Search

検索したいワードを入力してください

「解析」の意味と使い方・「分析」との違い・類語・資格

更新日:2020年05月29日

皆さんは「解析」と聞いて本来の意味を正確に答えることができるでしょうか。「解析」と似た言葉に「分析」というものもあります。今回はこの二つに重点を置いて意味の違いや類語、「解析」をするにあたっておすすめの資格や本をご紹介します。

今やSNSが当たり前に流通する時代となり、一般人をはじめ多くの企業もそれを取り入れるようになりました。そこで浮き出てきた「デジタル時代のリサーチ方法」をあなたは考えたことはあるでしょうか。新しい時代が幕明けた今だからこそ知っておきたいマーケティング市場についてこの本で学んでいきましょう。

とかくこの手の本は途中で挫折するものだが、熟年世代にもわかりやすかった

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%8... |

解析ツールを便利に用いよう

今回は「解析」について詳しくご紹介しました。解析と分析にはその方法に違いがありますが、どちらにしてもある物事に対して詳細を追及する行為であることからどちらも「類語」として通ります。

解析を自身で行うことは非常に時間がかかってしまったりと効率の悪さも目に見えています。そんな時は解析ツールを有効的に使うことでより便利に作業効率化を図ることができるでしょう。ぜひ自身のスタイルに合った解析方法をみつけて取り入れていきましょう。

初回公開日:2018年04月13日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests