Search

検索したいワードを入力してください

「姑」の意味と使い方・語源・意味の違い|舅/小姑/義理母

更新日:2020年08月20日

よく耳にする「しゅうと」「しゅうとめ」という言葉、配偶者の親とはわかるものの、どちらが父親で母親なのか、似た音なので混乱することはありませんか?また、お姑さんや配偶者の親族に「姑」と言ってもいいのかなど、この記事では、改めて疑問に感じることを紹介していきます。

「姑」の漢字の持つ意味

「姑」という言葉を見ると、まず思い浮かぶのが「配偶者の母親」という人が多いでしょう。しかし、実は「姑」という漢字には2つの意味があります。

1つ目は、多くの人がすぐに思い浮かぶ「夫の母親」という意味です。2つ目は、「しばらく」「一時的」という意味です。「姑息」という言葉を見掛けたことのある人もいるでしょう。「姑息」は、「一時逃れ」「その場しのぎ」という意味です。

この記事では、日常で頻繁に使われている1つ目の意味、「夫の母親」という意味の「姑」について詳しく紹介していきます。

「姑」の意味と使い方

「姑」の意味

「姑」の意味は、古い時代には「夫の母親」のみを示し、妻の母親のことは「外姑(がいこ)」と呼ばれていました。

さまざまな家族形態が生まれ、男系相承の家族制がゆるんでいく過程で、夫側・妻側に関係なく、「配偶者の母親」という意味が浸透していきました。現在では親族以外の人と会話の中で、配偶者の母親を示すときに「姑」という言葉が使われています。

「姑」の使い方

「姑」は「舅」と同じく、その家に嫁いできた「嫁」「婿」と対をなす言葉であり、役職とも言い換えられる言葉です。そのため、配偶者の母親を「姑」とは言いません。

親族以外の人との会話の中で配偶者の母親を示すときに、「姑」いう言い方をするのが一般的でしょう。昔の名残で今も「姑」という言葉が使われているそうです。

お姑さん本人がいる場で第三者に表すときは、「姑」の意味も含んだ「義母」と表すほうが無難でしょう。

「姑」を使う立場の人は?

夫から見た妻の母親のことを「姑」と表すことは、間違いではありません。しかし、実際には既婚の女性が夫の母親を「姑」と表す場面のほうが圧倒的に多いでしょう。

夫が親族以外の場面で妻の母親を示すときは、「嫁(妻、家内、女房など)の母親」や「義母」と表すことが多いでしょう。

「姑」を使った慣用句・熟語

姑の涙汁

姑は、嫁に対して同情の涙をめったに流さない、という意味から、「非常に少ないもの」のたとえです。例として以下の文が挙げられます。

「お金にうるさい彼のことだ。奢ると言ったところで、どうせ姑の涙汁だろうから、あまり期待しないでおこう。」というような使い方ができます。

姑の場(ば)ふさがり

姑は、若夫婦にとって邪魔になるということの例えです。例として以下の文が挙げられます。

「息子たちは、姑の場ふさがりとばかりに嫁の言い分ばかり聞いていて、私の話には少しも耳を貸してくれない。」というような使い方ができます。

姑の前の見せ麻小笥(おごけ)

嫁が姑のいる前でだけ、紡いだ糸を入れる桶を出して糸を縒る夜なべ作業をして見せる、という意味から、人前で働き者らしく振る舞うことの例えとして使われます。

「彼は社長の前でだけ忙しそうな立ち居振る舞いで有能な自分をアピールしているが、彼の営業成績を把握している社長の目には、姑の前の見せ麻小笥にしか映っていないだろう。」というように使われます。

姑去り

姑のさしがねで嫁を追い出すという意味です。例として以下の文が挙げられます。

「夫が信じてしまっても仕方がないと思うくらい、夫の母親は彼に嘘八百を執拗に吹き込み続けて私を姑去りにした。」というような使い方をします。

次のページ:「姑」の意味の語源・由来

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests