Search

検索したいワードを入力してください

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2018年04月13日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは「解析」と聞いて本来の意味を正確に答えることができるでしょうか。「解析」と似た言葉に「分析」というものもあります。今回はこの二つに重点を置いて意味の違いや類語、「解析」をするにあたっておすすめの資格や本をご紹介します。

「解析」の意味と使い方

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

「このデータを解析してください」このようにごく身近で耳にすることがある「解析」という表現ですが、「解析とはどういった意味なのか正確に答えてください」と言われてどのくらいの人が答えることができるでしょうか。似た言葉で「分析」という表現もあります。「解析も分析も解析するってことだよね」と間違えた解釈をしている人も少なくありません。

さて、みなさんは「解析・分析」と耳にしたとき、この二つの表現に違いを見出すことができるでしょうか。今回は生きていれば必ず耳にするほど日常的な言葉である「解析」について詳しく解説します。社会人となれば業種によっては頻繁に耳にすることになる言葉でもあるので是非正しい意味を理解しておきましょう。

「解析」の意味とは?

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

それでは今回の記事のポイントともなる「解析」の意味についてご紹介します。

「解析」にはいくつかの意味がある

まず代表的な「解析」の意味をご紹介します。

◆事柄を細かく分けた上で、組織的・論理的に調べあげること。

主にこのような意味合いで使われていますが、それ以外にも「解析」には以下のような意味があります。

◆「解析」が指す二つの意味

①数学的論法のひとつで、ある事柄を証明するために、その事柄をAとした場合、Aが成立するためにはBの成立が不可欠であることを示し、Bが成立するためにはさらにCの成立も不可欠であることを示すことを指します。このことわりを順次繰り返すことで最終的には既知の事柄に帰着することをいいます。

②「解析学」といった学問の略称として用いられます。

このようにそれぞれ場面によって意味合いは大きく異なりますが、ほとんどの場合は「物理的・論理的に調べ上げる」の意味で使われているので覚えておきましょう。

「解析」と「分析」の違い

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

冒頭でも多少触れていますが、「解析」と似た言葉に「分析」があります。さてこれら二つの違いをあなたは答えることができるでしょうか。一緒に考えていきましょう。

「分析」の意味とは?

まず「分析」の意味で多く使われているのはこちらの意味になります。

◆ひとつの事柄をいくつかの要素(成分)に分けて、その構成を細かいところまで明らかにしていくこと。

この意味だけ見れば「解析とほとんど同じではないか」と思う方もいるでしょう。しかし違いがあるのでそれは下記でご紹介します。

⇒「分析」と「解析」の明確な違い

あまり違いがないように感じる「解析」と「分析」ですが、よく見るとその違いがわかります。

◆「解析」⇒組織的かつ論理的に調べること。
◆「分析」⇒要素や成分など分けて構成を細かく調べること。

いかがでしょうか。このように二つを見比べてみると「組織的・論理的にどういった関係で成り立つのか調べる解析」に対して「要素や成分に分けて構成を一つ一つかみ砕いて調べる作業が分析」という点に違いがあります。「分析」は解析よりもより専門的に隅々まで細かく調べることだと理解しておけば間違いないでしょう。

解析におすすめのツールやソフト

「アクセス解析」や「データの解析」というのはIT業界のみならず、今や激戦区となったネットショップやフリマアプリなどでも頻繁に行われています。自身のアクセス数を増やすためにも「解析」する作業というのは非常に大切なもので、業種によっては必要不可欠だと言っても良いでしょう。

しかし「これまでのデータを全部解析して」と指示されても、自力で行うとなると途方に暮れる作業になってしまいます。そんな時に用いられる「解析ツール」や「解析ソフト」ですが、一体どんなものがあるのでしょうか。この項目では「解析におすすめのツールやソフト」をご紹介します。業種上取り入れることを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

解析ソフト「ApacheLogViewer」

こちらの解析ソフト「ApacheLogViewer」は生のアクセスログを分かりやすく解析することが可能なアクセス解析ソフトとなっています。利用料は無料なのに非常に細かい解析まですることが可能で詳細なのが特徴で、特定のアドレスがどのような利用をしているのか、ページまでも瞬時に解析することができます。

このソフトはサーバー攻撃を受けたり、おかしなアクセス履歴があったときに特定のアドレスを追跡することで原因を突き止める際に使ったりすると便利に利用できるので、ホームページなど運営している人にとってはお勧めだと言えるでしょう。

初心者向け「Google アナリティクス」

こちらは有名どころなのでご存知の方もすでに多くいらっしゃるのではないでしょうか。「Googleアナリティクス」はGoogleが提供している無料の解析ツールになります。無料で利用できることもあり、Googleアカウントを持っている人であればすぐにでも導入することが可能です。

無料アクセスツールが多くある中でGoogleアナリティクスの右に出るものはいない、と言えるほど無料解析ツールの中では優秀な存在です。PV数や訪問者の数をはじめ、コンバージョン数や滞在時間まで解析することができます。そのため初心者にとっても便利に使うことができるおすすめのツールです。

中級~上級者向け「アクセス解析研究所」

こちらの「アクセス解析研究所」は、もともとQlookという解析ツールが終了した後に提供された高性能解析ツールになります。GPS座標を用いることでユーザーの利用地域を瞬時に把握し、別のページに移動しても追跡することが可能となっており、ページ内にとどまっていなくとも既に離脱済みのユーザーまでも解析することができるという優秀さには驚きです。

高性能なのに無料で利用できるのが魅力となっており、徐々に人気を伸ばしています。サイト内の動きを把握したい方、中級者~上級者におすすめの解析ツールになります。

「解析」の類語

それでは、「解析」の類語についてご紹介しましょう。意義素と類語を合わせて理解しておきましょう。

◆意義素◆◆類語◆
科学的・数学・文法的に分析すること分析
物事を研究する際に分解して構成すること分析・アナリシス・部分的思考
全体の構成部分に関連する要素のこと分析・分解・アナリシス・解剖
物事の本質的な特徴であるか意味を発見する分析のこと鑑定・研修・調査・検査・研学・点検・考察・研究・分析・考査・考察など

「解析」におすすめのアプリ解析ツール

解析ツールはいくつも存在していますが、この項目では中でもおすすめの解析ツールについてご紹介します。

アプリ解析・分析ツール

こちらは幅広くアプリの分析に対応しており、アプリ利用者の様子や関心ごとについて把握することができるようになっています。アプリ開発など行っている人には特におすすめです。一部無料で利用することも可能です。

Mobile App Analytics

こちらは上記でもご紹介した「Googleアナリティクス」の分析バージョンになります。無料で利用できるうえにアプリ情報を簡単に管理できるという優れものです。見慣れた管理画面なので初心者でも容易に扱うことができるでしょう。

解析の種類

データの解析と言っても一括りに出来るわけではありません。「解析」にはいくつもの種類があり、その種類に基づいてソフトやツールを取り入れて解析を行います。この項目では解析の種類についていくつかご紹介しましょう。

計算による解析

解析方法は主に二つに分けられます。それが「解析解」と「数値解」というものです。数値解というのは「数値計算によって解を求めるアプローチのこと」をいいます。

⇒「解析解」とは?

一方で「解析解」とはどんなものかと言いますと、数値(計算)によって解を求める「数値解」に対して、論理的であり代数的な方法で算出するものを「解析解」と呼んでいます。このように数値的にアプローチをかけるのか、論理的に算出するのか、という点で解析の方法は異なってきます。

それもまた「解析・分析」の面白さなのだと言えるでしょう。高精度になればなるほど難易度の高い計算式など用いられて解析されていきます。下記は数値解析を行う高精度の計算サイトとなっています。参考までにご覧ください。

解析のおすすめの資格

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

解析するツールやソフトについてご紹介しましたが、実際に解析を行うための資格があることをご存知でしょうか。現在WEB関連に興味があったり、自身で解析を行うなら取っておいて損はないでしょう。今後さらに需要が伸びる可能性を秘めた資格であり、勉強したことをそのまま実務で活かすことができます。気になる方はぜひ挑戦してみましょう。

ウェブ解析士認定講座

WEB解析を実際に行うことができる能力を育てるための講座です。すでに20,000名以上の受講実績があり信頼できる講座だと言えるでしょう。この認定講座はWEBマーケティング資格の中でも有名どころで実務に活かすことのできる内容をそのままで学ぶ事ができます。

ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・解析士マスターと三つの分野に分かれており、自身のレベルに合わせて受講します。もちろん受講料はかかりますが、その分大きな成果へと結びつけることができるでしょう。

Webアナリスト検定

こちらの検定は初心者の方に最もお勧めしたい検定です。5時間の講義を受講後、1.5時間の試験を二日にわたって行うことで取得することが可能です。解析資格の手始めに受講する人も多く、手軽に受講しやすいのが特徴となります。

マーケティング・ビジネス実務検定

こちらの資格は特定した業界に限らず、幅広いマーケティングについて学ぶ事ができる資格です。マーケティング全体を見通した内容を学びたい、という広い知識を求める人にこそお勧めです。資格は3階級に分かれており、最終階級に合格することでIMASSA認定マーケティング実務士という資格を取得することが可能となります。

ネットマーケティング検定

こちらの検定はマーケティング担当者にとって必須となるファシリテート能力やブランディング能力を学ぶ事ができます。知識の再確認の意味で検定に挑戦するのも良いでしょう。WEBマーケティング関係の資格の中でも比較的安い受講料なのも特徴です。

解析に関するおすすめの本

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

それではここで、解析に関するおすすめの本をご紹介します。

できる逆引き Googleアナリティクス

こちらの本は上記でもご紹介した解析ツール「Googleアナリティクス」を逆引きにて学ぶ事ができるいわば参考書のようなものです。「Googleアナリティクス」は無料で使いやすく優秀であることから取り入れている人は多くいらっしゃいます。初めて始める方でも分かりやすく使いこなせるようになるおすすめの一冊です。

Google アナリティクスは機能が豊富でやりたいことに対してどうやって良いかわからないことが良くあります。
この本はそれに対してうまい解決方法を与えてくれる本だと思いました。
逆引きができるのでやりたいことをそこから探し、ページを開いてどうやるか知って行くという使い方が出来ます。決して最初から最後まで読む本ではないです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E9%8... |

デジタル時代の基礎知識 『リサーチ』

今やSNSが当たり前に流通する時代となり、一般人をはじめ多くの企業もそれを取り入れるようになりました。そこで浮き出てきた「デジタル時代のリサーチ方法」をあなたは考えたことはあるでしょうか。新しい時代が幕明けた今だからこそ知っておきたいマーケティング市場についてこの本で学んでいきましょう。

とかくこの手の本は途中で挫折するものだが、熟年世代にもわかりやすかった

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%8... |

解析ツールを便利に用いよう

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

今回は「解析」について詳しくご紹介しました。解析と分析にはその方法に違いがありますが、どちらにしてもある物事に対して詳細を追及する行為であることからどちらも「類語」として通ります。

解析を自身で行うことは非常に時間がかかってしまったりと効率の悪さも目に見えています。そんな時は解析ツールを有効的に使うことでより便利に作業効率化を図ることができるでしょう。ぜひ自身のスタイルに合った解析方法をみつけて取り入れていきましょう。

Latests