Search

検索したいワードを入力してください

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

更新日:2022年06月23日

皆さんは「解析」と聞いて本来の意味を正確に答えることができるでしょうか。「解析」と似た言葉に「分析」というものもあります。今回はこの二つに重点を置いて意味の違いや類語、「解析」をするにあたっておすすめの資格や本をご紹介します。

Mobile App Analytics

こちらは上記でもご紹介した「Googleアナリティクス」の分析バージョンになります。無料で利用できるうえにアプリ情報を簡単に管理できるという優れものです。見慣れた管理画面なので初心者でも容易に扱うことができるでしょう。

解析の種類

データの解析と言っても一括りに出来るわけではありません。「解析」にはいくつもの種類があり、その種類に基づいてソフトやツールを取り入れて解析を行います。この項目では解析の種類についていくつかご紹介しましょう。

計算による解析

解析方法は主に二つに分けられます。それが「解析解」と「数値解」というものです。数値解というのは「数値計算によって解を求めるアプローチのこと」をいいます。

⇒「解析解」とは?

一方で「解析解」とはどんなものかと言いますと、数値(計算)によって解を求める「数値解」に対して、論理的であり代数的な方法で算出するものを「解析解」と呼んでいます。このように数値的にアプローチをかけるのか、論理的に算出するのか、という点で解析の方法は異なってきます。

それもまた「解析・分析」の面白さなのだと言えるでしょう。高精度になればなるほど難易度の高い計算式など用いられて解析されていきます。下記は数値解析を行う高精度の計算サイトとなっています。参考までにご覧ください。

解析のおすすめの資格

解析するツールやソフトについてご紹介しましたが、実際に解析を行うための資格があることをご存知でしょうか。現在WEB関連に興味があったり、自身で解析を行うなら取っておいて損はないでしょう。今後さらに需要が伸びる可能性を秘めた資格であり、勉強したことをそのまま実務で活かすことができます。気になる方はぜひ挑戦してみましょう。

ウェブ解析士認定講座

WEB解析を実際に行うことができる能力を育てるための講座です。すでに20,000名以上の受講実績があり信頼できる講座だと言えるでしょう。この認定講座はWEBマーケティング資格の中でも有名どころで実務に活かすことのできる内容をそのままで学ぶ事ができます。

ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・解析士マスターと三つの分野に分かれており、自身のレベルに合わせて受講します。もちろん受講料はかかりますが、その分大きな成果へと結びつけることができるでしょう。

Webアナリスト検定

こちらの検定は初心者の方に最もお勧めしたい検定です。5時間の講義を受講後、1.5時間の試験を二日にわたって行うことで取得することが可能です。解析資格の手始めに受講する人も多く、手軽に受講しやすいのが特徴となります。

次のページ:解析に関するおすすめの本

初回公開日:2018年04月13日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests