Search

検索したいワードを入力してください

「バル」の意味・「バー」「ビストロ」との違い・おすすめバル5選

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2020年05月31日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「バル」の意味とは?本場の「バル」ってどんなところ?「バル」で何ができるの?「バル」の意味はなにから由来されているの?「バル」と「ビストロ」の意味の違いは?本場の国ではどんな使い分けがされているの?「肉バル」とはどんな意味?にお答えします。

「バル」とは

「バル」の意味・「バー」「ビストロ」との違い・おすすめバル5選
※画像はイメージです

最近、至るところで「バル」と呼ばれるお洒落な飲食店を見かけるようになりました。ところで「バル」とは一体どういう意味なのでしょうか。

日本において「バル」とは、「スペイン式居酒屋」を意味しています。「バル」とは、スペイン語で「bar」と書きます。イタリア語では「バール」と発音します。両者はほぼ同じ意味ですが、あえてスペインの読み方を使って「スペイン式」を表しています。メニューもスペイン料理が中心です。

「バル」の意味

「バル」の意味・「バー」「ビストロ」との違い・おすすめバル5選
※画像はイメージです

「バル」とは、スペイン語圏や南ヨーロッパで見かけられる商業形態のひとつで、喫茶店、居酒屋、食堂やコンビニが混然一体となった飲食店のことを意味しています。

「バル」が提供するものは、食事や喫茶、ビールやワインのような飲物だけではなく、ガムやあめなどのちょっとしたお菓子も取り扱っています。「バル」は、スペイン人の生活の一部となっていると言っても過言ではありません。

「バル」はお酒だけじゃない

日本の「バル」は「スペイン式の居酒屋」として営業しているところが多いので、おもにお酒とおつまみを中心に取り扱っていますが、本場スペインの「バル」で楽しめるのはお酒だけではありません。

朝はコーヒーやパン、昼はランチ、午後はティータイムに、夜の帳がおりると、お酒やおいしいお料理に乾杯―と人々がどんな時でも気軽に立ち寄って、空いた時間を楽しむスペイン人にとってかけがえのない憩いの場です。

「バル」の種類

日本の「バル」はスペインとは異なり、ひとつの店でさまざまな役割を持つことはあまりありません。日本ではどこを特化するかによって、次のような色々な種類の「バル」ができました。

・リストランテバル
・カフェバル
・ジェラテリアバル
・カウンターだけの小さなバル
・近代的な内装のモダンなバル など

今回は、リストランテバル、カフェバル、ジェラテリアバルに的を絞って、意味や特色を詳しくみていきましょう。

リストランテバル

「リストランテバル」は、食事を楽しむことをメインとした「バル」を意味しています。

「リストランテ」は、イタリア語で「レストラン」を意味します。そして、イタリアでの「リストランテ」は、一般のレストランではなく、コースが提供されるような高級レストランを指します。

食事を楽しむための「リストランテ」に「バル」に添えることで、おもに食事を楽しむバルであるという意味を持たせています。

カフェバル

「カフェバル」とは、喫茶つまりコーヒーやデザートをメインに楽しめる「バル」を意味しています。

スペイン語でも喫茶店のことを「カフェ」と言い、「café」と書きます。ですから、「カフェバル」では、普段カフェで楽しめるようなスイーツやコーヒーを楽しむことができます。夜には、おつまみになるような小皿料理やお酒を提供するお店が多いですが、カフェメニューが充実しているのが特徴です。

ジェラテリアバル

「ジェラテリアバル」とは、ジェラートメニューが充実している「バル」を意味しています。

「ジェラテリア」はイタリア語で、ジェラート専門店のことを指します。ですから、「ジェラテリアバル」とは、その名のとおり、美味しいジェラートが食べられるバルのことを意味します。ジェラートと言えばイタリアが有名なので、イタリア語が使われているのでしょう。

ちなみに、スペイン語でのジェラートは、「エラデリア(Heladería)」と言います。

「バー」との違い

「バー」も「バル」も綴りは全く同じで「bar」と書きます。「バー」は英語で、「バル」はスペイン語です。

そして、違いは読み方だけではありません。どちらもお酒を提供する点では同じ意味ですが、飲み方のスタイルが異なります。

「バー」ではお酒をメインに、簡単なおつまみだけで落ち着いてお酒を楽しみますが、「バル」はおつまみも豊富にそろっており、大勢でわいわい騒ぎながらお酒や食事を楽しむことができます。

「ビストロ」との違い

「ビストロ」とは、フランス語で「小さな料理店」という意味です。レストランよりも大衆的で、気取らずにお酒とお料理が楽しめます。

「ビストロ」と「バル」はフランスとスペインの違いはありますが、大衆的に愛されているという共通点があります。

大きな違いは、「ビストロ」では、ゆっくりと時間をかけてお酒やお料理を楽しみますが、「バル」では長居せず、どんどん店を変えていくことが多いという点です。

料理好きなあなたにおすすめのアイテムはこちら

「人気店が教える 小さなバルの絶品レシピ」には、手軽に手に入る材料でサッと作れる「バル」料理のレシピが満載です。盛り付け方法も非常に参考になります。

スペインバルの絶品お料理を、ぜひ自宅でも食べてみませんか。お料理好きなあなたなら、作ってみたくてうずうずしていることでしょう。

著者が切り盛りするお店に行ってみるのも楽しいです。さまざまな方法でスペインバルの味と雰囲気を楽しんでください。

バルの人気料理

Latests