Search

検索したいワードを入力してください

「ラインナップ」の意味と由来・用例6つ|ラインアップとの違い

更新日:2020年08月20日

「ラインナップ」と聞いて商品の並べられた状態を想像する方、スポーツ選手のメンバーを思い浮かべる方などいるでしょう。この言葉は大まかな意味は同じでも、細かく分けると色々な解釈をする事ができます。今回はそんな複数の意味を持つラインナップの使い方について紹介します。

「ラインナップ」とは

「ラインナップ」とは、現在日本で使用されているカタカナ語のうちの一つです。みなさんは、この「ラインナップ」という言葉をご存知ですか。「ラインナップ」と聞いて、商品の並べられた状態や、スポーツ選手のメンバーをイメージする方などもいるでしょう。

今回は「ラインナップ」という言葉について意味や由来、実際の使い方などを詳しくご紹介していきます。また、似ている言葉「ラインアップ」との違いも見ていきましょう。

「ラインナップ」の意味

「ラインナップ」の意味は、3つあります。一つ目は、メディアの商品宣伝などでもよく使われる「商品などの品ぞろえ」と言う意味、二つ目は、「番組の内容やプログラム」と言う意味、そして三つ目は、「顔ぶれ」と言う意味です。

大まかな意味としては「何かの共通点を持ち、それらによってカテゴライズされたものが並んでいる状態」の事を言います。英訳では「整列する」や「並ぶ」と言うような意味を持っています。

「ラインナップ」の由来

「ラインナップ」という言葉は、英語の「line up」から来ています。発音がそのまま日本語となり、現在のような形で定着しました。今まであまり深く考えずに使っていた方も多いでしょう。

しかし、英語では使い方次第で我々の考えている意味とは異なる場合もあるので、外国人の前で使用するには注意が必要です。英語で使用するときには、その言葉が名詞や動詞などのどんな役割で使用されているかを確認する必要があります。

「ラインナップ」の使い方

ここでは、「ラインナップ」がどのように使用されているのか、例文を用いて紹介していきます。普段よく聞くラインナップですが、具体的にはどのように使用されているのでしょうか。

ラインナップが持つ3つの意味を意識して例文を紹介、解説していきます。例文を参考に、日常でもぜひ活用してください。

「出場選手の陣容」の意味のラインナップの用例

「出場選手の陣容」の意味でラインナップを使用する時は、スポーツの場面が多いでしょう。実際にスポーツをやっている立場でも、観ている立場でも、よく耳にする言葉です。使い方としては、「都大会に出場する選手のラインナップが決定した」のように使用します。

ここからは、この意味で使われている例文をさらにご紹介していきます。繰り返し確認することで、どのように使うかの感覚を掴んでいきましょう。

1「サッカーW杯日本代表のラインナップ」

「サッカーW杯日本代表のラインナップ」とは、サッカーが始まる前に紹介される人員の配置を意味しています。テレビなどでよく見る光景と言えるでしょう。

例文
「今回のサッカーW杯日本代表のラインナップは、過去最高です」
「サッカーW杯日本代表のラインナップから戦略を学びましょう」
「これぞサッカーW杯日本代表のラインナップと言えます」

2「スターティングラインナップ」

「スターティングラインナップ」とは、先発で出場する選手という意味になります。これは、サッカー以外でも、団体競技のスポーツであれば使用されることがある言葉です。

例文
「スターティングラインナップがよくないので、今回の試合は負ける可能性があります」
「交代に限りがあるので、スターティングラインナップは極めて重要です」
「明日の〇〇戦はこのスターティングラインナップでいきましょう」

「作品の顔ぶれ」の意味のラインナップの用例

「作品の顔ぶれ」の意味でのラインナップの使用例としては、映画や、テレビの番組に対して使うことが多いでしょう。例として「この時間帯はサスペンスドラマがよくラインナップしている」のように使うことができます。

ラインナップは名詞としても、稀に動詞としても使用できる事を覚えておきましょう。ですが、カタカナ語として使用する場合には、ほとんどが名詞としての使い方になります。

3「正月映画のラインアップ」

次のページ:「ラインナップ」の類語・言い換え表現

初回公開日:2017年12月07日

記載されている内容は2017年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests