Search

検索したいワードを入力してください

「おあつらえ向き」の意味と使い方・類義語・語源・敬語|皮肉

初回公開日:2018年05月29日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2018年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「おあつらえ向き」という言葉を聞いたことがありますか。「最適」「ぴったり」などという言葉と同じように使うことができます。普段の会話やビジネスの合間の雑談に用いても、使い勝手の良い慣用表現です。語源や使い方を知ることで、あなたの表現の幅を広げていきましょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ことわざ「おあつらえ向き」の意味と使い方・例文

「おあつらえ向き」という言葉を耳にしたことはありますか。または自分で「おあつらえ向き」という言葉を使って表現したことがありますか。小説やマンガのシーンなどでよく使用されているイメージのある「おあつらえ向き」という言葉ですが、実際に使うことも多いことわざです。

今回は「おあつらえ向き」ということわざの語源や意味、使い方などについて例文を交えてお話していきましょう。

「おあつらえ向き」の意味

辞書などでは「あつらえ向き」という形で掲載されている場合が多いです。あつらえ(誂え)とは、「注文して、服や道具などの物を作らせること」または「注文して作らせた物」を指します。「向き」とは「向いている方向」「物や事柄に適していること」を指します。

このことから、「あつらえ向き」とは「物や事柄が注文どおりであること」「状況や環境が自分の希望どおりであること」を指し、敬意を表す接頭語の「お(御)」をつけ、「まさに注文どおり=おあつらえ向き(御誂え向き)」という慣用表現として用いられています。

[名・形動](多く「おあつらえむき」の形で)注文どおりであること。希望どおりであること。また、そのさま。「開会式にお誂え向きな上天気」

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/4991/meaning/m0u/%E8%AA%8... |

「おあつらえ向き」の使い方・例文

「おあつらえ向き」とは、「自分の希望どおりであるさま」「自分の注文どおりであるさま」を指します。いくつか例文を紹介していきましょう。

「ゴルフにはおあつらえ向きの良い天気だね」

「ゴルフをするのに丁度良い天気になった」という意味で「おあつらえ向き」が使われています。

「今日という日におあつらえ向きの背広じゃないか」

「仕事のイベントやパーティなどの雰囲気にちゃんと合わせた服装をしてきた」という意味で「おあつらえ向き」を用いています。

「君におあつらえ向きの良い仕事があるよ」

「その人の特性を活かせる、その人に向いているぴったりの仕事がある」という意味で「おあつらえ向き」が使われています。

「おあつらえ向き」の類義語・言い換え

「おあつらえ向き」という慣用表現を、他の言葉で置き換えて表現することは可能でしょうか。「おあつらえ向き」と同様の意味を持つ単語や表現をいくつか挙げていきましょう。

ばっちり

「ばっちり」とは、「見事に」「完璧に」という意味の副詞で、動詞や形容詞を修飾するための言葉です。

「今日の服はばっちり決まっているね」などと、その状況や環境に合っているさまを表す時に使う事ができます。

「おあつらえ向き」は、名詞または形容動詞として用いる言葉なので、「今日はおあつらえ向きの服装だね」など、何か(名詞)「おあつらえ向き」の物事を修飾するために用いるか、「おあつらえ向きだね」とそのまま動詞として使います。

ぴったり

「ぴったり」とは、「ぴたり」が言いやすく変化した言葉で、副詞として用いられます。意味は「少しの狂いもなくぴたりと合うさま」「うまく適合するさま」「一致しているさま」などが挙げられます。

「君にぴったりの背広だね」「その背広、君にぴったり合うね」などと、使うことができます。

また、「おあつらえ向き」な状態をさらに強調するように「君におあつらえ向きのぴったりな背広があるよ」などと、「おあつらえ向き」と合わせて表現に用いることも可能です。

最適

「最適」とは漢字のとおり、「最も適しているさま」を表す名詞または形容動詞です。「おあつらえ向き」とほぼ同様に用いることができます。

「あなたに最適なお仕事をご提案しますよ」「あなたにおあつらえ向きの仕事がありますよ」というように、少し口語よりで慣用表現の「おあつらえ向き」に対して、固い感じの表現に汎用的に用いることができるので、ビジネスシーンや目上の人との会話におすすめの言葉です。

「おあつらえ向き」は皮肉として使う言葉か

「おあつらえ向き」とは注文どおりに服や道具を仕上げるということから、「自分の希望どおりに」「自分の状況に適した」という意味で用いられる言葉です。使い方によっては、皮肉にも取れる言い方で用いることができます。

「あなたみたいな人にはおあつらえ向きのお話じゃないかしら」

話す側が相手を下に見ている場合、会話の中に「おあつらえ向き」という表現を入れることで、「あなたに合った(程度の低い)内容のお話ですね」という嫌みのこもった言い方にすることができます。

「おあつらえ向き」という言葉自体には皮肉的な意味はありませんので、相手に対して皮肉の意味合いを込めた表現にするためには「おあつらえ向き」という言葉を使う時の状況を考えて用いてみましょう。

「おあつらえ向き」の語源

「おあつらえ向き」の「あつらえ」とは、注文で服や道具を作ることで、いわゆる「オーダーメイド」の品を指します。注文で作った服や道具が、自分が使用する状況や場面に適している事を「おあつらえ向き」と言います。

このことから、自分の望んだ状況や場面に望みどおりに遭遇したり、期せずして希望どおりの状況が自分に巡ってくることを、服や道具にこだわらず「おあつらえ向き」という慣用表現を用いて表すようになりました。

「おあつらえ向き」と「うってつけ」の違い

「おあつらえ向き」は「服を注文どおりに仕立ててもらったかのように、自分にとって思いどおりな状況」を指す時の慣用表現ですが、「おあつらえ向き」と似たような表現として「うってつけ」という言葉があります。

「うってつけ」は、「おあつらえ向き」と同じように使うことができるのでしょうか。「おあつらえ向き」と「うってつけ」の違いについて説明していきます。

「うってつけ」の意味

「うってつけ」は、「それに合うものが他にはないと言えるほど、ぴったりである様子」「物事がぴたりと合っていること」という状態を表す意味で用いられ、「おあつらえ向き」の類義語として挙げられる機会の多い言葉です。

「うってつけ」の語源

「物事がぴたりと合っていること」という意味を持つ「うってつけ」という言葉の語源について考えてみましょう。「うってつけ」に漢字を当てはめると「打って付け」になります。「打って付け」の「打つ」とは木材に釘を打ち込むことを指し、「付け」は木材同士をくっつけることを表しています。

このことから、「うってつけ」という言葉は、「木材に釘を打ち込んでぴたりと当てはめたように、合っていること」という意味で使われています。

「うってつけ」の使い方・例文

「うってつけ」という言葉もまた「おあつらえ向き」と同様に使う事ができます。

「そういう仕事にうってつけの人物がいるよ」

「狭い部屋だが駅も近いし、職場に行くだけならうってつけの環境にあると言えるね」

「暑い季節のクールダウンにうってつけといえば、キンキンに冷えたビールでしょう」

このように、「うってつけ」を使った部分を「おあつらえ向き」に変えても、ほぼ同様の意味になる文章を作ることが可能です。

「うってつけ」と「おあつらえ向き」の違いは

「うってつけ」も「おあつらえ向き」も「物事や希望にぴたりと合うさま」という意味で用いることができる慣用表現です。

強いて気をつけて用いるならば、「うってつけ=釘を打って木をぴたりと当てはめるさま」「おあつらえ向き=注文した服が自分にぴたりと合うさま」と、いうように、どちらも語源となっている事柄が明確です。

したがって、「服装や服飾小物などが自分や相手に似合っている」「服などの身に着ける物が体にフィットしている」という状態を表したい時には「おあつらえ向き」を優先して使うことをおすすめします。

ただし、特に服装の話でも「今日という日にうってつけのスーツだね」などと、「うってつけ」を用いても自然に表現できるので、語感や会話の雰囲気などお好みで使い分けることも可能です。

「おあつらえ向き」は敬語なのか

「おあつらえ向き」という言葉自体は、「自分にとって都合がいい状況」「自分の望みどおりの展開」などを表す時の慣用表現なので、敬語の中で「おあつらえ向き」を使いたい場合はそのまま「おあつらえ向きですね」などと使いましょう。

もしくは、「おあつらえ向き」という言葉は使わず、近い意味の「都合が良い」「適している」などの言葉を「(あなたの)ご都合にあった」「最適ですね」と、丁寧に言い換えて使ってみるのもおすすめです。

「おあつらえ向き」を状況に応じて使いこなそう

「おあつらえ向き」という言葉は、「自分に合ったオーダーメイドの物を注文して、それを身につけること」に例えた「状況や物事が、自分や相手の希望どおりな様子」を表す慣用表現です。

「最適な」「ぴったり」など、よく耳にする言葉で表すこともできますが、慣用表現を知っておくことで、あなたの表現の幅が広がります。また、同じ意味の言葉を複数知っておくことで、その言葉に適した状況や雰囲気を判断して使い分けることも可能です。

「おあつらえ向き」という言葉の、本来の意味や正しい使い方を知って、状況に応じて正しく使うことであなたのコミュニケーション能力を高めることへ繋げていきましょう。

Latests