Search

検索したいワードを入力してください

「エモーショナル」の意味と使い方・例文6つ|「エモい」とは

更新日:2020年05月22日

よく「エモい」という言葉を耳にしますが、その意味を考えたことがありますか。「エモーショナル」という言葉は現在多様化しており、流行も相まってさまざまな所で使用されています。本当の意味は何なのか、エモーショナルの世界についてご紹介します。

「エモーショナル」とは

音楽を聴いたり映画を観た感想として「エモーショナル」という言葉を使うことがあります。カタカナで、いかにも外国語という聞き心地がありますが、最近では外来語として日本語に定着しつつある言葉です。

近年この言葉の使用頻度や使用人口が増えており、耳にすることが多くなりました。

このような新しい言葉を自由自在に使いこなすために、「エモーショナル」の意味や語源を解説します。

「エモーショナル」の意味

「エモーショナル」とは、英語の「emotional」に由来する言葉です。英英辞書を引くと、「人の感情に作用する」「感動するほど素晴らしい」「(人の性格として)感動しやすい」という意味を表す形容詞として載っています。

日本語での「エモーショナル」は前者2つの意味を引き継ぎ、物に対して使われます。感動のなかでも燃え上がるような激情ではなく「情緒を持った素晴らしさ」を指します。

「エモい」とは

近年、若者達を中心に「エモい」という言葉を使う人が増えています。「エモい」は「グロい」や「ナウい」のように、外国語の短縮形を「暑い」「大きい」などの日本語の形容詞風にアレンジした言葉です。

「グロい」はフランス語の「grotesque (奇妙で不気味な雰囲気のある芸術様式)」、「ナウい」は英語の「now (今)」の変化形です。そして、「エモい」はこの記事の主役である「エモーショナル」から派生した言葉です。

「エモーショナル」の使い方

「エモーショナル」という言葉は、音楽や芸術の作品紹介としてよく使用されています。「芸術は爆発だ」という言葉もあるように、芸術作品には心に訴えかけてくるようなエッセンスが必要です。

音楽やアートなどの表現に対して使う

音楽やアートと言ってもその表現はさまざまです。日本語の「エモーショナル」は、単に「感動的な」という意味より一歩踏み込み、奥からじわじわと沸き上がるような特定の気持ちの揺れを指します。

何を「エモーショナル」だと感じるかは人それぞれですが、ここでは「エモーショナル」を用いた例文として、3つの作品を紹介します。

例文1

イングランド出身のシンガーJames Bluntの代表作「You're beautiful」は、街中でパートナーの男性と一緒にいる女性に一目惚れをし、同時にどうしても叶わない恋だと悟った主人公の密かな失恋の歌です。

しっとりとした曲調で、孤独に何度も「You're beautiful.」と叫ぶサビにも非常に切ない感情がこもっています。この曲のように、「エモーショナル」は「切ない」という感情と相性がいい言葉です。

例文2

映画「ブレードランナー」は、フィリップ・K・ディックによるSF小説の金字塔「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とする作品です。

本作は、感情を持っている「ように振る舞う」アンドロイドと人間の間にある微妙な違和感を1つのテーマにしています。弱った生き物を痛ましく感じるような、いわゆる「人間くさい」情緒が「エモーショナル」であり、人間を人間足らしめるのだということが描かれています。

例文3

RADWIMPSの野田洋次郎がシンガーのAimerに提供した「蝶々結び」は、お互いへの思い遣りのバランスで成り立つ恋の不安定さを唄った曲です。

歌詞の内容もさることながら、ハスキーで落ち着きつつも静かに燃えるようなAimerの熱唱が心に響きます。感情を全面に押し出すのではなく、含みのあるニュアンスが「エモーショナル」です。

次のページ:「エモーショナル」の類義語

初回公開日:2017年12月10日

記載されている内容は2017年12月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests