Search

検索したいワードを入力してください

「基盤」の意味と使い方・由来・基板との違い・類義語・辞書

初回公開日:2018年01月19日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「基盤」と「基礎」という表現に、どのような意味の違いがあるか説明することができますか。もし難しいと感じるのであれば「基盤」という言葉の意味について、もっと深く理解する必要があるでしょう。では、この記事から「基盤」という言葉の意味について理解しましょう。

「基盤」の意味と使い方とは?

何かの説明書を読んでいる時や本を読んでいる時に、よく使われている言葉の1つは「基盤」というフレーズです。しかし「基盤」という表現を、どのように自分の会話の中で使ったら良いのかはあまり知られていません。

自分が実際に「基盤」という言葉を使えるようになるためには何が必要なのでしょうか。まず必要なのは意味を正確に理解することです。正確な意味を知らなければ使うことすらできないからです。

では「基盤」という表現にどのような意味があるのかを紹介します。

基盤の意味

「物事の基礎や基本となる事柄や組織」という意味が「基盤」という言葉には含まれています。「基盤」という言葉を聞いてイメージしていたとおりの意味を理解することができるのではないでしょうか。

どんな物事でも表面的には見えなかったとしても必ず基礎や基本となる事柄や組織が存在しているはずです。そのような表面的には示されないようなことであったとしても、実際には物事を支えている可能性があります。

「基盤」という言葉の意味は単純そうで深いことがよくわかるのではないでしょうか。では、この表現をどのように実際に使うことができるのか紹介します。間違った意味で「基盤」という言葉を使うことがないように、例文を調べることは非常に重要です。

サンゴ礁が基盤となっている島

「基盤」という言葉の意味を正しく反映した例文を作ることができますか。例えば「サンゴ礁が基盤となっている島」という文章を作成することができます。この表現によって、どのような意味を伝えることが可能になるのでしょうか。

「サンゴ礁が基盤となっている島」というフレンズによって「サンゴ礁によってできている島」という意味を伝えることが可能になります。

例えば、観光でいろんな島を巡っているとします。そのような時に、普通ではなかなか巡り会うことのできない島にたどり着くことができます。場合によっては島がサンゴでできている可能性があります。

そのような時に「この島はサンゴ礁が基盤となっている」と言うのであれば、島の基礎となっているのが何なのかを、しっかりと表現することができます。非常に利便性の高いフレーズということができるのではないでしょうか。それに意味も伝わりやすいです。

「経営基盤」の意味

ビジネスのシーンにおいては独特の言葉の使われ方がする場合が少なくありません。そのため、ビジネスのシーンにおいて使われる言葉には、どのような意味があるのかを知っておく必要があります。

特に、これから新入社員として働き始める人にとっては、ある特定の言葉の意味を理解することは基本中の基本ということができるでしょう。

例えば「経営基盤」というフレーズを作成することができます。このフレーズによってどのような意味を伝えることができるのでしょうか。

簡単に言えば「経営する際の仕組みやルールや考え方」という意味を伝えることが可能になります。当然、経営者によっては考え方が違うので「経営基盤」も異なってくることになります。

いずれの場合だとしても、ある特定の会社がどのような考え方で経営しているかを知りたいのであれば「経営基盤」を知る必要があるということができるでしょう。

生活基盤

「基盤」という言葉を使った実用的なフレーズには「生活基盤」という表現があります。「生活基盤」という表現を使うことによって、どのような意味を伝えることが可能になるのでしょうか。

簡単に言うと「生活の基礎的な部分に位置づけられる要素」という意味があることが分かります。人それぞれ生活スタイルが近かったとしても、必ず「生活基盤」はあることになります。

そして「生活基盤」が何を意味するのかを理解することによって、人それぞれのライフスタイルや大切にしているものを認識することが可能になります。生活に密着した言葉なので「生活基盤」という表現の意味を忘れないようにしておきましょう。

「基盤」の意味の由来とは?

「基盤」という言葉は日常的に使われているので、他の人が使っているのを聞いて意味を理解することも可能です。しかし、そのような仕方で意味を理解するには限界があるので、この言葉の意味の由来について知ることも非常に大切です。

では「基盤」という言葉には意味の由来があるのでしょうか。意味の由来があったとしたらどのような意味として元々は使われていたのでしょうか。

実際のところは「基盤」そういう言葉に、どのような意味の由来があるのかはあまり知られていません。そのため、国語辞書や広辞苑などで「基盤」という言葉の意味を探すことが最大限の理解と表現することもできるでしょう。

「基盤」と「基板」の意味と違いとは?

よく言葉の間違いであるのは、意味を勘違いしてあるフレーズを使ってしまうということです。特に、似たような表現なのであれば、それぞれの意味を勘違いして使ってしまう可能性もあります。

では、似ている表現として知られている「基盤」と「基板」という言葉には、どのような意味の違いがあるのでしょうか。発音の仕方が同じなので、この2つのフレーズの意味の違いについて知りたいと感じます。

「基板」は「板」のこと

「基盤」と似ている表現の「基板」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。この言葉を理解するために、1つの場面について考えてみましょう。

あなたが、あるタブレットの修理をしているとします。しかし、そのタブレットの修理をするためには、いくつかの配線や回路をいじらなければなりません。ここで登場するのが「基板」という言葉になります。

タブレットの裏側を開けたことのある人なら既に知っているはずですが、配線やか色が緑色の板に取り付けられていることがあります。そして、緑色のような板のことを「基板」という言葉で表現することができます。

「基盤」という言葉で、組織の基礎となっているものを表現することができますが「基板」では、配線などを取り付けることのできる板のことを意味していることがわかります。

辞書での「基盤」の意味とは?

「基盤」という言葉の意味を理解するために必要なのは、辞書で調べることです。なぜなら、辞書の中には特定の言葉の意味について明確に表現されているからです。では「基盤」という言葉の意味は、辞書の中でどのように説明されているのでしょうか。

「その上にすべてを積み上げて行く土台」「物事の土台」という意味があることを辞書から見つけることができるはずです。

どちらの表現だとしても「基盤」があるからこそ、その後物事が発展していることに気づかされるのではないでしょうか。そのため「基盤」は、どのような分野であったとしても、非常に重要な部分とされています。

実のところ、新しく何かの物事を始めたいのであれば「基盤」をしっかりと作らなければなりません。場合によっては「基盤」にあたる考え方がしっかりしていないために、始めたいと感じている物事を失敗してしまう可能性があるからです。

「基盤」の意味の類義語とは?

「基盤」という言葉を使うことによって深い意味を表現することができますが、同じ会話の中で何度もこの表現を使うことはできません。なぜなら、話を聞いている人によっては違和感を感じてしまう可能性があるからです。

では「基盤」という言葉と同じ意味のある類義語には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。「基盤」の類義語を詳しく紹介します。

基礎

「基礎」という言葉も「基盤」とほとんど同じ意味のある類語の1つになります。では、具体的に「基礎」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。

「基礎」には「土台」もしくは「大元」という意味があるとされています。どちらの表現だとしても、何かの物事を形成する時のはじめの一歩に「基礎」がなることが、わかるのではないでしょうか。

そのため「基盤」も「基礎」もほとんど同じ意味のある単語として使われていることが少なくありません。意味はほとんど同じでも、表現にバリエーションを持たせることができるので、両方ともを使うことができるようになりましょう。

ITでの「基盤」の意味とは?

「IT基盤」という言葉を聞いたことがありますか。あまり親しみのないフレーズだと感じる人も多いですが「IT基盤」という言葉に、どのような意味があるのか知るのは大切なことです。

「IT基盤」とは「システムに不可欠な資材のこと」を意味しています。この説明を選んだとしてもあまり意味を理解することができない可能性があります。

しかし、システムによってはサーバーやネットワークがなければ機能しません。このようなサーバーやネットワークに依存しているシステムにとって「IT基盤とは」サーバーやシステムのことを意味しています。

必要不可欠な資材のことを表現したいのであれば「IT基盤」という言葉を使うようにしましょう。使い慣れれば非常に便利な表現になるはずです。

「基盤」と「基礎」の意味の違いとは?

「基盤」と「基礎」という言葉も似ていますし、実際同じような意味があるとされています。しかし、この2つの表現の間に違いはあるのでしょうか。あるとすれば、どのような意味の違いがあるのでしょうか。

違いは頼りになるかどうか

「基盤」という言葉によって土台になるものを表現できますが、信頼できるものである場合が少なくありません。例えば「今までの経験を基盤としている」という表現を使った場合、経験が土台となっていることだけでなく、それを信頼することができると言えます。

しかし「このビルの基礎」という表現をした場合、基礎となっている部分の材質について表現しているものの、それを信頼することができるかどうかはわかりません。

同じような意味があるとみなされていますが、この2つの表現の意味の違いは頼りになるかどうかであることが理解できます。

使い分けるのは難しく感じられますが、この二つの表現の意味をしっかりと理解していれば少しずつ使い慣れていくはずです。

「基盤」で重要な意味を表現する

どのような物事であったとしても「基盤」は必ずあります。そして「基盤」について理解することによって、ある特定の物事にどのような意味があるのかを知ることができるようになります。

そのため「基盤」という言葉を普段から使っていなかったとしても、実際のところは「基盤」が何を意味するかを考えながら生活している人がほとんどです。むしろ、それを理解することができなければ、上手に生活することは難しくなります。

非常に深い意味を短い言葉で表現することができますので、これからも「基盤」という言葉を上手に使って、重要な意味を表現することができるようになりましょう。

Latests