Search

検索したいワードを入力してください

「フェミニン」の意味と使い方6選|ガーリー・セクシーとの違い

更新日:2020年08月20日

「フェミニン」という言葉が持つ意味と使い方をご紹介しています。フェミニンてよく聞くけど意味がイマイチ…という方も多いのではないでしょうか。フェミニンの由来と本来の意味、ファッションやヘアスタイルでの使われ方、男性へ向けて使われた時の意味など幅広くお話します。

レースは男性には着ることのできない、女性らしさを象徴するような素材で、レース使いが上手にできれば、フェミニンさはぐんとアップします。

レース素材の服をフェミニンに着たい場合の注意点は、ピンクなどの甘い色の場合は、服のシルエットが大人っぽいものをチョイスするとバランスよく上品に見えます。

より、フェミニンさを出したい場合は紺や黒などのダークな色にすることで大人の女性らしさを演出することができます。

リボン

フェミニンな雰囲気を演出する上で控えめに使うと効果的なのがリボンです。フェミニンさを出すにはリボンを主役にせず、脇役にするのがいいでしょう。

例えばボトムのワンポイントとして使用してみるなど、ちょっとしたアクセント使いが上手にできれば素敵です。

髪に色付きのリボンをつけると子供っぽくなってしまいますので、その場合は黒や紺などの小さめのものにしましょう。

2:靴編

オシャレは足元からと言われますが、フェミニンさを出すのに靴は重要なアイテムです。せっかく服装でフェミニンな女性らしさを出せているなら足元まで気を使いましょう。

ここではフェミニンな雰囲気に合う靴をご紹介します。

サンダル/ミュール

サンダルやミュールはある程度ヒールがある方がフェミニンさを演出できます。ペタンコのサンダルの場合、より女性らしいデザインを選ぶようにしましょう。

華奢なデザインの方がより大人の女性らしくフェミニンに見えますのでです。サンダルやミュールの場合踵が出てしまいますので、きちんと手入れをしておきましょう。

ヒール

ハイヒールを履いているだけでフェミニンさに磨きがかかります。ヒールのある靴は大人の女性をイメージするからです。

ヒールの高さは7センチ位の方が、脚が綺麗に見えるため理想ですが、履き慣れていない人は5センチから練習をしてみてください。

ハイヒールをはくばあい、背筋を伸ばして膝を曲げずに歩く練習をすると、歩く姿がより美しく見えます。

ブーツ

冬場に活躍するブーツは、少しヒールがある方がフェミニンに見えます。ペタンコでゴツゴツしたブーツは子供っぽく見えるため、避けるようにしましょう。

ブーツというアイテム自体は男性も履くことができるため、男性では絶対に履けないような女性らしいブーツを選ぶことがフェミニンに見えるコツです。

3:髪型編

トータルでフェミニンな女性と見られるにはヘアスタイルも気をつける必要があります。ヘアスタイルを変えるだけで雰囲気は大きく変わります。

女性らしいという意味のフェミニンですから、ここでは女性らしく上品に見える髪型をご紹介していきます。

ショート

ショートヘアでフェミニンさを出すには、風を含んだような柔らかさを演出できると女性らしさがアップします。

軽くパーマをかけるか、あるいはアイロンなど使って簡単に巻いてみると良いでしょう。柔らかそうな髪質に見せるのがコツです。

フェミニンにしたいなら、間違えても刈り上げショートなどにしないようにしてください。

次のページ:4:メイク編

初回公開日:2018年01月22日

記載されている内容は2018年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests