Search

検索したいワードを入力してください

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは「解析」と聞いて本来の意味を正確に答えることができるでしょうか。「解析」と似た言葉に「分析」というものもあります。今回はこの二つに重点を置いて意味の違いや類語、「解析」をするにあたっておすすめの資格や本をご紹介します。

「解析」の意味と使い方

「このデータを解析してください」このようにごく身近で耳にすることがある「解析」という表現ですが、「解析とはどういった意味なのか正確に答えてください」と言われてどのくらいの人が答えることができるでしょうか。似た言葉で「分析」という表現もあります。「解析も分析も解析するってことだよね」と間違えた解釈をしている人も少なくありません。

さて、みなさんは「解析・分析」と耳にしたとき、この二つの表現に違いを見出すことができるでしょうか。今回は生きていれば必ず耳にするほど日常的な言葉である「解析」について詳しく解説します。社会人となれば業種によっては頻繁に耳にすることになる言葉でもあるので是非正しい意味を理解しておきましょう。

「解析」の意味とは?

それでは今回の記事のポイントともなる「解析」の意味についてご紹介します。

「解析」にはいくつかの意味がある

まず代表的な「解析」の意味をご紹介します。

◆事柄を細かく分けた上で、組織的・論理的に調べあげること。

主にこのような意味合いで使われていますが、それ以外にも「解析」には以下のような意味があります。

◆「解析」が指す二つの意味

①数学的論法のひとつで、ある事柄を証明するために、その事柄をAとした場合、Aが成立するためにはBの成立が不可欠であることを示し、Bが成立するためにはさらにCの成立も不可欠であることを示すことを指します。このことわりを順次繰り返すことで最終的には既知の事柄に帰着することをいいます。

②「解析学」といった学問の略称として用いられます。

このようにそれぞれ場面によって意味合いは大きく異なりますが、ほとんどの場合は「物理的・論理的に調べ上げる」の意味で使われているので覚えておきましょう。

「解析」と「分析」の違い

冒頭でも多少触れていますが、「解析」と似た言葉に「分析」があります。さてこれら二つの違いをあなたは答えることができるでしょうか。一緒に考えていきましょう。

「分析」の意味とは?

まず「分析」の意味で多く使われているのはこちらの意味になります。

◆ひとつの事柄をいくつかの要素(成分)に分けて、その構成を細かいところまで明らかにしていくこと。

この意味だけ見れば「解析とほとんど同じではないか」と思う方もいるでしょう。しかし違いがあるのでそれは下記でご紹介します。

⇒「分析」と「解析」の明確な違い

あまり違いがないように感じる「解析」と「分析」ですが、よく見るとその違いがわかります。

◆「解析」⇒組織的かつ論理的に調べること。
◆「分析」⇒要素や成分など分けて構成を細かく調べること。

いかがでしょうか。このように二つを見比べてみると「組織的・論理的にどういった関係で成り立つのか調べる解析」に対して「要素や成分に分けて構成を一つ一つかみ砕いて調べる作業が分析」という点に違いがあります。「分析」は解析よりもより専門的に隅々まで細かく調べることだと理解しておけば間違いないでしょう。

解析におすすめのツールやソフト

「アクセス解析」や「データの解析」というのはIT業界のみならず、今や激戦区となったネットショップやフリマアプリなどでも頻繁に行われています。自身のアクセス数を増やすためにも「解析」する作業というのは非常に大切なもので、業種によっては必要不可欠だと言っても良いでしょう。

しかし「これまでのデータを全部解析して」と指示されても、自力で行うとなると途方に暮れる作業になってしまいます。そんな時に用いられる「解析ツール」や「解析ソフト」ですが、一体どんなものがあるのでしょうか。この項目では「解析におすすめのツールやソフト」をご紹介します。業種上取り入れることを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

解析ソフト「ApacheLogViewer」

こちらの解析ソフト「ApacheLogViewer」は生のアクセスログを分かりやすく解析することが可能なアクセス解析ソフトとなっています。利用料は無料なのに非常に細かい解析まですることが可能で詳細なのが特徴で、特定のアドレスがどのような利用をしているのか、ページまでも瞬時に解析することができます。

このソフトはサーバー攻撃を受けたり、おかしなアクセス履歴があったときに特定のアドレスを追跡することで原因を突き止める際に使ったりすると便利に利用できるので、ホームページなど運営している人にとってはお勧めだと言えるでしょう。

初心者向け「Google アナリティクス」

こちらは有名どころなのでご存知の方もすでに多くいらっしゃるのではないでしょうか。「Googleアナリティクス」はGoogleが提供している無料の解析ツールになります。無料で利用できることもあり、Googleアカウントを持っている人であればすぐにでも導入することが可能です。

無料アクセスツールが多くある中でGoogleアナリティクスの右に出るものはいない、と言えるほど無料解析ツールの中では優秀な存在です。PV数や訪問者の数をはじめ、コンバージョン数や滞在時間まで解析することができます。そのため初心者にとっても便利に使うことができるおすすめのツールです。

Latests