう。同音異義語とは、同じ読み方をする意味の異なる言葉のことです。

祈念は「きねん」と読みます。この「きねん」は言葉として発する際は同じ音でも文字として書く場合に使用すると、使う漢字によりいろいろな意味に使われます。

記念、紀年、紀念などが挙げられ、さまざまなシチュエーションで使われます。同じ音のきねんもそれぞれの意味を知ることで間違いに気を付けましょう。

「記念」

複数ある「祈念」の同音異義語の中から「記念」について解説していきます。比較的使い慣れた言葉でしょう。

「記念」は思い出になるよう資料などを後世に残す場合に使用します。「結婚記念日」「各種記念館の名前」などさまざまな使われ方をします。

「祈念」と「記念」は同じ読み方をしますが、イントネーションが異なります。「き」を強く読む「祈念」と、「ね」を強く読む「記念」とでしっかりと使い分けましょう。

「祈念」の使用例

「祈念」という言葉の使用例について確認していきましょう。どんな状況で使うのか、3つのシチュエーションごとに紹介していきます。

例文もあわせて紹介していきますので、セットにして覚えましょう。「祈念」という言葉を使えるようになることで、ビジネスシーンにおいても役に立つことでしょう。早速見ていきます。

「祈念」を使うのはどんな時

「祈念」という言葉は「神に願いが叶うように祈る」という意味からも推測できるように、かしこまった場で使われることが多いです。また相手に敬意が伝わる熟語でもあります。

ここでは、ビジネスシーンで使用するとき、セレモニーの挨拶で使用するとき、メールや手紙で使用するときの3つのシチュエーションでの使い方、例文を紹介していきます。

ビジネスシーンで使用する時

次のページ:「祈念」を言い換える言葉

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests