Search

検索したいワードを入力してください

「祈念」の意味と使い方|使用例3つ・同音異義語・言い換え

更新日:2022年07月06日

ビジネス用語として「祈念」はよく使われます。その祈念には同じ発音でも違う言葉があります。普段使わない言葉ですからいざとなると中々思い浮かばないでしょう。意味を理解し使用することで相手に尊敬と敬意が伝わります。今回は例題をさまざまな場面で想定しご紹介します。

「祈念」はビジネスシーンにおいてよく使われる言葉です。しっかりと抑えていきましょう。

相手の会社の繁栄を願う場合やプロジェクトの成功を願う場合など、ビジネスシーンには「祈念」という言葉を使うシチュエーションが多くあります。相手に敬意を込めてお祈りする場合に使いましょう。

また「平和祈念」などという場合にもこの祈念が使用されます。平和を神仏に祈り心から平和を願うという場合です。

文例1 イベントの成功を祈念いたします

例文として、「イベントの成功を祈念いたします」を挙げます。イベントの成功を心から祈っている、神に願いますという意味を持ちます。イベントの成功以外にも、プロジェクトの成功、勝負事の勝利などこの例文はさまざまな状況に応用できます。

また「いたします」という表現から、この例文は謙譲語表現が使われています。自分を下げて相手を敬うことで敬意を表す表現です。

セレモニーの挨拶で使用する時

ビジネスで挨拶の場合に「祈念」という言葉をと使う場面が多いです。

「最後にご一同様のますますのご活躍を祈念申し上げます」「ご健勝、ご多幸を祈念申し上げます」というような使い方をします。これらの言葉をスピーチの際末尾に付けます。この言葉をつけることで、和気あいあいとしたエピソードが続いた場合も、スピーチにぐっと格調高さが漂います。

文例2 新しい門出に幸多かれと祈念いたします

例文としては、「新しい門出に幸多かれと祈念いたします」が挙げられます。新しい門出に多くの幸せがありますようにという言葉を、敬語表現にした例文です。

新しい支店ができたときやリニューアルオープンをしたとき、会社が合併したときなどの挨拶において使われる言葉です。新しいスタートに願いを込めて添えてあげる言葉になります。

メールや手紙にも多用される

メールや手紙でも「祈念」という言葉は多用されます。文末に書くことでその手紙に締まりができます。ビジネスシーンにおいて、メールや手紙を取引先に送ることも多いでしょう。その締めの言葉としてよく使われます。

また就職活動の際に「お祈りメール」というものが学生に届きます。これは「貴殿のご活躍を祈念いたします」という文面が多いのですが、「祈念」という言葉はここでも使用されます。

文例3 貴社の益々のご発展を祈念します

例文としては、「貴社の益々のご発展を祈念します」というフレーズです。発展を祝う言葉と共に今後への祈りを込めた挨拶としましょう。

この言葉を最後に添えることで、文面が引き締まります。取引先への敬意を込めて記しましょう。

ビジネスシーンで恥をかかないようにしよう

ビジネスシーンにおいて、敬語表現をマスターしておくことは必須です。自分が恥をかくだけではなく、目上の人や取引先の相手に対して失礼に当たります。

この機会に敬語表現を身につけておきましょう。言葉遣いを丁寧に言い換える表現を消化敷いている一冊です。「大人なら知っておきたい モノの言い方サクッとノート」ぜひお読みになってみてください。

「祈念」を言い換える言葉

「祈念」という言葉の言い換える表現を確認していきましょう。

ここまで例文で紹介してきてわかるように、「祈念」という言葉は「祈念いたします」という使い方をします。この表現を言い換える言葉と例文を紹介します。

「お祈りする」

「祈念いたします」を言い換えると「お祈りします」という表現になります。「お祈りする」は「祈る」の敬語表現です。敬意の伝わる表現のため、「祈念」という言葉を言い換えることができます。

例文「チームの勝利をお祈りします」

次のページ:「祈念」を使ってみよう

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests