Search

検索したいワードを入力してください

「バガボンド」の意味と使い方・語源は何語か・用例や同義語

更新日:2022年05月25日

「バガボンド」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?では、その意味は?語源は?使い方は?そういった疑問をまとめて解決する、「バガボンド」の秘密に迫る記事がこちらになります。是非ご一読の上、明日から「バガボンド」を正しく使えるようになりましょう。

「バガボンド」の意味と使い方

皆さんは、「バガボンド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。週刊雑誌の漫画のタイトルにもなったことがきっかけで、数多くの日本人の目に入るようになった言葉です。この単語が一体どんな意味を持つのか、気になっている方も多いでしょう。この記事では「バガボンド」の意味をはじめ、使い方・語源・例文や類語などについて幅広く纏めていきます。

「バガボンド」の意味

まず初めに、「バガボンド」という言葉の意味についてです。

バガボンド(英表記:vagabond)とは、英語の可算名詞で「放浪者/無宿人/ごろつき」を意味するほか、形容詞で「放浪する/放浪の/さすらいの」といった意味も表します。欧米などの海外で見かける、一定の居所や定職のない浮浪者や無宿者をイメージすると分かりやすいでしょう。日本で言うところのホームレスなどに比較的近い意味合いです。

また少し昔の日本映画に「男はつらいよ フーテンの寅」という作品がありましたが、タイトルにもなっているこの寅さんの人物像も「バガボンド」を体現していると言えます。あてもなく気まぐれに流離う、風来坊とも言い換えられるでしょう。

意味の分類

「バガボンド」の意味は大きく分けて下記のいずれかに分類されます。

・食料あるいは雇用などを求めて目的地・目的なしに、動きまわること
・ある一つの居所や職から、別のものへ継続的に変わること
・場所あるいは地域社会・共同体への繋がりなしで、目的なくに歩き回る様子
・特定の住居地も、目に見える財産などもなく放浪すること

「バガボンド」の使い方(英語での用例・例文)

さて、「バガボンド」の意味が分かったところで、次は使い方についてです。参考までに、英語による用例や例文を紹介します。まずは用例からご覧下さい。

用例

英語用例1:vagabond life「(意味)放浪生活」
英語用例2:vagabond outcast「(意味)路上生活者」
英語用例3:vagabond tribe「(意味)遊牧種族/遊牧民族」
英語用例4:Indian Vagabond Butterflyfish「(意味)インディアンバガボンドバタフライフィッシュ」※チョウチョウウオ科の魚

先程紹介した「放浪者/無宿人/ごろつき」などという言葉だけでは、「バガボンド」という単語に対しマイナスのイメージ・意味合いが含まれがちですが、必ずしもそうではないことがこれらの用例から読み取れます。上記の「遊牧種族」はその好例です。

続いて「バガボンド」を使用した英語の例文を紹介します。

例文

英語例文:Gandhi was a famous vagabond who wandered from place to place.

これは「バガボンド」を名詞として使用している例文で、日本語訳すると「ガンジーはあちらこちらを渡り歩いた、有名な放浪人です」という意味合いになります。

次のページ:「バガボンド」の語源、本来の意味とは?

初回公開日:2018年01月23日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests