Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月19日

「晩婚化」の意味都使い方・理由・対策方法・現状・影響・本

晩婚化とは多くの人々の初婚の年齢が上がることを指しています。政府や厚生労働省が施策を講じているますがなかなか大きな成果に繋がっていません。晩婚化でも自分の生活や仕事を安定させることで好きな人との結婚を考えられるようにしていきましょう。

晩婚化が起こる理由や原因って何?

晩婚化とは結婚が遅れることを指しています。その時代に合わせた価値観や、人々の考え方で結婚をする年齢が変わってくるので、晩婚化は誰にも降りかかる問題になっているでしょう。

働く人や若い人の晩婚化が進む理由や原因として、雇用が安定しないことや物価の上昇、その時々の人々が持つ価値観でも晩婚化は起こっています。理由や原因がわかっても解決の方法が見つからないこともあるので、一人一人に何ができるかが問われていると言えるでしょう。

非正規雇用が増えているのも要因の一つ

2000年から非正規雇用が本格的に進んできました。請負、日雇い、規制緩和、派遣社員が増えてきて、企業優先の働き方が生まれたのも人びとの晩婚化を進めた要因とも言えます。

なぜなら、非正規雇用として働くことで収入が安定しないので、結婚が遅れることや結婚をしても子供を持たないことが人口が減っている理由になっているのでしょう。

非正規雇用の人が増えたもの晩婚化を進めている要因になっていますが、人々が過剰なサービスや安い商品を求めることでも非正規雇用を増やしている理由となっています。

男女の価値観が変わりつつある

女性が男性並みに働く人が増えて、以前よりも結婚に対する考え方が変わってきています。女性の中には子供は欲しいけど、結婚はしたくないという女性が増えているので価値観の多様化でも晩婚化や未婚を進めていると言えるでしょう。

また女性の方が仕事で力を発揮することもあるので、男性が女性にアプローチしずらくなっている風習もできつつあるので、一昔前よりかは男女の立ち位置が変わってきていることも考えられます。

晩婚化に対して政府がとっている対策って何?

晩婚化が進むのはバブル後の「失われた20年」というものがあるので、グローバル社会に備えて子供の語学力を上げることや、プログラミングなどを学ばせることを実施しています。

経済が不透明な部分があるので、非正規雇用の人にキャリア支援をすることや、子育てサービスの充実化を進めています。働く人の収入を上げるようにして、結婚という選択肢が持てるように政府は雇用や子育ての不安をなくすような施策を行っています。

厚生労働省がとっている施策とは何か

平成25年度の厚生労働省の施策では、住む場所で子供を育てやすい環境作りや労働環境の整備、年金や医療などを充実させるように厚生労働省は施策を打ち出しています。

しかし、その施策が全ての若者が感じることができていないので、国民全体の晩婚化が進んでいる状態になっているのが現状でしょう。政府は雇用を安定させることや子育てサービスの充実を進めながら、結婚や家庭といったことに興味を持ってもらうように動いています。

若者の考えやニーズに合わせた施策がなされれば、晩婚化を避けることもできます。

晩婚化の現状やデータなどはどうなっているのか

明治維新があった後から日本人の人口は増え続けましたが、80年代後半から30年余りの期間、人口が減っています。

他の国々の人口は増えているのに対して、日本は人口が減っているので晩婚化に対する施策が必要と言えるでしょう。2010年に1億2800万人だった人口が現在は2700万人ほど減ってきています。

働く人の雇用や年金、医療の充実をより強化する必要があると言えるでしょう。

年度人口の数
1868年明治維新3000万人
1945第二次世界大戦終戦後7000万人
2010年1億2800万人
2016年1億1500万人

非婚化の比率とは

この表は男女の初婚の年齢を示したものですが、年々初婚の年齢が上がってきているのが分かります。その時代背景もありますが、一人でいてもそれほど不自由をしない世の中になってきており、人々の結婚に対する考え方が変わりつつあると言えるでしょう。

若い人の初婚の年齢が上がれば、晩婚化が進んでいるということになるので、国の施策を充実させることと、個人が持つ危機感を高めることも必要になってきます。

年度初婚男性初婚女性
1990年28.4歳25.9歳
2000年28.8歳27.0歳
2012年30.8歳29.2歳

晩婚化の言葉の意味と使い方とは

生きている人にとって、晩とはそのまま「夜」という時間帯を示しており、婚は結婚の意味でそのまま遅い結婚という意味を指しています。使い方としては、多くの人の婚期が遅いことを指す言葉として使われることが多いでしょう。

晩は晩年という言葉にも使われるので、遅いもしくは人生で多くの経験を積んだという意味で捉える人も多いです。晩年の結婚なので、そのまま晩婚と指すこともあるでしょう。

言葉は場面や状況に合わせて使う必要があるので、誰でも晩婚という言葉を使うのはやめておきましょう。

国民の結婚が遅れているという意味を持つ

晩婚はそのまま晩年の結婚を指しますが、「化」という文字がつくと社会全体のレベルでの結婚する年齢が遅いことを指します。

例えば「情報化」という言葉も社会全体を指しているので「化」という言葉は時に社会全体を指す言葉に変わることもあるでしょう。日本人の晩婚化が進んでいるという表現をしなくても、晩婚化という言葉で社会全体の初婚年齢が遅くなっていることを表します。

晩婚化が与える影響はどのようなものがあるのか

晩婚化が進むことでさまざまなリスクが高まります。経済的なことだったり、生活に困ることがおきます。晩婚化が進めば、それだけ婚期を逃す人が増えるので出生率が減ることでしょう。

晩婚化が進むことで、人口が減り、働く人がいなくなり、そのまま経済が疲弊することになります。若い世代の人の晩婚化をこれ以上進めないためには経済的な余裕を一人一人が持ち、人としての幸せを噛み締められる暮らしに意味を持てるかどうかが求められるでしょう。

少子化が進んでしまう

晩婚化が進めばそれだけ遅い年齢で結婚するので、女性は子供を作る機会が減ります。年齢的な問題が出てきてしまうので、子供を生む確率が減り少子化が進んでしまうでしょう。

晩年に結婚する人は、経済的に余裕がある人も多く子供を持つことにそれほど重要性を感じないこともあるので、晩婚化が進んでいることはそれらの価値観の変化も影響しています。

結婚式を挙げる人が減りブライダル業界が疲弊する

晩婚化が進めば、若いカップルのように結婚式をする人が減ります。年齢的に照れ臭いという意味も持ち合わせることも理由になっていますが、若い人でも結婚式や新婚旅行をすることに昔ほど憧れを感じない人も増えているということも理由になっているでしょう。

晩婚で結婚した人はもちろん、若い人の考え方も変わりつつあるので、結婚式を上げる人が減りプライダル業界が疲弊することに繋がっています。結婚相談所なども一人一人の理想が高く、なかなかマッチングさせるのも難しくなっていると言えるでしょう。

働く世代の減少が起きる

人口が減ることで働く世代が減り、従業員を集められなくなり、倒産する会社が増えます。働く世代の減少は、日本のGDPを下げることにも繋がるので、晩婚化が進むことで出生率が減ればそれだけ働いている人一人一人に負担がかかることになるでしょう。

働く世代の晩婚化が進めば、働く人の人口が減り、それだけ国力の低下に繋がるので政府は施策を講じることに必死になっています。

税金を納める人が減り財政が悪化する

若い人の晩婚化が進めば、人口が減るので将来働く人が減り、税金を納める人が少なくり財政は逼迫します。現在は、外国人の方を日本に迎えて当面の労働力にしようと考えられていますが、問題も多く、なかなか若い労働力を得ることには繋がっていません。

若い人はもちろん、働くすべての世代の人に希望を感じることができなれば、結婚という選択肢はでてこないでしょう。それにはまず人々の繋がりを重要視した、人との付き合いを一人一人が重んじなければ晩婚化や未婚は進むばかりです。

晩婚化に対するおすすめの本ってどんな書籍?

晩婚化が進んでいる昨今では、真の幸せの意味や結婚に対しての意味を問うものが多いです。自分が晩婚化に対してどのような思いを持っているかで読む本を選んでいきましょう。

他人の価値観を知る機会を書籍で知ることや、これからの晩婚化を生きるために必要な知識などが載っている本を選んでもよいです。時代が変われば人が持っている価値観は変わるので、物資的な幸せを求める人に向けた本でもよいでしょう。

人は死ぬまで結婚できる晩婚時代の幸せの掴み方

東洋経済オンラインで連載があった記事をまとめた書籍です。人生100年時代を見据えて、「孤独死」や「独居老人」といったワードについて具体的な例をあげて説明しているので、読む人にとっては説得力がある内容でしょう。

結婚したい人がどうすればいいのかのアドバイスなども書いてあるので、婚活をする人にも向けた本となっています。結婚という束縛されたイメージを払拭することも学べるので、人生を長く生きるためには必要な知識を得るために最適な本と言えるでしょう。

「結婚についてのアプローチを具体的にかつ分かりやすく書いてあります。結婚したい人にはオススメの本です。」「本全体に「結婚して人と生活するっていいものだよ」という暖かいメッセージを感じます」

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E3%81%AF%E6%AD%BB%E3%8... |

晩婚化に合わせた暮らし方をする

社会全体の価値観を変えることは難しいので、時代の流れに乗り賢く暮らすことが必要になります。そのためには、晩婚化だということを受け入れて暮らしていく方法もあるということを覚えておきましょう。

自分一人の考えでは、多くの人の価値観を変えるのは難しいので自分なりの情報を集めて、他人に迷惑をかけないように生きるしかないのです。晩婚化は悪いことではないですが、時には流れに任せて暮らすことも必要になるでしょう。

お墓を持たない生き方を選ぶ

晩婚化が進めば、それだけ独り身になる確率が上がります。今は、お墓を維持するのも、子供がいなければ無理な場合があるので、お墓を持たない暮らしを選ぶことも考えましょう。

若い人の晩婚化が進めば、悲しい別れなどで一人でいる確率が上がるのでそれだけ身軽にしておく生き方を選べるようにします。昔ながらの考えをなくすことで楽になることもあるので、家族葬や海に散骨することなども考えておきましょう。

家族を持たないことで蓄えを増やす

晩婚化が進めば、家族が少なくなるので、それだけ支え合う人が減ります。その場合、貯蓄や仕事を安定させることで、晩婚化の対策としましょう。

支え合う家族がいない人は、自分でできることをしていく必要があります。若い人でも晩婚化が進むことで結婚のチャンスが全くないわけではないので、価値観を共有できる人を探すためにも貯蓄をしましょう。

晩婚化が進んでも対応できるようにしておこう!

「晩婚化」について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。晩婚化は結婚する多くの人の年齢が高くなることを示していると言えるでしょう。晩婚化が進んでも幸福感を感じることはできるので、結婚することを選んだり、自分なりの幸せを感じることができます。

働く人の晩婚化が進んでも、生活を安定させることで早い時期に結婚することも可能なので、仕事や生活を安定させて対応できるようにしておきましょう。

Latests