Search

検索したいワードを入力してください

「つらみ」の意味と使用例・類義語と対義語・実は昔からある言葉

更新日:2020年08月20日

多くの人は「つらみ」という言葉をインターネット上で一度は見たことがあると思います。また、「つらみ」だけでなく語尾に「み」をつけるというネットスラングについて気になったことはありませんか?実はなんと、「つらみ」は昔から使われている言葉なのです。

「つらみ」とは?

最近TwitterやSNS上で見られる「つらみ」という言葉。みなさんも一度は目にしたことがある言葉ではないでしょうか。「つらみ」とは、最近若者たちの中でよく使用される言葉で、落ち込んでいる時や、何かがあってつらいと感じている時に「つらみ」と使用されている傾向が多く見受けられます。

「つらみ」を使用する若者が急増した現在、「つらみ」は新たなネットスラングに分類されるといって良いでしょう。「つらみ」は「つらい」という言葉を語源に、語尾に「み」をつけて使用されています。使用例は以下のものがあります。

・「失敗した。つらみ」
何か挑戦している物事に失敗したり、うまくいかなかったりした場合に、「つらみ」と使用されています。言葉の含みからして、「何か辛いことがあったのだろう」と予測することができますが、語尾に「み」をつけることにより、緩和され、気軽に「つらい」と発言することができることから、多くの人に好まれて使用されています。

辛いの語尾を「み」に変換した若者言葉

「つらみ」は、誰が言い出したのかは明確にはわかりませんが、辛いという言葉をひらがなにして、さらには語尾に「み」をつけることで新たに若者が作ったネットスラングです。若者が生み出した言葉が爆発的に浸透し、多くの人に使用され、新たなネットスラングが誕生したと言えるでしょう。

語尾を「み」に変換した若者言葉の他の例

TwitterやSNS上では、「つらみ」だけではなく、なんでも語尾に「み」をつける傾向が見受けられます。語尾に「み」をつけることにより、少しぼかした言い方になるため、受ける言葉のイメージが重いものではなくなります。

そういったことから気軽に使える言葉として、「つらみ」や、他の語尾に「み」をつけた言葉が好まれ、多くの人に使用されています。「つらみ」以外の他の言葉の語尾に「み」をつけている例をみていきましょう。

うれしみ

「うれしみ」は「つらみ」と反対の意味で使われる言葉で、単語のとおり、「嬉しい」ということを指しています。「うれしい」という言葉を語源に、語尾に「み」をつけて新たなネットスラングとして使用されています。使用例は以下のものがあります。

・「褒められたうれしみ」
これは純粋に何かを周囲の人たちから褒められ、「嬉しい」という意味です。

・「うれしみを共有したい」
自分にとって何か嬉しいでき事があった場合に、誰かとその嬉しさを共有したい、わかってもらいたいという気持ちから使用されています。

・「うれしみの極み」
嬉しすぎて言葉ではうまく言いあらわせない状態の時に使用されています。

・「うれしみに欠ける」
嬉しいでき事があったにもかかわらず、腑に落ちなかったり、納得できなかったりと、素直に喜ぶことができない状態の時に使用されています。

そして同時に「うれしみ」と「つらみ」を用いた、「うれしみに欠ける。つらみ」などの使用例もあります。

わかりみ

「わかりみ」とは、主に「わかる」と物事に対し、同意する際に使われる言葉です。「わかる」という言葉を語源に、語尾に「み」をつけることによって使用されている新たなネットスラングです。使用例は以下のものがあります。

・わかりみが深い
意味合いとしては、「すごくわかる」「激しく賛同する」です。「わかりみが強い」とも使用されています。

・わかりみに欠ける
意味合いとしては、「全然理解できない」「賛同できない」です。相手が放った言葉や発言に対し、理解できなかった場合や、相手から理解をしてもらえなかった場合に「〇〇はわかりみに欠ける」などというふうに使用されています。

・わかりみしかない
誰かが発言したことに対し、同調し、「反抗的な意見」や「否定的」でない場合、「わかりみしかない」というふうに使用されています。また、「むしろわかりみしかない」などと言った言葉もあります。

かなしみ

「かなしみ」とは、ただ単に「悲しみ」という言葉をひらがなにしただけのものであり、「つらみ」や「わかりみ」などに比べ、多くの人に使用されていませんが、新たなネットスラングとして使用されています。

元から「悲しみ」という言葉があるため、語尾に「み」をつけた特別な言葉ではありませんが、ひらがなで使用することにより、軽いイメージになります。使用例は以下のものがあります。

・「〇〇があった。かなしみ」
自分にとって嫌のことや悲しいでき事があった場合において使用されています。特に深い意味はなく、「前髪きりすぎた。かなしみ」「時間に間に合わなかった。かなしみ」などと、軽いノリで使用されています。大いに悲しいと感じている場合は使用されていません。

しんどみ

「しんどみ」とは、「しんどい」という言葉を語源にした新たなネットスラングです。「しんどみ」も語尾を「み」に置き換えることにより、軽いノリで使用することができる使いやすさから、多くの人に使用されています。「しんどみ」の使用例は以下のものがあります。

・「しんどみ」
「しんどみ」という言葉だけで使用している人が多く見受けられます。具体的に何かあってしんどいと伝えるのではなく、ただひたすらに精神や肉体がしんどいことから、「しんどみ」と単語ひとつで終わらせてしまいます。

・「〇〇があったから嬉しすぎてしんどみ」
嬉しいことがあったにもかかわらず、そのでき事があまりにも嬉しすぎるでき事であったため、舞い上がってしまい、「しんどみ」と使用している人が見受けられます。

・「熱があるからしんどみ」
肉体的に弱っている時は精神的にも衰弱してしまいます。そう言った場合に「しんどみ」と使用されています。

「しんどみ」はその人が抱えるしんどい要素のことで、「しんどみがある」などと発言している人たちのほとんどが、しんどい要素を抱えているということなのでしょう。

次のページ:やばみ

初回公開日:2017年11月07日

記載されている内容は2017年11月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests