Search

検索したいワードを入力してください

おけまるの意味と使い方・おけまるは死語か・あざまるの意味

更新日:2020年05月22日

若者言葉として流行している「おけまる」という言葉をテーマにして、「おけまる」の正しい意味や使い方、由来などについてご紹介しています。また、「おけまる」という言葉を使う人の心理や、「おけまる」以外の若者言葉の意味などについてもまとめています。

「おけまる」とは

近年、インターネットの発展は特に目覚ましいものとなっており、SNSやアプリなども急速に発達しています。インターネットはもはや、文化の1つだと言えるでしょう。インターネット特有の文化や言葉、ルールなども出てきており、時には社会現象となることもあるほどです。

そんなインターネット特有の文化や言葉の中でも、若い人を中心に使われている言葉の1つとして、「おけまる」という言葉が挙げられます。TwitterやInstagramなどのSNSを中心に使われている言葉ですが、由来や意味、使い方が気になるところです。

今回は、そんな「おけまる」という言葉をピックアップして、「おけまる」の意味や使い方、由来などについてご紹介していきます。

おけまるの意味

早速、「おけまる」とはどのような意味を持つ言葉なのか見ていきましょう。「おけまる」の意味については、「マイナビ」にて以下のように解説されています。

「OK」と普通に発音したり記入したりした方が、文字数が少なくて済むという意見もありますが、入力をする際などは、いちいちアルファベットに変換しなくても済むので、入力しやすいというメリットがあると予想できます。

おけまるとは、「オッケー」という意味で、OKと句点「。」を略した言葉です。

出典: https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/37818 |

意外と使う人は少ない!?「おけまる」の使用率

上記では、「おけまる」という言葉の意味についてご紹介しました。では実際に会話や投稿などで使用する人はどれくらいいるのか、使用率について考えていきましょう。

「マイナビ」が実施したアンケートから、「おけまる」を会話や投稿で使用している人は、10%前後となっていることが読み取れます。大ブームというほどの使用率ではないと考えられますが、10%以上の人が「おけまる」という言葉を使っていることを考えると、世の中に浸透している言葉だと言えそうです。

■「OK」のことを「おけまる」って言いますか?

言う    47人(11.7%)
言わない  354人(88.3%)

出典: https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/37818 |

「おけまる」の由来

上記では、「おけまる」の言葉の意味や、世の中における「おけまる」という言葉の使用率などをご紹介しました。「おけまる」という言葉は、流行語と呼べるほどの使用率ではないものの、一定の知名度を誇っていたり、ある程度世間に浸透したりしている言葉であることが分かりました。

続いては、そんな「おけまる」という言葉が、どのように誕生したのか、元ネタや由来について考察していきます。

「おけまる」の元ネタ

「おけまる」の元ネタは、「OK」を「おけ」の省略的な表記・表現と、文章の最後に付ける「。」を融合させ、省略したものだと言われています。上記では、「おけまる」の意味についてご紹介しましたが、その意味こそが、「おけまる」という言葉が誕生した由来でもあると言えるでしょう。

「OK」を「おけ」と表現することは、若者らしい表現方法ですが、一方で律儀に「。」を文章に付ける点にギャップや可愛らしさが感じられ、流行るようになったと考えることもできそうです。

「おけまる」と似たような言葉

「OK」を「おけ」と表現し、「。」を付けて省略した言葉である「おけまる」ですが、同じような原理で作られた言葉や似たような構成の言葉は、他にも多数存在します。

「おつまる」という言葉もまた、「おけまる」と同じような原理で作られた言葉の1つだと言われています。「おつまる」とは、以下のような意味を持つ言葉です。

おつまる

「おつまる」という言葉は、「おけまる」と同じような原理でできている言葉だと言えるでしょう。「お疲れ様」という言葉から「おつ」を取り、文末に付ける「。」を「まる」と表現し、省略することで、「おつまる」という言葉になっています。

後述で、その他の言葉についても触れますが、その他にも「あざまる」などの言葉があり、これらの言葉も「おけまる」「おつまる」などと似たような仕組みや由来を持つ言葉だと予想できます。

次のページ:「おけまる」の使い方

初回公開日:2017年11月05日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests