Search

検索したいワードを入力してください

「マエストロ」の意味と使い方・語源|サッカー/音楽/指揮者

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「マエストロ」という言葉から何をイメージすることができますか。正確な意味を理解すると、この表現が本当に実用的な言葉であることがわかります。今まで「マエストロ」という表現を使うことのなかった人も、この記事から具体的な使い方と意味を調べましょう。

「マエストロ」の意味と使い方とは?

「マエストロ」という言葉を聞いたことがありますか。おそらく、ほとんどの人はこの言葉を聞いたことすらないはずです。それに「マエストロ」という言葉の意味を知っている人は日本の中でもごくわずかです。

なぜなら、普段の生活の会話の中で「マエストロ」を使って話している人はあまりいませんし、知名度もそれほど高くないからです。

しかし「マエストロ」というフレーズの意味について正確に理解することができれば、誰でもこの表現を使うことができるようになるはずです。それに、自分の言葉の表現を広げることに成功することができます。

「マエストロ」という言葉の意味と使い方について詳しくご紹介します。

「マエストロ」の意味は「師匠」

「マエストロ」という言葉にどのような意味があるのでしょうか。「マエストロ」には日本語で言うと「巨匠」という意味があります。もしくは、簡単に言うと「名人」「職人」という意味に訳すこともできます。

とにかく「マエストロ」という言葉の翻訳された言葉についてイメージすると「何かを教えている人」を連想することができるのではないでしょうか。

そのような考え方をしっかり持つと「マエストロ」という表現を使おうとしたときに例文が作りやすくなることでしょう。では「マエストロ」というフレーズを使った具体的な例文をこれから紹介します。

「これはマエストロの技だ」

どんな仕事をしていたとしても、仕事に熟練している人はいます。特に、工場や製造の仕事に関わっている人の熟練した働きぶりには驚嘆させられます。日本語では、そのようにな熟練した職員のことを、どのような言葉で表現するでしょうか。

基本的には「職人」という言葉の意味に熟練した職人という意味も含まれていると言えます。そのため「これは職人の技だ」という表現を用いることによって、どんな意味を伝えていることになりますか。

「この仕事をした人の技術はすごい」という意味になります。そして「これは職人の技だ」というフレーズを別の言い方で表現すると「これはマエストロの技だ」と言い換えることも可能です。

誰かの仕事ぶりに驚いた時や、褒めてあげたいと感じた時に「この仕事をした人の技術はすごい」という意味の「これはマエストロの技だ」というフレーズを使いましょう。きっと褒められている人も嬉しく感じるはずです。

「マエストロ」だけでも使用可能

実は「マエストロ」という表現を母国語として使われている地域では、この言葉を単体で使うことがあります。どういう意味でしょうか。

例えば、自分の車が故障してしまったとします。当然、車屋さんに車を持って行き修理を依頼しなければなりません。しかし、そんな時に困るのが車屋さんの整備士をどのように呼ぶかです。

もちろん名前を知っていれば、名前で呼ぶほうがよいでしょう。しかし、大体の場合は初めて行った車屋さんの整備士の名前は知らないことが多いです。

そこで活躍してくれるのが「職人」という意味を持つ「マエストロ」です。車屋さんに到着したら「マエストロはどこにいるの」「マエストロ元気ですか」という表現で、車屋さんの整備士に話しかけることができます。

日本語だと滑稽な表現に聞こえますが、他の国では普通に使われている表現になります。日本国内では「マエストロ」のこのような使い方をすることはありません。

「マエストロ」の意味の語源とは?

ここまでで、なんとなく「マエストロ」という表現の意味の語源が日本語ではないと言うことにはお気づきになったのではないでしょうか。例文を見ても日本語の響きと比べて、少し受ける印象が違います。

では「マエストロ」という表現の意味の語源はどこにあるのでしょうか。詳しくご紹介します。

語源はイタリア語やスペイン語

「マエストロ」という表現はどんな国で使われているのでしょうか。もちろん、意味を理解している人の間では日本国内でも使われることがあります。

しかし、日常生活に意味が浸透していて、たくさん使われているのは、イタリア語を話す地域やスペイン語を話す地域になります。

そのため「マエストロ」という言葉が実際に使われている国で、この言葉がどのように使われているかを知れば「マエストロ」をもっと上手に使えるようになります。

スペイン語での「マエストロ」の具体的な意味

例えば、スペイン語を例にとって考えてみましょう。確かに毎日の生活で「マエストロ」というフレーズが使われているのを聞くことがあります。単純に「職人」を表現する言葉として使われています。

スペイン語の会話をしている時でも「あそこの工場のマエストロ知ってる」という話になる時もあります。職人がどんな人なのか具体的にはわからなくても「マエストロ」という表現で代用することができるということです。

非常に便利な意味を兼ね備えたのが「マエストロ」というフレーズです。

サッカーでの「マエストロ」の意味と使い方

「マエストロ」という言葉が使われているのは日常会話だけではありません。サッカーの分野でも「マエストロ」という言葉が使われていることがあります。

では、サッカーでの「マエストロ」の意味と使い方について調べてみましょう。今まで知らなかった知識を増し加えることができるはずです。

「マエストロ」は「名人のような選手」を表現


サッカー選手はそれぞれのプレースタイルがあります。そのため、サッカーの試合を見てみると解説者が色んな表現で、その選手のプレースタイルを説明していることに気づかされます。

「マエストロ」という言葉にも「名人」という意味があります。そのため、その意味を上手に使ってサッカー選手に当てはめる解説者もいます。

元イタリア代表「ピルロ」も「マエストロ」

「マエストロ」という言葉で、どのようなサッカー選手を表現することができますか。表現することのできる選手の一人は、元イタリア代表の「ピルロ」です。イタリアでも日本でもピルロのことを「マエストロ」というフレーズで表現している人がたくさんいます。

ピルロのプレースタイルは司令塔でした。ゲームを作りゴールのきっかけになるパスやスルーパスなどを供給することができる選手でした。つまり、他の表現でピルロのプレースタイルについて言い表そうとすると「試合を作るマエストロ」となります。

「マエストロ」という言葉の意味をプレースタイルに表現することのできた選手の一人が「ピルロ」です。

音楽用語での「マエストロ」の意味と使い方とは?

Latests