Search

検索したいワードを入力してください

「おぼつかない」の意味の使い方・例文・漢字表記・類語

初回公開日:2018年05月28日

更新日:2018年05月28日

記載されている内容は2018年05月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「おぼつかない」という言葉を聞いたことがあるでしょう。「おぼつかない」とはどういった意味の言葉でどのように使う言葉なのでしょうか。ここでは「おぼつかない」の意味や使い方、例文、類語などをみていきます。またその語源などについてもご説明します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「おぼつかない」の意味の使い方

「足元がおぼつかない」「おぼつかない記憶」などのように、「おぼつかない」というフレーズを使った表現は多くあります。では「おぼつかない」とはいったいどういった意味なのでしょうか。また、「おぼつかない」を使った例文や類語、対義語にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは「おぼつかない」の意味や使い方についてみていきます。

「おぼつかない」の意味

「おぼつかない」の意味は一つだけでなく、いくつかあります。前後の文脈によって意味が変わってくる言葉になります。「おぼつかない」の意味と例文は以下のようになります。

1.信用できず疑わしい

「おぼつかない」には「ものごとの成り行きが疑わしい」「信用するには保証がない」「うまくいきそうにない」という意味があります。「おぼつかない」という言葉を「ものごとの成り行きが疑わしい」「うまくいきそうにない」という意味で使った例文は以下のようになります。

(例文)
1.「今の成績では合格するのはおぼつかない」
2.「今年の収穫は昨年並みの収穫はおぼつかない」
3.「いまの仕事ぶりでは昇給はおぼつかない」

2.不確実性

「おぼつかない」には、「はっきりしない」「疑わしい」という意味があります。「おぼつかない」という言葉を「はっきりしない」「疑わしい」という意味で使った例文は以下になります。

(例文)
1.「おぼつかない記憶を何とかたどっていく」
2.「その資料は根拠におぼつかないところがある」

3.頼りない

 「おぼつかない」には「しっかりせず頼りない」「心もとない」という意味があります。「おぼつかない」という言葉を「しっかりせず頼りない」「心もとない」という意味で使った例文は以下のようになります。

(例文)
1.「足元がおぼつかない」
2.「おぼつかない手つきで箸を持つ」

4.はっきりしない

「おぼつかない」には「はっきりしない」「ぼんやりしている」という意味があります。「おぼつかない」という言葉を「はっきりしない」「ぼんやりしている」という意味で使った例文が以下のようになります。

(例文)「おぼつかない灯がともっている」

「おぼつかない」の漢字表記

「おぼつかない」の意味や使い方についてみてきましたが、「おぼつかない」とは漢字表記でどのように書くのでしょうか。ここでは「おぼつかない」の漢字表記の仕方についてみていきます。

覚束ない

「おぼつかない」を漢字表記すると「覚束無い」となります。しかし、この表記は当て字です。「おぼつかない」の「おぼ」とは「おぼろげ(朧げ)」の「おぼ」からきており、「はっきりしないさま」を表します。また、「つか」は「ふつつか(不束)」の「つか」と同じ接尾語です。そして「ない」も形容詞をつくる接尾語です。

そういった語源を知ると、「覚束無い」のように「おぼつか」と「無い」に分かれるような表記をすること自体が本来の意味とは合っていません。しかし、漢字表記は「覚束無い」ですので、漢字表記があとから当て字でそのようになったということです。

漢字表記としては「覚束無い」で問題ありませんので、どうしても漢字で書く場合には「覚束無い」と書きましょう。

「おぼつかない」の類語

「おぼつかない」の類語にはどのような言葉があるのでしょうか。「おぼつかない」は一つの意味ではなく、広い意味があるためいろいろな類語があります。ここでは「おぼつかない」の類語をみていきます。

1.「信用できず疑わしい」の意味の類語

「おぼつかない」のうち、「信用できず疑わしい」「信用するには保証不足だ」という意味の類語は以下になります。

・「あやふや」
・「いぶかしい」
・「疑わしい」
・「心許ない」

2.「不確か」の意味の類語

 「おぼつかない」のうち「不確か」「不確実」という意味の類語は以下になります。

・「あいまい」
・「怪しい」
・「いかがわしい」
・「胡散臭い」
・「いぶかしい」

3.「頼りない」の意味の類語

 「おぼつかない」のうち「頼りない」の意味の類語は以下になります。

・「頼りない」
・「心許ない」
・「不確か」

4.「現実視覚的不確定」の意味の類語

「おぼつかない」のうち「現実視覚的に不確定である」という意味の類語が以下になります。

・「おぼろ」
・「朧気」
・「不分明」
・「仄か」
・「曖昧」

「おぼつかない」の例文

「おぼつかない」の意味や類語をみてきましたが、ここでは「おぼつかない」を使ったさまざまな例文をみていきます。

おぼつかない手つき

「おぼつかない」の意味で「頼りにならない」という意味があります。「おぼつかない」をそのような意味で使う場合には、例えば「おぼつかない手つきだった」「足元がおぼつかない」などのように使われます。これらの文は、「頼りない手つきだった」「足元がしっかりしない」という意味です。

おぼつかない足取り

「おぼつかない」をつかった言葉には「おぼつかない足取り」という使い方もあります。これは、「ふらふらとした足取り」「よろめいている足取り」「フラフラして」というような意味になります。酔っぱらって足取りがふらついている人などの表現に「おぼつかない足取り」と使うことが多いです。

または、「生まれて間もない赤ちゃんで、きちんと歩けない」というような場合にも「おぼつかない足取り」と使います。

方言での「おぼつかない」の意味

「おぼつかない」は、意味が多数あるということがわかりました。そして、「おぼつかない」という意味にあてはまる方言も多数あります。「おぼつかない」の意味の方言は、例えば以下のようになります。

1.長野県佐久
「たっこねー」→意味;「たどたどしい、おぼつかない」
(例文)「たっこねー喋り方して(おぼつかない喋り方して)」

2.青森県
「てぼけ」→意味;「手がおぼつかないさま、不器用」
(例文)「てぼけだがら、うまぐいがね(手がおぼつかないから上手にできない)」

敬語での「おぼつかない」の使い方

「おぼつかない」を敬語表現で言うとどうなるのでしょうか。「おぼつかない」とは、「おぼつく」という動詞を否定して「ない」をつけた言葉ではありません。「おぼつかない」を「おぼつきません」とは言いません。

「おぼつかない」は、「おぼつか」に接頭語をつけて「ない」がついたことでできた言葉ですので、そもそもこの言葉を敬語表現はできません。この末尾の「ない」は否定の形容詞ではなく意味を強調する形容詞を形成する「ない」です。

「ない」という接尾語がついた言葉

「おぼつかない」とおなじように「ない」という接尾語がついた言葉には以下のような言葉があります。

・切ない
・滅相もない
・せわしない

これらの言葉を敬語表現しようとして、例えば「せつ・ありません」とはいいません。同じく「おぼつか・ありません」などとはいわないということです。

否定の「ない」の言葉

上述で「おぼつかない」の「ない」は否定の意味ではないことをご説明しましたが、では「ない」が否定である言葉はどのようなものがあるのでしょうか。以下が「ない」が否定の意味で使われている言葉です。

・限りない
・申し訳ない
・頼りない

これらの言葉の「ない」は否定ですので、これを敬語表現で例えば「申し訳ありません」「頼りありません」とすることは可能です。

古語での「おぼつかない」の使い方

古語において「おぼつかない」は、「おぼつかなし」という型になり、名詞として様子を形容する場合には「おぼつかなき様子」のように表現されます。よく間違えてしまう形としては「おぼつかぬ」という使い方です。

前述にもありますように「おぼつかない」は「おぼつく」という動詞を否定したかたちではなく、「おぼつく」という形容詞に接尾語の「なし」をつけて強調させた言葉ですので、否定の助動詞である「ず」の連体形「ぬ」をつける形は文法的に間違いだといえます。

古文の「おぼつかなし」の意味と使い方

古文では「おぼつかない」ではなく「おぼつかなし」という形容詞のク活用で使われます。以下に意味別に使い方をみていきます。

1.ぼんやりしている

「おぼつかなし」の意味には「はっきりしない、ほのかだ、様子がはっきりしない」といった意味があります。徒然草などで「おぼつかなきさましたる」という表現が使われており、これは「はっきりしない様子をしている」という意味で使われています。

2.気がかりだ

「おぼつかなし」には「気がかりだ、不安だ」という意味があります。枕草子に「いずこもおぼつかなからず」という使い方をしている文があります。これは「どこへでもきがかりでなく」という意味です。

3.不審だ

「おぼつかなし」には「不振だ、疑わしい」という意味があります。徒然草の一節に「おぼつかなくこそ」という部分があります。これは「不審に思う」という意味で使われています。

4.待ち遠しい

「おぼつかなし」には「待ち遠しい、会いたくおもっている」という意味があります。源氏物語の明石の章に「恋しうおぼつかなき御さまを」という文があります。これは「恋しく会いたいとおもっているお姿を」という意味になります。

「おぼつかない」を英語で表現すると

「おぼつかない」という言葉にはいろいろな意味があるということをみてきましたが、では「おぼつかない」を英語で表現するとどのようになるのでしょうか。以下にご紹介します。

1.頼りない

「おぼつかない」には頼りないという意味があります。例えば「おぼつかない足どりで」などのように使います。英訳すると以下になります。

・「with unsteady steps」(おぼつかない足どりで)

2.信用できず疑わしい

「おぼつかない」には「疑わしい」とか「見込みがない」という意味があります。英訳すると以下のようになります。

・「uncertain」「doubtful」(疑わしい)
・「unlikely」「almost hopeless」(見込みのない)

3.はっきりしない

「おぼつかない」には「はっきりしない」という意味があります。英訳すると以下のようになります。

・「in faltering English」(おぼつかない英語で)

「おぼつかない」の意味と使い方をおぼえましょう

いかがでしたか。「おぼつかない」という言葉にはさまざまな意味があり、いろいろな意味合いで使うことができることがわかりました。また、「おぼつかない」の「ない」は否定形ではなく「接尾語」であることから「ありません」などの言葉では言い換えることができないということもわかりました。

「おぼつかない」はこれで一つの意味を成すため、現代語として使う場合には「おぼつきません」のように間違った使い方をしないようにしましょう。また、古語でも「おぼつかなき様子」「おぼつかなし」といった形で使いますが、「おぼつかぬ」という使い方は文法的に間違いだということもおぼえておきましょう。

Latests