Search

検索したいワードを入力してください

「ブラッシュアップ」の意味と使い方・類語|ビジネス/IT

更新日:2020年08月20日

「ブラッシュアップ」とは、どのような意味なのでしょうか。また、どのように使う言葉なのでしょうか。このぺージでは、「ブラッシュアップ」の意味や使い方、類語・反対語などをご紹介しています。また、例文や「クオリティアップ」との違いについても考察しています。

どんな意味?使い方は?「ブラッシュアップ」とは

現代社会では、古くから伝わる日本語だけでなく、外来語や英語などが由来となっている言葉、略語や造語なども、会話やコミュニケーションのさまざまな所で使用されています。そのため、日本語だけを理解していれば、会話や文章などのコミュニケーションをスムーズに取ることができるわけでは、なくなりつつあると考えられます。

特に、外来語や海外の言葉が由来となっている言葉などは、意味が理解しづらいと考えられます。ビジネスシーンなどでは、いわゆる「横文字」の言葉も多数使用されていますが、意味や使い方を理解できていない言葉があるという方も、いらっしゃると考えられます。

今回は、ビジネスシーンを中心にさまざまなシーンで使用されている横文字の言葉の1つである、「ブラッシュアップ」という言葉をテーマにして、意味や使い方などを考察・ご紹介していきます。

「ブラッシュアップ」の意味・使い方

まずは、「ブラッシュアップ」という言葉がどのような言葉なのか、基本的な意味や使い方を通して見ていきましょう。

「ブラッシュアップ」という言葉は、ビジネスシーンを中心に比較的頻繁に使用される言葉の1つです。しかし、意味などを説明するように言われた場合、自信を持って説明することができる方は、意外と少ないでしょう。

この機会にぜひ、わかりそうで意外とわかりづらい、「ブラッシュアップ」の意味や使い方について、考えてみて下さい。

「ブラッシュアップ」の意味

まずは、「ブラッシュアップ」という言葉がどのような意味を持つ言葉なのか、基本的な意味を見ていきましょう。

「ブラッシュアップ」の意味について、「コトバンク」では、以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「ブラッシュアップ」という言葉には、複数の意味があることが読み取れます。

1つ目の意味は、ブラシをかけたりブラッシングをしたりすることだとされています。そして2つ目の意味は、技術やスキルなどを磨くことや、さらに向上させることだと言われています。

ビジネスシーンなどで使用されている「ブラッシュアップ」は、2つ目の意味で使用されるケースが多いと考えられます。

① ブラシをかけて磨き上げること。
② 技術や能力にさらに磨きをかけること。一段とすぐれたものにすること。

出典: https://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%8... |

「ブラッシュアップ」の使い方

続いて、「ブラッシュアップ」の一般的な使い方について、考察していきます。

上記でもご紹介したとおり、「ブラッシュアップ」という言葉には、2つの意味があるとされています。2種類の意味のうち、会話や文章で使用される「ブラッシュアップ」は、技術や能力に磨きをかけて、向上させることを意味していると考えられます。

ですから、技術などを向上させることや、企画などの内容を改善することを表現する際に、「ブラッシュアップ」という言葉が使用されると予想できます。

「ブラッシュアップ」の類語

上記では、「ブラッシュアップ」の基本的な意味や使い方をご紹介しました。しかし、まだいまいち理解しきれていないという方もいらっしゃるでしょう。そこで続いては、「ブラッシュアップ」という言葉と同じような意味を持つ、類語や同義語などと呼ばれる言葉をご紹介していきます。

「ブラッシュアップ」と同じような意味やニュアンスを持っている類語などを学ぶことで、「ブラッシュアップ」という言葉を、より深く理解できる可能性もあります。

・案を練る
・練磨する
・ランクアップ
・スキルアップ
・洗練させる

「ブラッシュアップ」の反対語

続いて、「ブラッシュアップ」という言葉とは対称的な意味を持つ、反対語や対義語などをご紹介していきます。反対語や対義語というと、「ブラッシュアップ」という言葉を理解する上で、あまり関係がないように感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、反対語や対義語などを学ぶことで、新たな気付きがある可能性もあります。ですから、対義語などもチェックしておきましょう。

・降格する
・ランクダウン
・格が下がる
・順位が下がる
・質が下がる

ビジネスにおける「ブラッシュアップ」の意味

上記では、「ブラッシュアップ」という言葉の基本的な意味や使い方についてご紹介しました。続いては、ビジネスにおける「ブラッシュアップ」という言葉の意味について、考察していきます。

冒頭でも述べたように、「ブラッシュアップ」という言葉は、ビジネスシーンで使用されることが多い言葉です。そのため、ビジネスにおける意味や使い方を理解しておくと、コミュニケーションがスムーズに取れるようになる可能性があります。

ビジネスにおける「ブラッシュアップ」【1】:会社

まずは、会社やオフィスで使用される「ブラッシュアップ」の意味について考えていきます。会社やオフィスで使用される「ブラッシュアップ」の意味について、「kuguru」というwebサイトでは、以下の引用のように解説しています。

引用の内容から、会社やオフィスで使用される「ブラッシュアップ」という言葉には、より上を目指すことや、内容・品質などを向上させることといった意味が含まれていると考えられます。

具体的な使い方としては、「資料をブラッシュアップしておくように」「さらなるブラッシュアップの必要性がある」といった使い方ができると考えられそうです。

ビジネスシーンでは「上を目指すこと」「さらによくすること」「磨きをかけて良いものにすること」などの意味で「ブラッシュアップ」が使われます。

出典: https://kuguru.jp/6779 |

ビジネスにおける「ブラッシュアップ」【2】:会議

「ブラッシュアップ」という言葉は、会議においても度々使用されることがある言葉です。続いては、会議で使用される場合の「ブラッシュアップ」の意味について考えていきましょう。

会議で使用される際の「ブラッシュアップ」の意味について、「kuguru」では以下の引用のように解説しています。引用の内容から、会議では「ブラッシュアップ」を、案や企画をさらに改善したり、向上させたりする言葉として、使用するケースが多いと読み取れます。

ですから、会議やミーティングで「ブラッシュアップして」などと言われた場合は、案や企画を練り直したり、さらに良くなるように磨きをかけたりすることを意味していると考えられるでしょう。

初回公開日:2018年03月26日

記載されている内容は2018年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests