Search

検索したいワードを入力してください

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

更新日:2020年05月29日

皆さんは「解析」と聞いて本来の意味を正確に答えることができるでしょうか。「解析」と似た言葉に「分析」というものもあります。今回はこの二つに重点を置いて意味の違いや類語、「解析」をするにあたっておすすめの資格や本をご紹介します。

中級~上級者向け「アクセス解析研究所」

こちらの「アクセス解析研究所」は、もともとQlookという解析ツールが終了した後に提供された高性能解析ツールになります。GPS座標を用いることでユーザーの利用地域を瞬時に把握し、別のページに移動しても追跡することが可能となっており、ページ内にとどまっていなくとも既に離脱済みのユーザーまでも解析することができるという優秀さには驚きです。

高性能なのに無料で利用できるのが魅力となっており、徐々に人気を伸ばしています。サイト内の動きを把握したい方、中級者~上級者におすすめの解析ツールになります。

「解析」の類語

それでは、「解析」の類語についてご紹介しましょう。意義素と類語を合わせて理解しておきましょう。

◆意義素◆◆類語◆
科学的・数学・文法的に分析すること分析
物事を研究する際に分解して構成すること分析・アナリシス・部分的思考
全体の構成部分に関連する要素のこと分析・分解・アナリシス・解剖
物事の本質的な特徴であるか意味を発見する分析のこと鑑定・研修・調査・検査・研学・点検・考察・研究・分析・考査・考察など

「解析」におすすめのアプリ解析ツール

解析ツールはいくつも存在していますが、この項目では中でもおすすめの解析ツールについてご紹介します。

アプリ解析・分析ツール

こちらは幅広くアプリの分析に対応しており、アプリ利用者の様子や関心ごとについて把握することができるようになっています。アプリ開発など行っている人には特におすすめです。一部無料で利用することも可能です。

Mobile App Analytics

こちらは上記でもご紹介した「Googleアナリティクス」の分析バージョンになります。無料で利用できるうえにアプリ情報を簡単に管理できるという優れものです。見慣れた管理画面なので初心者でも容易に扱うことができるでしょう。

解析の種類

データの解析と言っても一括りに出来るわけではありません。「解析」にはいくつもの種類があり、その種類に基づいてソフトやツールを取り入れて解析を行います。この項目では解析の種類についていくつかご紹介しましょう。

計算による解析

解析方法は主に二つに分けられます。それが「解析解」と「数値解」というものです。数値解というのは「数値計算によって解を求めるアプローチのこと」をいいます。

⇒「解析解」とは?

一方で「解析解」とはどんなものかと言いますと、数値(計算)によって解を求める「数値解」に対して、論理的であり代数的な方法で算出するものを「解析解」と呼んでいます。このように数値的にアプローチをかけるのか、論理的に算出するのか、という点で解析の方法は異なってきます。

それもまた「解析・分析」の面白さなのだと言えるでしょう。高精度になればなるほど難易度の高い計算式など用いられて解析されていきます。下記は数値解析を行う高精度の計算サイトとなっています。参考までにご覧ください。

初回公開日:2018年04月13日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests