Search

検索したいワードを入力してください

「めいいっぱい」の意味と使い方・同義語|せいいっぱい/漢字

更新日:2022年08月10日

言葉で励まされ、言葉で癒される、言葉にはいろんな力があります。そんな美しく正しい言葉を使って、より良い毎日が過ごせたら素敵なことです。そこで「めいいっぱい」を使った例文や類語、同義語なども例文を使って紹介します。「めいいっぱい」を正しく使いましょう。

「めいいっぱい」の意味

「めいいっぱい」という言葉は普段テレビや本などで使われている言葉です。意味を深く考えずに使うと間違った表現の仕方になる場合があります。ここでは知っている意味かを見てみましょう。

「めいいっぱい」の意味は、「限度まで達している」「目盛りいっぱい」「限界ギリギリ」などです。限度があり容量を超えないギリギリのことをいいます。

もともとは目盛りいっぱいというビジュアル的なこととしての表現でしたが、これが変化して精神的なことにも使われるようになりました。副詞として使われることもあります。

「めいいっぱい」の使い方・例文

「めいいっぱい」には幅広い使い方があります。前にも述べたようにビジュアル的にわかることに使う場合や精神的なことに使う場合同じ「めいいっぱい」でも使い方はたくさんありますので例文を挙げて紹介します。

ビジュアル的なこと

・カバンにめいいっぱい書類を詰めんで、出かける

・コップにめいいっぱい水を注いで飲み干す

・涙をめいいっぱいためて、堪える

・お弁当におかずをめいいっぱい詰めて、ピクニックに行く

・お風呂にめいいっぱいお湯を沸かして、身体を暖める

以上のように、目に見える限度ギリギリの状態を表しています。

精神的なこと

・めいいっぱい走ったので息切れした

・めいいっぱいの力で戦って、勝利した

・めいいっぱいのやさしさに包まれて、幸せな気持ちになる

・めいいっぱいのサービスでもてなされ、気持ち良く買い物ができた

・めいいっぱい勉強して受験に挑んで、合格した

以上のように、精神的な気持ちを表しています。

「めいいっぱい」を楽しむ

「めいいっぱい」で楽しい表現ができます。言葉ひとつでで自分も周りの人も楽しくなります。

めいいっぱい子供と遊ぶ

ただ単に「子供と遊ぶ」と表現するよりも「めいいっぱい」を使うことで楽しいイメージになります。大人も一緒に遊ぶ子供にとっても楽しいイメージが浮かびます。

めいいっぱい楽しくお酒を飲む

楽しいお酒の席でいい時間を過ごせたようすが浮かびます。楽しい仲間の笑顔がみえてきます。めいいっぱいをつけることで限度を超えず羽目を外さない程度を表します。

めいいっぱいの応援で会場が盛り上がる

スポーツ観戦やコンサート会場の熱気が伝わってきます。楽しい雰囲気で活気のあるイメージがします。めいいっぱいを使うと気持ちのこもった応援が浮かびます。

「めいいっぱい」の類語・同義語

次のページ:「めいいっぱい」に関連する例文

初回公開日:2018年06月13日

記載されている内容は2018年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests