Search

検索したいワードを入力してください

「祈念」の意味と使い方|使用例3つ・同音異義語・言い換え

更新日:2022年07月06日

ビジネス用語として「祈念」はよく使われます。その祈念には同じ発音でも違う言葉があります。普段使わない言葉ですからいざとなると中々思い浮かばないでしょう。意味を理解し使用することで相手に尊敬と敬意が伝わります。今回は例題をさまざまな場面で想定しご紹介します。

例文としては、「チームの勝利をお祈りします」を挙げます。

この例文は、チームの関係者や応援する人がそのチームの勝利を願って言葉をかけている状況で使うことができます。心から願う気持ちを伝えるときに使うことのできる表現です。

「祈念」を使ってみよう

いかがでしたでしょうか。「祈念」という言葉の意味や使い方についてさまざまな場面を想定してご紹介しました。

硬い表現の祈念ではありますが、公的な場所やビジネスシーンなどで適切に使用することで、相手の成功や活躍・達成を願い心より祈るということが伝えられます。特に、挨拶の始めまたは締めや結びに使うことで、話しや文章を引き締める効果があります。

「祈念」は相手を思いやる言葉

「祈念」という言葉は、相手に変わって自分が神や仏にお祈りするという意味を持つ言葉です。相手を思いやって相手の成功や幸せを願う気持ちを伝えたいときに使うようにしましょう。

相手の幸せや成功を祈る気持ちを伝える

「祈念」という言葉以外にも相手の幸せや成功を祈る気持ちを伝える表現は数多くあります。相手への敬意を表し、心から祈る気持ちを伝えましょう。以下の記事を読んで他の表現についても学んでいきましょう。

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests