Search

検索したいワードを入力してください

「古参」の意味と使い方・語源・「新参」との違い・アイドル用語

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

何らかの組織や世界の中で長い間にわたって活躍している人を指して良く使われるのが「古参」という言葉です。今回はその意味や読み方、対義語である「新参」との違いについて触れています。ベテランなどを意味する「古参」について理解したい方はこちらの記事をお読みください。

「古参」の対義語として用いられている言葉が「新参」です。「新参」とは、古参の反対であることからわかるように、「新たに主君や主人に使える人や、新たに集団に加わる人のこと、仲間に入って日の浅いこと」を指す言葉でした。そのような人を表す「新参者」も同じ意味を表します。

ちなみに、前述では「新役」という言葉が対義語として出てきましたが、「新役」は今は使われていません。

ネットの世界での「新参」は中傷する言葉?

新たに仲間に加わった人を表す「新参」ですが、ネット上で使われる「新参」は、相手を馬鹿にする意味で使われることが多い言葉とされています。「古参」の人が「経験や応援している歴が短いクセに」「ファン歴が短いのにファンを名乗るな」とばかりに揶揄するために使われます。

特に、にわかものを排除したいという気持ちから使われたり、叩くために使われていることが大半を占めます。

アイドル用語での「古参」の使い方の意味

「古参」という言葉は、最近ではアイドル用語としてもよく使われる言葉です。特に、アイドルの追っかけをしている人やアイドルファンにおいて「古参」や「新参」は日常生活で頻繁に用いられます。

例えば、アイドルファンは古参同士であれば、おのずと現場(アイドルのコンサートやイベントのこと)で顔を合わせることも多くあります。そこで古参同士が仲良くなったり、SNSなどで繋がったりとアイドルのファンが交友関係を広げるための一つの指標として「古参」であるか「新参」であるかを見ています。

アイドルのファンのステータスは「古参」であること

さらに、ただ古参であっても、特に好きになった曲名やコンサート名などを用いて「○○古参」などの言葉も使われます。これは、自分がアイドルに対していつからファンになった、いつからアイドルを応援している、と主張するためです。

いつ頃から応援しているのかを自慢しマウンティングをすることが、近年のアイドルファンのステータスの一つになっています。そして、その経歴が長ければ長いほどよいと考えている人も多くいます。アイドル用語としての「古参」という言葉はそれほど意味を持った言葉です。

「古参」には長い歴史や伝統がある

ここまで述べてきたように「古参」とは「古くからその場にいる人、古くからその職を全うしている者」のことであり、「こさん」と読みます。いわゆるベテランのことであり、長年にわたってその世界や組織の中で活躍し、経験も豊富です。

さらに近年では、アイドル用語として、特定のアイドルのファンを長年にわたって続けている人間のことをも指すようにもなってきています。

そして、その読み方もすでに1世紀以上前から見られましたが、当時は他にも「こざん」や「ふるひ」といった別の読まれ方もされていました。ただ、こちらについても時代が下るにつれて「こさん」以外の読み方はされなくなってきています。

このように、「古参」はその意味するところも読み方も、時代の移り変わりとともに変化してきています。伝統のある言葉ともいえますので、古参の方の仕事ぶりを見習うということであれば、それに敬意を表してみるとよいでしょう。

Latests