Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月30日

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

「プリクエル」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。少し耳慣れない言葉かもしれませんが、映画好きな方なら聞いたことがあるかもしれません。「プリクエル」とはどんな意味なのか、どのような使い方をするのか、詳しく見ていきたいと思います。

「プリクエル」の意味と使い方は?

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

「プリクエル」という単語について、意味をすらすらと答えられる人はそう多くはいないでしょう。なんとなく使っていて、どんな意味なのかよくわからず、曖昧に使っている方もいることでしょう。では、プリクエルとは実際にはどんな意味なのでしょうか。

プリクエルの意味を辞書で調べると?

プリクエルとは、「前日譚, 前日談, 前篇, 前編」といった意味になります。ですので、作品がひとつのみで後編がない場合は、プリクエルとは呼べません。続編として発表された場合も、作品の時系列が前の場合にだけ、プリクエルという使い方ができます。

prequel
1 (文学・映画作品などの)前編.
2 (ある作品の時間的には前の出来事を扱う)続編.

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/prequel/ |

「プリクエル」の語源とは?

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

では、プリクエルの語源は何なのでしょうか。辞書によると、「前、以前」という意味の「pre」と「sequel」という単語が合わさってできた単語です。「sequel」は、「シークエル」と読みます。こちらも、あまり聞かない単語ですので、意味をパッと答えられる方は少ないでしょう。それでは「シークエル」とはどんな意味なのでしょうか。

PRE-+(SE)QUEL

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/prequel/ |

「プリクエル」の意味の反対語とは?

「シークエル」の意味を辞書で調べてみると、「続編、後日談」という意味です。つまり、「プリクエル」と「シークエル」は全編と後編、反対の意味をもつ言葉となります。

sequel
1(文学作品などの)続編((to ...))
2 後続の事件[状況],後日談.
3 (…の)結果,帰結((of ...))

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/sequel/#ej-75816 |

映画では「プリクエル」はどんな意味をもつ?

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

「プリクエル」は、その意味から映画などでよく使われています。もちろん前日譚という意味ですから、最初からプリクエルと呼ばれるわけではありません。ある作品が発表され、人気なので前日譚を続編として制作した、というパターンが多いです。昔の人気作を単にリメイクするのではなく、新たなエピソードを付け加えてプリクエルとして発表するというパターンもあります。

プリクエルの映画は色々制作されていますが、中でも有名なのはスター・ウォーズシリーズでしょう。

スター・ウォーズのプリクエルシリーズとは?

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

スター・ウォーズシリーズは、説明するまでもなく、全世界に根強いファンが多いスペースオペラ大作です。もちろん日本にもファンは多く、新作が上映される時は映画館にコスプレをしたファンが集まったりと、ちょっとしたお祭りのようになります。2017年12月には、最新作である「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が上映されました。熱心なファンでなくとも、一度はシリーズのどれかを観たことがある人は多いでしょう。

スター・ウォーズシリーズは、作品が発表された順番と、作品内の時系列が違います。ファンにとっては当然の知識ですが、最新作を観て他のシリーズも観てみたい、となった方は、時系列を知ることにより、より作品を楽しめることでしょう。

スター・ウォーズシリーズは、プリクエル・トリロジー、オリジナル・トリロジー、シークエル・トリロジーの3つに分けられ、それぞれ3作品ずつあります。

プリクエル・トリロジー

公開エピソードタイトル
1999年エピソード1ファントム・メナス
2002年エピソード2クローンの攻撃
2005年エピソード3シスの復讐

スター・ウォーズシリーズにおけるプリクエル・トリロジーとは、上の3作品を指します。エピソードは1、2、3ですが、公開された順番としては、4、5、6番目となります。

実はスター・ウォーズは最初からシリーズとして構想されていましたが、商業的に成功を収めなければ続編自体制作ができないため、一番受けがよさそうな4作目から制作したという話があります。また映像技術的にも難しかったためということです。

オリジナル・トリロジー

公開エピソードタイトル
1977年エピソード4新たなる希望
1980年エピソード5帝国の逆襲
1983年エピソード6ジェダイの帰還

スター・ウォーズシリーズにおけるオリジナル・トリロジーとは、上の3作品を指します。エピソードは4、5、6ですが、公開された順番としては、1、2、3番目となります。

私たちの親世代だと、この3作品がスター・ウォーズというイメージでしょう。まだちゃんとスター・ウォーズを観たことがないという方は、こちらのオリジナル・トリロジーから観ることをオススメします。

シークエル・トリロジー

公開エピソードタイトル
2015年エピソード7フォースの覚醒
2017年エピソード8最後のジェダイ

そして上記6作品に続くシークエル(続編)として、「フォースの覚醒」と「最後のジェダイ」が制作されました。3作目のエピソード9は2019年に公開予定で、タイトルは発表されていません。ここにきて、ようやく制作順とエピソード順が同じになりました。

エピソード9でシークエル・トリロジーは完結しますが、この後も新たな三部作を制作予定ということですので、ファンはまだまだスター・ウォーズの世界を楽しむことができそうです。

他の主なプリクエル映画

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

スター・ウォーズシリーズ以外にも、プリクエル映画はたくさん制作されています。どんなものがあるのか、少しだけご紹介します。

まずは、ファンタジー映画の大作、「ロード・オブ・ザ・リング」。3部作が制作されており、この過去話、つまりプリクエルにあたるのが、「ホビット」です。こちらも3部作が制作されています。1991年に公開され、大ヒットしたホラー映画「羊たちの沈黙」のプリクエルが、「ハンニバル・ライジング」です。猟奇的殺人犯であるハンニバル博士の過去が描かれています。

他にも、名作と呼ばれる作品にはプリクエルが存在する場合が多いので、気に入った作品があれば調べてみるとよいでしょう。

類義語や関連語句は?その意味は?

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

「プリクエル」と「シークエル」の他にも、物語にはさまざまな意味をもつ言葉がつけられていることがあります。他にはどんな言葉があるのか、それらはどんな意味で使われるのか、代表的なものを見ていきましょう。

サイドストーリー

サイドストーリーとは和製英語です。「外伝」という意味ですが、堅苦しさを避けるために英語表記で使われています。本編では描ききれなかった視点での補足という意味で使われています。似た単語としてアナザーストーリーがありますが、こちらはアナザーという単語の意味のせいか、本編とは違う結末を迎える場合もあります。

スピンオフ

スピンオフとは、既存の作品から派生した作品を意味します。ある作品の脇役にスポットを当てた作品というイメージが強いでしょう。設定や時系列は本編と同じです。

大人気シリーズ「踊る大捜査線」では、「交渉人 真下正義」をはじめとするスピンオフ作品が数多く制作されました。同じく刑事ドラマの人気シリーズである「相棒」のスピンオフとして、映画「鑑識・米沢守の事件簿」が公開されました。

リブート

リブートとは「再起動」という意味です。新たに一から作り直す、という意味で使われます。一見リメイクと同じように思えますが。リメイクは元の作品の設定などをほぼそのまま使い、展開や結末などは元作品と同じになります。現在の映像技術で新たに作り直す、という意味の場合もあります。リブートの場合は元の設定などにとらわれず、独自のストーリーを構築します。似たような単語にリ・イマジネーションがあります。

「プリクエル」は作品の秘密を知ることができる

「プリクエル」の意味と使い方・語源・反対語|映画/シリーズ

映画やドラマ、アニメなどにおける「プリクエル」は、作品内では語られなかった秘密や設定、キャラクターの心情などを知ることができます。ファンのもっとこの作品を観たい、知りたいという気持ちに答えてくれる、ファンサービスとも言えるでしょう。

また、最初から企画を立ち上げるより、すでに固定ファンがいて一定の集客が見込めるプリクエルシリーズの制作は、制作側にとっても嬉しいものと言えそうです。

しかし、プリクエル映画のすべてがファンにとって嬉しいものではないこともあります。追加されたエピソードが自分のイメージと違っていたり、きれいにまとまって終わったはずのストーリーに蛇足で付け足されたりする場合もあります。

ですが、自分が観て面白いかどうかは、観てみなければわかりません。自分の好きな物語のプリクエルがあれば、ぜひ観てみることをオススメします。

Latests