Search

検索したいワードを入力してください

「心置きなく」の意味と使い方・類語・敬語・語源・反対語

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2018年05月30日

記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「心置きなく」という表現を聞いたことはありませんか。日常生活やビジネスシーンで活用される言葉ですが、実際にはどのような意味や使い方があるのか、疑問点も多いのではないでしょうか。この記事では、「心置きなく」の意味や使い方、例文などをご紹介していきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「心置きなく」の意味と使い方・例文は?

日常生活やビジネスシーンで、「心置きなく」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。しばしば使用される表現ですが、正確にはどのような意味や使い方があるのでしょうか。詳しくご紹介します。

「心置きなく」の意味は?

「心置きなく」には、以下のような意味があります。基本的には「心置きなく〜する」のような表現が多く見られます。

こころおきなく【心置き無く】
( 副 )
〔形容詞「こころおきない」の連用形から〕
① 他者に対して気兼ねしないさま。遠慮なく。 「 -語り合う」
② 心に心配事や不安がないさま。安心して。 「 -旅に出る」

出典: https://kotobank.jp/word/%E5%BF%83%E7%BD%AE%E3%81%8D%E7%8... |

「心置きなく」の意味の特徴は?

「心置きなく」の意味は、「遠慮なく」と「安心して」に分けて考えることができます。例えば「心置きなく話してください」と表現すると、「遠慮なく話してください」といった意味になります。「心置きなく出発する」であれば、「安心して出発する」という状態を意味します。

一方で、「遠慮なく」と「安心して」という意味は、必ずしも使い分けられるとは限りません。「心置きなく話してください」であれば、「遠慮なく話してください」だけでなく「安心して話してください」という意味で考えることもできます。

「心置きなく」の品詞は?

「心置きなく」は副詞になります。副詞は、動詞や形容詞、副詞を修飾する品詞です。例文をもとに、詳しく考えてみましょう。

「心置きなく」の場合、「心置きなく〜する」という使い方が基本です。「〜する」という部分は動作を示すので、動詞が入ります。そして、「〜する」の部分を補足する表現として、「心置きなく」が入ります。つまり、「心置きなく」は「〜する」という動詞を修飾しているので、副詞となります。

「心置きなく話す」であれば、「話す」という動詞を「心置きなく」という副詞が修飾しています。どのように「話す」のかを補足する、つまり修飾する表現として、副詞の「心置きなく」が使用されていることになります。

「心置きなく」の使い方・例文は?

それでは、「心置きなく」の使い方を具体的に見ていきましょう。いずれも「心置きなく〜する」という状態を示します。

「心置きなく話す・語る」

「心置きなく話す・語る」の使い方としては、次のような例文があります。

「心置きなく語り合う。」
「心置きなく話し合う。」
「心置きなく話してください。」

この場合の「心置きなく」は、基本的には「遠慮なく」と「安心して」のどちらでも意味が通じます。「心置きなく語り合う」であれば、「遠慮なく語り合う」のほか、「安心して語り合う」というニュアンスで考えることもできます。

また、先ほども述べたように、「心置きなく話してください」は「遠慮なく」と「安心して」のいずれの意味でも使用できます。

「心置きなく楽しむ」

「心置きなく楽しむ」という使い方もしばしば見られます。「心置きなく〜を楽しむ」と表現することが一般的で、例えば次のような例文があります。

「心置きなく読書を楽しむ。」
「仕事が終わり、心置きなく映画を楽しむ。」
「心置きなく音楽を楽しむ。」
「体調が回復したので、心置きなく食事を楽しんだ。」

この場合の「心置きなく」は、基本的には「安心して」という意味で使用されます。「体調が回復したので、心置きなく食事を楽しんだ」であれば、「体調が回復したので、安心して食事を楽しむことができた」という状態を示しています。この場合は誰かに遠慮しているわけではないので、「安心して」という意味で考えることができます。

その他の例文は?

「心置きなく」は、ほかにも多くの使い方ができます。例えば、

「心置きなく食事をした。」
「心置きなく部活に打ち込むことができた。」
「体調が回復したので、心置きなく外出ができる。」
「心置きなく仕事に集中できた。」

といった表現があります。「心置きなく」を使用する例は多く見られ、さまざまな言葉と組み合わせることができます。

「心置きなく」のメールでの使い方は?

ビジネスシーンでお礼を述べる場合などで、「心置きなく」を使用する例があります。例えば飲み会後にお礼のメールを送る際に、「心置きなく楽しませていただきました」「心置きなく話し合うことができました」といったように、お礼に含める形で「心置きなく」を使用する使い方があります。

「心置きなく」の漢字の読み方や表記方法は?

「心置きなく」は、そのまま「こころおきなく」と読みます。また、「心置き無く」のように、「なく」を漢字で「無く」と表記する場合もあります。

一般的には、「心置きなく」と書く例が多いと言えます。「心置き無く」と書くと、どうしても「無く」の部分の印象が強いため、読みにくくなります。「心置きなく」に限らず、「無く」は平仮名で「なく」と表記する場合が多いです。

例えば、「〜することなく」といった表現でも、一般的には「無く」ではなく「なく」が使用されます。同じように、読みやすさを考えると「心置きなく」の使用が好ましいでしょう。

「心置きなく」の語源は?

「心置きなく」という言葉は、形容詞の「心置きない」の連用形が元になっています。また、「心置き」というのは、「遠慮」「心づかい」「気兼ね」といった意味があります。「心置きなく」は、この「心置き」のあとに「なく」が加わっているので、「遠慮なく」という意味になります。

「心置きなく」の類語・言い換え表現は?

「心置きなく」の類語は、「遠慮なく」と「安心して」に分けて考えることができます。「遠慮なく」の意味では、「晴れて」「存分に」「自由に」「気兼ねなく」などがあります。また、「安心して」の意味では、「安んじて」「憂いなく」などが類語として挙げられます。

「心置きなく」の言い換え表現は、上記で述べた類語のほかにも、いくつか考えられます。例えば、「遠慮なく」の意味は「迷いなく」などに置き換えることができます。また、「安心して」の意味は、「何の心配もなく」「不安なく」「楽に」「楽な気持ちで」「気楽に」「心残りなく」などが言い換え表現として考えられます。

「心置きなく」の反対語・対義語は?

「心置きなく」の反対語・対義語は、遠慮している状態や不安な状態を示す言葉になります。反対の意味を持つ表現としては、「遠慮して」「心残りに」「不安に」「不安な状態で」といった表現が考えられます。

「心置きなく」は、「遠慮なく~する」「安心して~する」という使い方が基本です。これらの反対の意味は、「遠慮して~する」「不安に~する」となります。このような使い方をする言葉は、一般的にはあまり見られません。「心置きなく」の反対の意味を示したい場合は、「遠慮して」や「不安に」といった表現を使用することになります。

「心置きなく」の敬語は?

「心置きなく」は、これだけでも丁寧な表現で使用される場合があります。例えば、「心置きなくお召し上がりください」といった表現があります。この場合、「お召し上がりください」が敬語表現として使用されているので、「心置きなく」をそのまま使用しても丁寧な印象があります。

「心置きなく」を敬語表現にする場合には、「お心置きなく」という表現が考えられます。これは、「心置き」を丁寧に表現して「お心置き」とし、「お心置きなく」と表現しています。

「心置きなく」と「気兼ねなく」の違いは?

先ほど述べたように、「心置きなく」の類語には「気兼ねなく」という表現があります。また、「心置きなく」には「他者に対して気兼ねしないさま」という意味も含まれます。いずれも「遠慮なく」という意味が含まれていますが、「心置きなく」と「気兼ねなく」は違いも見られます。両者の違いや使い分けについて、詳しく見ていきましょう。

「気兼ね」の意味は?

まず、「気兼ねなく」の「気兼ね」について考えてみましょう。「気兼ね」には以下のような意味があります。

きがね【気兼ね】
( 名 ) スル
他人の思惑などを考えて、気をつかうこと。遠慮。 「隣人に-する」

出典: https://kotobank.jp/word/%E6%B0%97%E5%85%BC%E3%81%AD-472510 |

「気兼ねなく」の意味は?

「気兼ね」は、「他人に対して気をつかうこと」や「遠慮」という意味があります。「気兼ねなく」は、「気兼ね」の後に「なく」が加わっているので、「遠慮せずに」「遠慮なく」といった意味になります。

「気兼ねなく」は、「誰とでも気兼ねなく話すことができる」「気兼ねなく楽しむ」「気兼ねなく語り合う」といった使い方があります。これらは「心置きなく」の使い方とほとんど同じです。

「心置きなく」と「気兼ねなく」の違いは?

「気兼ねなく」というのは、「気兼ね」をしないという意味です。「気兼ね」は「他人に対して気をつかうこと」「遠慮」を意味するので、「気兼ねなく」は「遠慮なく」という意味になります。つまり、基本的には「遠慮なく」という意味だけです。

一方で、「心置きなく」には、「遠慮なく」だけでなく「安心して」という意味も含まれます。先ほど述べたように、「遠慮なく」と「安心して」は使い分けが難しい場合もありますが、「体調が回復したので、心置きなく食事を楽しんだ」などの表現は、「遠慮なく」ではなく「安心して」という意味が基本です。誰かに遠慮しているわけではないからです。

この「体調が回復したので、心置きなく食事を楽しんだ」という表現で、「心置きなく」を「気兼ねなく」に変えると、若干違和感があります。遠慮というのは基本的に人に対するもので、自分で食事を楽しむ場合に使用するわけではありません。

「心置きなく」と「気兼ねなく」の使い分けは?

「安心して」という意味で使用する場合は、「気兼ねなく」ではなく「心置きなく」を使用することが基本です。一方で、「気兼ねなく食事をする」「気兼ねなく食事を楽しむ」という表現もあります。しかし、この場合は「遠慮なく」という意味が強いと言えます。

「遠慮なく」という意味で使用する場合、「心置きなく」と「気兼ねなく」は、ほぼ同じ使い方ができます。一方で、「心に心配事や不安がないさま」「安心して」といった意味では、「心置きなく」を使用した方が好ましいです。

意味と使い方をおさえて活用しよう!

今回は、「心置きなく」の意味や使い方、語源、類語、反対語・対義語、敬語などをご紹介しました。「心置きなく」には、「遠慮なく」と「安心して」という意味があります。それぞれで意味や使い方を考えると、イメージが浮かびやすいのではないでしょうか。

「遠慮なく」と「安心して」は、使い分けが難しい場合もあります。一方で、例文や使い方を考えるとイメージが浮かぶので、具体例をもとに考えることが重要です。また、「気兼ねなく」などの類語との違いも重要ですが、「安心して」というニュアンスが含まれているかどうかで判断すると、わかりやすくなります。

「心置きなく楽しむことができました」「心置きなく楽しませていただきました」などの表現は、ビジネスメールで使用されることもあります。「心置きなく」の意味や使い方をおさえ、日常生活やビジネスシーンでぜひ活かしてみてください。

Latests