Search

検索したいワードを入力してください

「浮世離れ」の意味と使い方・類語・仕事・診断項目・特徴や性格

更新日:2022年07月08日

この記事では、「浮世離れ」という言葉に注目し、その意味や使い方、類語、また「浮世離れした人」の特徴について例を挙げて説明しています。「浮世離れ」という言葉の意味を掴んで使いこなせるようになりたい人は、ぜひ一度目を通してみてください。

「浮世離れ」の意味と使い方

皆さんの周りには、「浮世離れした人」はいるでしょうか。この記事では、「浮世離れ」という言葉に注目し、その意味と使い方について見ていきます。

「浮世離れ」の意味

「浮世」とは、日常の生活や俗世間のことを表し、「憂き世」とも書くほどの辛く忙しい日常のことを指す表現です。「浮世離れ」とは、そのような俗世間の世界から離れたところに佇んでいるようなことを表します。

よって、「浮世離れ」というのは周りの風に流されずにマイペースに自我をつらぬいているような言動や事柄について表す言葉といえるでしょう。

「浮世離れ」の使い方

それでは続いて、「浮世離れ」という表現の使い方について考えていきましょう。

この言葉は、よく「浮世離れした暮らし」や「浮世離れした人」などといったように特定の事柄や特定の人に対して用いられます。

日々の暮らしや俗世間のことに無関心に生きている人のことや、そのような暮らしぶりについて表すことが多いと言えるでしょう。

「浮世離れ」の類語・言い換え

続いて、「浮世離れ」という表現の類語や言い換えについて見ていきましょう。この類語や言い換えとしては、「超然」「超俗」「脱俗」などの二字熟語が当てはまります。これらの言葉はどれも、俗世間のしがらみから解き放たれた状態のことを指します。

さらに、「常識はずれ」や「世間離れ」などの世間の常識などから外れていることを指す表現でも言い換えられると考えられます。

浮世離れした仕事

ここからは具体的に、どのような暮らしをしている人々が「浮世離れ」していると考えられるのかについて見ていきましょう。まず、「浮世離れした仕事」について例を挙げていきます。

研究者

「浮世離れした仕事」として挙げられるのが「研究者」でしょう。研究者の人たちは自分の興味分野の対象について突き詰めて研究することが仕事ですので、ある特定の事柄に対する興味がものすごく深い反面、それ以外の日常の事物についてはあまり関心のない人が多い傾向にあります。

そのため、研究者は世間の風潮に影響されることなく研究に身を捧げている場合が多く、浮世離れしているといえるでしょう。

役者

続いて「浮世離れした仕事」として考えられるのが「役者」です。役者の人たちは、演劇を生業としていて、演じる役に深く入り込むことが求められます。

日常の自分と役に入り込む時の自分を切り離す必要があるので、「浮世離れした仕事」と捉えられるでしょう。

浮世離れか診断できるチェック項目

「浮世離れした仕事」についていくつかの例を見てきました。それでは、仕事以外で「浮世離れ」しているかどうかはどのポイントから判断できるのでしょうか。

ここでは、浮世離れしているかどうか診断できるチェック項目に注目して説明していきます。

次のページ:男女別浮世離れした人の特徴や性格

初回公開日:2018年04月29日

記載されている内容は2018年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests