Search

検索したいワードを入力してください

ピンキリの意味と由来|ピンキリの7つの使い方・類義語4つ

初回公開日:2017年12月25日

更新日:2020年07月19日

記載されている内容は2017年12月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

同じカテゴリーの中に優れたものと劣ったものが混在している場合などに使用する言葉の1つが「ピンキリ」という言葉です。「ピンキリ」という言葉を何気なく使用していても本来の意味を知らない方も多い傾向にあります。今回は「ピンキリ」という言葉についてご紹介いたします。

「ピンキリ」とは

物の値段について説明したり、物のランクや程度について表現したりする際、「ピンキリ」という言葉を使用することがあります。

「ピンキリ」という言葉は、普段の会話でも耳にする機会も多く、実際に使っているという方も少なくないでしょう。しかし、「ピンキリ」の意味や使い方についてよくわからないという方も実際は多い傾向にあります。

今回は「ピンキリ」の言葉の意味や由来などについてくわしくご紹介いたします。

「ピンキリ」の意味

ピンキリの意味と由来|ピンキリの7つの使い方・類義語4つ
※画像はイメージです

「ピンキリ」という言葉は、日本語では「俗語」に分類されます。「ピンキリ」とは「○○から○○までさまざま」という意味で、さまざまな物の程度や範囲を表現することができます。

「ピンキリ」とは、最高のものから最低のものまでさまざまなものが対象の範囲内に存在していることを表現する言葉で、最低と最高のものが混ざっていることを言い表す際に使用します。

「ピン」の意味

「ピンキリ」の「ピン」とは、サイコロやカルタに関係する言葉で「1番目」を意味する言葉だと言われています。

一般的に1番目は最初や始まりを意味する数字です。そのため、現代社会では「ピン」は「1番上」「最上級」といった意味で解釈されることが多くなっています。

上記のような背景から、「ピンキリ」の「ピン」は「上から下まで」という意味のうち「上」を意味し、良い方や質が高い方を意味する言葉となります。

「キリ」の意味

「ピンキリ」の「キリ」は、カルタの12番目が由来となっている言葉です。そのため、数字の「1」や始まりを意味する「ピン」に対して、「キリ」は数字の「12」や終わりといった意味を持つ言葉だとされています。

「ピンキリ」の「ピン」は上を意味するニュアンスがある一方で、反対の意味を持つ「キリ」は下を意味していると言われています。つまり、「ピンキリ」の「キリ」は質やランクが下であることを意味します。

「ピンキリ」の由来

「ピンキリ」という言葉は使用するけど、何が語源なのかを知る人は少ない傾向にあります。「ピンキリ」の由来は、「ピンからキリまで」という言い回しを省略したものだといわれています。

「ピン」や「キリ」の由来は、「ピン」はサイコロやカルタにおける「一」を意味し、「キリ」はカルタの12枚目である「最終」を意味するという説が有力とされています。

つまり「ピンキリ」とは1から12までという意味になります。

「ピンキリ」の使い方

ピンキリの意味と由来|ピンキリの7つの使い方・類義語4つ
※画像はイメージです

「ピンキリ」という言葉には、悪いものから良いものまでさまざまなものが含まれていることを表現する意味があります。つまり、様々なカテゴリーの中の良質なものから悪質なもの、最高なものから最低のものまで、さまざまなランクやレベルのものが混ざっている状態を表現します。

次に実際のカテゴリーに分けて「ピンキリ」の使い方を見ていきましょう。

1:価格はピンキリ

「ピンキリ」という言葉は、お金に関する「金額」や「価格」などを表現する際にも使われる言葉となります。

お金について「ピンキリ」という言葉を使う場合は「最高金額から最低金額まで」といった意味やにニュアンスで使用されるケースが多いと考えられます。

たとえば、「この宝石はどれも品質がいいが、価格はピンキリだ」のように使用することができます。

2:職種はピンキリ

職種の場合は、能力や給料の違いを表現する場合に使用します。

現在はさまざまな仕事の種類があり、職種によっても勤務時間や給料などが異なります。このような職種についても「ピンキリ」という言葉を使用して表現することができます。

たとえば、「弁護士のという職業もピンキリだ」と表現する場合は、弁護士と呼ばれる方でも能力の差は人によってそれぞれで、能力の差があるからこそ給料や待遇も異なることを意味します。

3:価値はピンキリ

価値について表現する場合は、そのモノの価格や品質などの違いを意味します。

たとえば、「スリランカ産の宝石はどれも品質が高いと言われているが、価値はピンキリだ」のように使用します。

宝石の原産国とはいえど、原石から宝石に加工する技術や宝石のデザイン、形やサイズなど、人によって価値が異なる際などに使用します。同じサイズの宝石でも数千円から数百万円までそれぞれという意味です。

4:レベルはピンキリ

レベルに対して「ピンキリ」を使用する場合は、能力などの差について意味することが多い傾向にあります。

たとえば、「日本で有名な東京大学を卒業した人でも、学力のレベルはピンキリだ」のように使用します。

学力の高い人しかいないとされている有名大学ですが、その学生の中でも後々世界的に有名な賞を受賞をする人もいれば、フリーターの人まで学力レベルもそれぞれという意味となります。

Latests