Search

検索したいワードを入力してください

ナーバスの意味と使い方・対義語とナーバスになる理由・原因

更新日:2020年08月20日

ナーバスになって、イライラしたり、気分がすぐれなかったりするのは辛いことです。相手に理解されないと、ますます心が塞いでしまいます。けれど案外、ナーバスになっている原因を知らないものです。こちらの記事では、ナーバスになる原因をお伝えします。ぜひ、みてくださいね。

ナーバスの意味と使い方

誰でも、ナーバスになったことがあるはずです。しかし、意外にもわからないのがナーバスの理由です。あなたのナーバスになる理由は何でしょうか。これからお伝えする『ナーバスの意味と使い方』が、きっと、あなたのナーバスの理由を浮き彫りにしてくれるでしょう。ぜひ、読んでみてください。

ナーバスの意味

神経が張り詰めた状態です。イライラしてる状態です。興奮しやすい状態です。不安定です。ドキドキしています。心配性で、臆病になっている状態です。落ち着きのない状態です。癇が強くなっています。常にひやひやしていています。心もとなく落ち着かない、自信がない状態です。

ナーバスの使い方

これからどうなるのかと少しナーバスになっています。試験をまえにしてナーバスになっています。

ナーバスになった時の対処法

あなたが、ナーバスになる時はどのような状況なのでしょうか。相手に受け入れられていないと感じた時、人はナーバスになります。馬鹿にされたと感じたり、見下されていると感じた時、自分の存在を周囲に認められていないと感じると、人は自分に自信をなくしがちです。自信たっぷりではいられずに、イライラしたり、心は不安定になり緊張してしまうでしょう。

あなたが、ナーバスになる理由が他にもあるのなら、きちんと把握するようにしましょう。ナーバスになるのがどんな時か、わかった方が、自分を知ることにつながります。時には、自分の心の声をよくきき、自分を理解すると良いでしょう。

相談する

その不安な心を何かにゆだねてみましょう。ナーバスな気分がいったん解除されたような気分を感じるでしょう。悩みを誰かに打ち明けたり、気持ちをリセットすることで、重く沈んでいた気持ちが軽くなります。

人の評価を気にしない

誰かが決めた評価よりも、あなた自身があなたらしいかどうかで、心に自信がもたらされるでしょう。あなたらしさが、あなたの特技でもあるからです。あなたは、自分の特技を発揮しているでしょうか。できなかったことよりも、あなたがこれまでの経験で、できるようになったことを思い出すと良いでしょう。そのすべてが、あなたの長所です。

自分に自信を持つ

相手を思いやるようにすると良いでしょう。それが、相手の役に立つことを実感し、相手を思いやるという主導権を握ることで、あなたは、これまでの半分しか自分に構えなくなります。心の中が、自分への関心でいっぱいになってしまうと、相手を思いやれなくなってしまうものですが、相手を、思いやるという心掛けを先に行うことで、自分に気持ちが向かなくなるからです。

声を出して笑う

心が、楽しく解放されると思うことをしましょう。リラックスすることが最大のポイントです。とはいっても、家事をしたり掃除をしたり、疲れていても避けて通れないこともあるはずです。そんな時は、明るくポップな音楽や、陽気なレゲエを聴くなどして、家事を楽しく済ませてしまいましょう。

周りに流されない

日頃から、周りに流されないようにして、普段から物事の主導権を持って、自分で選択するようにすると、自分の行動に責任が持てるようになり、自信を持つことにつながっていきます。

感謝の心を持つ

次のページ:栄養をとる

初回公開日:2017年12月09日

記載されている内容は2017年12月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests