Search

検索したいワードを入力してください

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教

初回公開日:2018年02月20日

更新日:2020年05月26日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ふだん何気なく耳にしているパッションという言葉。意味がわからないまま、なんとなく使っている方はいませんか?この記事では、パッションの意味や使い方を詳しく説明しています。そういえばパッションの意味ってなんだろう、と興味を持った方はぜひこちらの記事をご覧ください。

「パッション」ってどういう意味?使い方を解説!

パッションという言葉はさまざまな場面で使われています。しかし、どんな意味か説明しようとすると案外難しいです。そこで今回は、辞書に載っている意味はもちろん、辞書には載っていない新しいパッションの意味・使い方を徹底解説します。

辞書に載っている「パッション」はこれ!

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

パッション
1.熱情、激情。
2.キリストの受難。また、キリスト受難劇。受難曲。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/177533/meaning/m0u/ |

まずは辞書に載っているパッションの意味を知りたいので、「goo国語辞書」で、パッションを調べてみました。パッションには主に2つの意味がありました。

パッションと聞いて一般的に思い浮かぶのは、1番目の意味ではないでしょうか。「熱情」という言葉はふだんあまり耳にしませんが、「情熱」と同様の意味があります。自分の胸の内にある熱い想いを表現するときに、1番目の意味でパッションという言葉を使います。

2番目の「キリストの受難」は聞いたことがない人が多いのではないでしょうか。こちらはキリスト教で使われる言葉です。受難劇とは、キリストの受難を題材とした劇のことをいいます。同様に、受難曲はキリストの受難を題材とした楽曲を指していう言葉です。日本にもキリスト教を信じている人はもちろんいますが、キリストの受難という言葉を誰もが知っているわけではありません。

キリスト教の「パッション」はこんな意味!

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

それではキリスト教におけるパッションとは一体どのようなものなのか見ていきましょう。キリスト教におけるパッションは、イエス・キリストの受けた精神的・肉体的苦痛を表していると言われています。また、パッションの語源は、ラテン語で「苦しみ」を意味する言葉だと言われています。

日本人にはあまりなじみのない2番目の意味の方がパッションという言葉の本来の意味に近いことがわかります。

キリスト教を信じている人にとっては身近な、受難を意味するパッションですが、キリスト教を詳しく知らない人にとってはなんとも耳慣れない言葉です。続いては、キリストの受難について詳しくみていきます。

キリストの受難をザックリ説明!

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

キリスト教を信仰していなくても、イエス・キリストの名前を聞いたことがないという人は少ないでしょう。なぜなら、12月の一大イベント、クリスマスに関係している人だからです。クリスマスはイエス・キリストの誕生日であることを知っている人は多いでしょう。

イエス・キリストは中心となっていた12人の弟子とともに、キリスト教を布教していました。その過程で、自らを神の子であるといったことなどを理由に追われる身となっていました。そして弟子の1人であるユダの裏切りによってついに逮捕されてしまいます。

裁判にかけられて有罪とされたイエス・キリストは、十字架を背負って丘を上り、磔にされて亡くなります。その後磔からおろされたイエス・キリストは埋葬されますが、3日目に復活したと言われています。

キリスト教では、この流れの中の裁判と磔という苦痛の部分をさしてパッションと言っています。

パッションといえばフルーツ!?こちらの意味を解説!

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

パッションという言葉を聞いて、まっさきにパッションフルーツを思い出す人もいるでしょう。パッションフルーツは和名を「クダモノトケイソウ」といって、原産地はアメリカ大陸の亜熱帯地方です。パッションフルーツには南国のイメージがありますが、イメージどおり南国産の果物ということです。

そして南国といえば情熱という言葉がピッタリと考えがちですが、実はパッションフルーツのパッションは情熱という意味ではありません。

続いてはパッションフルーツのパッションについて詳しく説明します。

パッションフルーツのパッションの意味はこれ!

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

パッションフルーツのパッションは、実は「キリストの受難」からきています。南国育ちの果物と、キリストの受難はまったく無関係に思えます。実は、パッションの意味の由来は、その実ではなく花にありました。

パッションフルーツは和名にあるように、トケイソウ科という科に属する植物です。そしてトケイソウ科の特徴は、3つに分かれためしべが、時計長針・短針・秒針のように見えることにあります。この花の子房やめしべ、花弁などがキリストを象徴する十字架や釘などに見えるということから、キリストの受難を表すパッションという名がつくことになったということです。

昔から日本国内でも栽培されているパッションフルーツの名前にこのような由来があるとは、あまり知られていません。アメリカはキリスト教を信じている人が多いので、アメリカ原産の果物にこのような名前をつけても不思議はないでしょう。

今までとは違う!新しいパッションの意味

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

辞書の意味を中心にパッションについてご紹介しました。しかし、最近では辞書の意味にとらわれない新しいパッションの使われ方があります。続いてはそのような新しいパッションの意味についてご紹介します。

人狼ゲームで使われるパッションって何?

「パッション」の意味と使い方|アイマス/人狼/キリスト教
※画像はイメージです

ヨーロッパの伝統的なゲームから広がりを見せたと言われている人狼ゲーム。最近では携帯アプリなどもでています。その人狼ゲームの中で、パッションという言葉が使われています。どのような意味で使われているのか見ていきましょう。

Latests