Search

検索したいワードを入力してください

「姑」の意味と使い方・語源・意味の違い|舅/小姑/義理母

更新日:2020年08月20日

よく耳にする「しゅうと」「しゅうとめ」という言葉、配偶者の親とはわかるものの、どちらが父親で母親なのか、似た音なので混乱することはありませんか?また、お姑さんや配偶者の親族に「姑」と言ってもいいのかなど、この記事では、改めて疑問に感じることを紹介していきます。

「姑」はあくまでも「配偶者の母親」のみを示す言葉

家族関係を表す意味としての「姑」は、配偶者の母親に限ります。配偶者の父親の後妻で、配偶者と血の繋がりがない場合でも、家制度に端を発した言葉なので、配偶者の父親の妻であるならば、日常会話の中では「姑」と表します。

「義理母」には「姑」以外の意味もある

「姑」が配偶者の母親のみを示すのに対し、「義理母」「義母」には大きく分けて3つの意味が含まれています。

1つ目は「姑」と同じ、「配偶者の母親」という意味です。親族の間で配偶者の母親を差すときには「お義母さん」など、文書で使われるケースが多いでしょう。

2つ目は、「育ててくれた母親代わりの人」「養母」という意味で使われます。里親制度を利用した場合など、養育された人から見た女性の養育者を「養母」と呼びます。

3つ目は、「父親の妻」「継母」という意味でこの言葉を用いる場面があります。幼少期に父親が再婚して継母になった場合の多くは「養母」と「継母」を兼ねて「義理母」と表現するでしょう。しかし、成人後など養育を必要としない時期になってから父親が再婚した継母でも、関係が生まれるので「義理母」「義母」と表す人が大半でしょう。

「姑」は当人以外に対して使う言葉

「姑」という漢字の意味から始まり、親族の関係を示す意味の「姑」の意味や使い方、海外ではどう表しているか、「姑」を使った慣用句などを紹介してきました。

姑は親族でありながらも、血の繋がらない他人の一面も持つ存在です。当人に「お姑さん」などと呼びかけるのは、我が子の配偶者となって自分の家族とも言えるのに、他人だと言われているようで寂しく感じてしまうことでしょう。

「姑」は、あくまでも自分の配偶者の母親を話し相手に対してへりくだって使う言葉であり、「お姑さん」は、よそ様の配偶者のお母さんを丁寧に表したときの言葉です。「誰の義理の母親なのか」という部分や、会話相手に配慮をしつつ、「姑」という言葉を上手に使い分けましょう。

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests