Search

検索したいワードを入力してください

「タフ」の意味と使い方・由来・用例|タフな性格/タフガイ

更新日:2020年08月20日

「タフ」とはどんな人を意味する言葉なのでしょうか?また、どのように使えば良いのでしょうか?このぺージでは、「タフ」の意味・使い方や語源、同義語・反対語や例文などをご紹介しています。「タフ」の意味や使い方に自信がない方は、ぜひ目を通してみて下さい。

知っておきたい!「タフ」の意味・使い方

人の特徴や個性を表現する言葉は、多数存在しています。中には、語源が日本語ではない言葉もあります。そのような言葉は、普段何気なく使っているものの、実は詳しい意味や使い方がわからないというケースも、少なくないでしょう。

今回は、人の特徴や個性を表現する、日本語以外が語源となっている言葉の中から、「タフ」という言葉をテーマにピックアップして、基本的な意味や使い方、語源や類語・対義語などを考察・ご紹介していきます。「タフ」という言葉の意味や使い方がよくわからないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「タフ」の意味・使い方

まずは、「タフ」という言葉は、どのような言葉なのか、基本的な意味や使い方について確認していきましょう。また、「タフ」という言葉の漢字表記についても考察していきます。

「タフ」という言葉は、比較的身近な言葉の1つと言えますが、だからこそ意味や使い方と深く向き合わずに、「何となく」という感覚で理解したことにして、使用しているという方もいらっしゃると予想できます。この機会にぜひ、「タフ」という言葉の意味や使い方を、見直してみて下さい。

「タフ」の意味

早速、「タフ」という言葉に含まれている意味について、考察していきます。「タフ」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。

以下の解説から、「タフ」とは人の身体や性格の特徴を表現する言葉の1つであることが読み取れます。特に、頑丈であったり丈夫であったりする様子や特徴を表現していると言えそうです。

そのため、「タフ」という言葉は、身体や精神が頑丈であったり、強靭であったりする様子を表現する際に使用される言葉だと予想することができます。

頑丈なさま。強い体力と不屈な精神力を備えているさま。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/138315/meaning/m0u/ |

「タフ」の使い方

「タフ」の意味を理解したところで、「タフ」という言葉を文章や会話で使う場合はどのように使えば良いのか、基本的な使い方について考えていきます。

先述でご紹介したとおり、「タフ」という言葉は、身体や精神が頑丈であったり、屈強であったりする様子を表現する言葉となっています。ですから、上記のような特徴に当てはまる人や個性を表現したい場合に、「タフ」という言葉が使用されると考えられます。

具体的には、「タフな性格」「タフガイ」といった言葉や言い回しも挙げられますが、「タフ」という言葉を使用した例文については、後述で詳しくご紹介していきます。

「タフ」の漢字表記

続いて、「タフ」という言葉の表記方法について考えていきます。「タフ」という言葉は、日本ではカタカナで表記されるケースが一般的です。

カタカナ以外の表記で書く場合は、日本では漢字表記などが考えられますが、「タフ」の場合は漢字表記が存在するのかどうか、気になるところです。

結論から言うと、「タフ」という言葉の正式な漢字表記は、存在しないと考えられます。後述でもご紹介しますが、「タフ」という言葉は、日本語由来の言葉ではありません。ですから、漢字ではなくカタカナで表記するのが、一般的かつ正確だと言えるでしょう。

「タフ」の意味の由来

「タフ」がどのような言葉なのか理解したところで、続いては「タフ」の語源について考えていきます。語源を学ぶことで、「タフ」という言葉への理解が深まる可能性があります。

「タフ」という言葉の語源は、日本語ではなく、英語の「tough」だと予想することができます。英単語「tough」の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説されています。以下の引用から、「tough」という言葉には、「かたい」や「こわい」「頑丈な」といった意味が含まれていることが読み取れます。

意味も、日本語の「タフ」という言葉の意味と似ていることから、「タフ」の語源は英単語「tough」だと予想できます。

(切りにくい、またはかみ切れなくて)かたい、こわい、粘りのある、頑丈な、タフな、不屈な、頑固な、しぶとい、骨の折れる

出典: https://ejje.weblio.jp/content/tough |

「タフ」の用例・例文

ここまでは、「タフ」という言葉の意味を中心に、さまざまな角度から考察・ご紹介してきました。続いては、「タフ」という言葉の使い方に注目してご紹介していきます。「タフ」という言葉を実際に使用したい場合、具体的にどのような使い方をすれば良いのか、例文や用例を通して見ていきましょう。また、例文・用例を通して、「タフ」という言葉を使うタイミングなども考えてみて下さい。

「タフ」の例文【1】:タフな性格

まずは、「タフ」という言葉を使用した言い回しの中でも、特にメジャーな言い回しとして使用されているのが、「タフな性格」という言い回しです。「タフな性格」とは、少しのことでは落ち込んだり諦めたりしない、頑丈な性格を意味すると考えられます。ですから、主に内面が強い性格の持ち主に対して使用したり、そのような人の特徴を表現する際に使用したりする言い回しだと言えそうです。

例文としては、以下のような使い方が挙げられます。

・彼はタフな性格で、少しのことでは落ち込まない。
・タフな性格が、自分の長所だと思っている。
・タフな性格なので、多少のことでは諦めないだろう。

「タフ」の例文【2】:タフガイ

「タフ」という言葉を使用した単語の1つとして、「タフガイ」という言葉が挙げられます。「タフガイ」とは、以下の引用のような意味を持つ言葉とされています。以下の引用から、「タフガイ」とは、身体や精神、もしくはその両方が、頑丈であったり屈強であったりする男性を意味する言葉だと読み取ることができます。

そんな「タフガイ」という言葉の使い方については、以下の例文を参考にしてみて下さい。

・彼は、見た目も中身もタフガイという言葉がふさわしい男性だ。
・タフガイな彼は勇敢にも、相手へ闘いを挑んだ。
・タフガイを目指して、毎日筋肉トレーニングをしている。

次のページ:「タフ」の同義語・類語

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests