Search

検索したいワードを入力してください

保守的の意味と使い方・保守的な人の特徴と付き合い方|上司

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんの周りに「保守的な人」はいますか。そもそも「保守的な人」とはどういう人のことを指しているのでしょうか。この記事では、保守的な人の特徴や性格、保守という言葉の意味を紹介します。周りに保守的だと感じる人がいる方は、是非読んでみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

保守的の意味と使い方

保守的の言葉の意味や使い方をご存知でしょうか。保守的という言葉を日常生活の中で頻繁に使う方は多くないでしょう。この記事では、保守的という言葉の意味や使い方、保守的な人の特徴などについてご紹介します。

保守的の言葉の意味とは

保守的とは、古くから伝わる伝統や歴史、文化などを大事にし、急激な変化を嫌うことです。政治的な場面での保守的の意味は、「守るべき伝統や文化は守り、社会に必要なものは考えた上で取り入れたり変えていきましょう」という考えを持ち、自由よりも秩序を尊重することです。

多少不便な点があっても、伝統や歴史を守ります。もちろん変えなければいけない部分は変え、新しく取り入れたい部分は取り入れます。先祖から受け継いだ考え方や伝統をとても大事にして守っていきます。

ずっと続いてきた伝統や文化を子孫には継承していかなければならず、考え方や伝統や文化、風習は現状維持したいと考えています。

保守的の言葉の使い方

そもそも保守的とは、以前からあるものを大事にして、急激な変化を苦手とする人のことをいいます。つまり、積極性やチャレンジ精神などが他の人に比べて少ないということを表したいときに使われることの多い言葉です。

保守的の言葉の使い方としては、「あの人は保守的な性格をしている」「あそこの県民は保守的な人が多い」などといったように使います。

保守的の対義語・反対語

保守的の対義語・反対語として挙げられる言葉には、「革新的」「進歩的」の二つがあります。「革新的」とは、今あるものを変えるという意味で、「進歩的」とは、とどまることなく進み続けるという意味です。

保守的は、昔ながらの習慣や風習を大事にして、急激な変化などを好まないという意味ですから、昔ながらの習慣や風習を新しく変えていこう、進歩させていこうという意味で使われる「革新的」や「進歩的」は、保守的とは反対の意味を持つ言葉であるといえます。

保守的の類義語

「保守的」の類義語は存在しません。保守的と同じような意味を持つ言葉として、「地味」や「控えめ」などの少し良くないイメージの言葉が使われます。そもそも保守的という言葉自体にネガティブなイメージもあるので、類義語もそういったイメージの言葉になってしまいます。

もうひとつ、保守と似たような意味の言葉で、「退嬰的(たいえいてき)」という言葉があります。進んで新しいことに取り組もうとしない様子や、新しい物事に積極的に取り組もうとしないことを表す言葉です。

保守的な性格とは

ここからは、保守的な性格の人の特徴をいくつか紹介します。人間にはいろいろな性格がありますが、周りに保守的な性格をした人はいるでしょうか。自分自身や友人知人などの性格と照らし合わせながら読んでみてください。

その1:変化を嫌う

保守的な性格をしている人は、環境の変化を嫌います。転職などで環境が変わることがありますが、保守的な人はそのような環境の変化を嫌います。

現状に多少の不満があっても、「もし転職して新しい職場で働くことになったときに、もっと過酷な環境だったらどうしよう」などと考え、転職を躊躇することもあります。

保守的な性格をしている人は、行動すれば、環境が上司や先輩などの理不尽な言動や仕事の環境などを良くすることができると分かっていても、変わることへの恐怖があり、行動に移すことができません。

その2:ネガティブ思考

保守的な人は、ネガティブ思考であるため、自分から積極的に行動することができません。リスクを負うことを嫌うため、リスクを背負って成功したときの喜びより、リスクを背負って失敗した場合の苦しみや後悔のほうが大きくなってしまいます。そのため、保守的な人は臆病な面もあります。

ネガティブ思考を持っているため、常にマイナスな方向に物事を考えてしまいます。周囲の視線が気になってしまったり、他人の意見に流されやすく、自分の意見が間違っていなくても、他の人と意見が違うと、一気に不安に陥ってしまいます。

その3:指示待ち人間になってしまう

保守的な性格をしている人は、自分から意見を言えずに、相手からの意見や要望、指示を待ってしまう傾向にあります。「自分の意見を言って、相手を失望させたり傷つけたくない」「相手に迷惑をかけてしまって、自分が傷つくのが嫌だ」というマイナス思考が指示待ち人間を生み出します。

常に受身姿勢で、いつまでも誰かの指示を待っていては、自分自身も成長することはなく、周りの人からも魅力的には見えません。些細なことでいいので、「私はこれをやってみたい」「私はこのようにしたい」と意見や提案をしましょう。それだけでもパッと周囲の印象が変わります。

その4:新しいことにチャレンジしない

保守的な人は、新しいことにチャレンジすることが苦手です。「失敗したらどうしよう」「周りの人に迷惑がかかってしまう」と考えてしまい、特に怒られるようなことがない場面であっても、チャレンジすることを躊躇します。

どんな些細なことでも、「これは楽しくないだろう」「上手くいかないだろう」「怒られるだろう」と少しでも不安要素があると、チャレンジすることを躊躇います。なぜなら、嫌なことが起こるのを避けたいからです。嫌な思いをするくらいなら、今までの選択肢を選んだ方が失敗するリスクも低く安心できると考えます。

保守的な社会の特徴

保守的な社会とは、どのような社会のことを言うのでしょうか。ここでは、日本や外国の例を挙げながら、保守的な社会がどのような社会なのかについてご紹介していきます。

日本人は保守的な人種

まずは、日本について見てみましょう。日本は、2,000年以上の長い歴史を刻んできている国であり、保守的な人が多い国です。それが理由で、日本人は、古くから伝わる歴史と伝統を守ろうとする傾向が強く、社会にも保守的な傾向が見られやすいと言えます。

2,000年以上の長い歴史を持つ日本人は、先人などの言い伝えを強く守ります。そのため、あまり意味は分からないけれど、誰かの言い伝えや先輩などの助言は守っておいたほうが無難だという考え方の人も珍しくありません。日本人には、このような保守的な人がたくさんいます。

中国は保守的国家だった

中国は、約13億人の人口を抱える、世界で一番人口が多い国です。そして、中国の北と南では、住んでいる人の性格的特徴に違いがあります。中国の北側に住む人は、保守的で権力志向、一方南側に住む人は、実利的で自ら進んで物事に取り組む人が多いといわれています。

中国は、ひとつの省が一国に匹敵する人口を有しており、日本人が考える以上に地域差があります。その中でも特に保守的な性格を持っているのは、河南省に住む中国人です。

河南省に住む河南人は、古くから農耕経済が発達しており、自給自足の生活をしていました。古風で素朴、温厚で親切な性格です。しかし、古くからのしきたりに固執し、保守的意識が強い傾向があります。

保守的なファッションとは

保守的なファッションの傾向を表す言葉として、「コンサバファッション」という言葉があります。衣服や伝統を重んじた控えめな服装のことをいい、日本の女性のファッション嗜好のひとつということができます。

ここからは、コンサバファッションとはどのような格好のファッションのことをいうのかについて紹介します。

コンサバファッションとは

コンサバファッションの「コンサバ」とは、「コンサバティブ」の略称で、「控えめな」という意味合いを持っています。お姉さん系や、控えめで清楚系のようなファッションのことを言います。女性の場合、女性の美しさや大人の可愛らしさを引き立ててくれるファッションです。

かっこよく決めたい場合は、ボトムスと合わせると、まとまりすぎず綺麗なお姉さん系のスタイルになり、かわいい系にしたい場合は、スカートと合わせることで、ふんわりとした女性らしい格好になります。

男性のコンサバ系ファッション

女性だけでなく、男性もコンサバファッションを着ることが増えています。男性のコンサバファッションは、あまり崩さず、きっちりとした少々堅苦しいファッションが特徴です。

男性のコンサバファッションは、カラージャケットやカラーパンツなどを取り入れるのも特徴のひとつです。他のファッションと比べて、自己主張が激しくないファッションなので、20代後半から30代の男性に人気があります。また、マフラーやストールなどの小物を活用することで、おしゃれさが増します。

保守的な上司の付き合い方

社会人になると、保守的な性格をした上司や先輩、同僚と仕事をしなければならないこともあります。そのような保守的な上司や先輩の部下になった場合、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。ここからは、保守的な上司とどのように付き合っていけばいいのかについて紹介します。

保守的な上司との付き合い方

保守的、無責任な上司は付き合いにくく、対応が少々難しいです。自分の地位を守ろうとし、自分の業務に屁理屈を言ってくる厄介者であることも少なくありません。

一般的に、保守的な上司は執念深い性格をしていることが多く、一筋縄ではいきません。あまりストレスを溜めてしまうと、自分の体調を崩してしまい、最悪の場合には、自分が退職するという選択肢を取らざる得ない状況になることもあります。

そこで、保守的な上司と上手に付き合う方法は、一人で対処しないで複数人で上司に対処することです。上司が保守的な判断しかできない場合、その判断をした場合のメリットやデメリットについて、みんなで意見を出すようにすることで、上司も保守的な意見を言いづらくなります。

保守的と自由主義の違いとは

よくテレビのニュースや新聞、ネットのニュースなどで「保守的」や「自由主義」という言葉をよく聞きますが、二つの言葉の意味を明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。ここからは、保守的と自由主義の違いについて見ていきます。

自由主義とは

自由主義や自由主義者は、保守的な人とは全く違う考え方を持っています。自由主義には、「革新」「改革」の意味があり、古い考え方や伝統、文化よりも新しいことを優先し、新しいことをどんどん取り入れていきましょうという考え方を持っています。自由主義は英語で「リベラリズム」といいます。

保守的と自由主義の違いは

保守的とは、伝統的な習慣や伝統、考え方を尊重し大事にして、それらを維持して急激な改革に反対する人のことです。対して自由主義とは、簡単にいうと「時代がどんどん進んでいく中で、個人が自由に意思を決定するべきだ」という考えを持つことです。

つまり、保守的と自由主義の違いは、古いものを守っていくか、古いものより新しいものをどんどん取り入れていくかという思想の違いです。

保守的な人は、「古くから伝わる伝統などをこれからも大事に守りながら生きていこう」という考えを持っており、自由主義の人は、「古い考えなんて捨てて新しいものをどんどん取り入れていきましょう」という考えを持っています。

保守的と革新的の違い

「保守的」と「革新的」という言葉も、ニュースや新聞などでよく使われる言葉です。では、この言葉の意味と違いとは一体なんでしょうか。続いては、保守的と革新的という言葉の意味について見ていきましょう。

革新的とは

革新的とは、制度や組織などを改めて、新しくしようとすることです。社会や制度を根本の部分から変えて新しくしてしまうことをいいます。

似たような言葉で、「改革」という言葉がありますが、改革は、「旧来からの制度や組織などを改めて変えること」という意味です。つまり改革は、もともとあるものの悪い部分を良くしていこうという意味です。

革新は、古くからあるものを改めて新しくしていくという意味なので、似たような言葉ですが、意味が違います。「革新」と「改革」を使うときには注意が必要です。

保守的との違い

保守的とは、先ほども説明したとおり、古くからの伝統を大事するという考え方です。革新的とは保守と真逆の考え方で、「国という体制、制度を否定し現状維持ではなく、すべてを最初から作り直しましょう」という考え方です。

しかし、現在では革新的ではなく、リベラルという勢力と保守派で分かれています。リベラルとは革新的と考え方は同じです。古い考えは捨てて一からやり直しましょう、古い考えは邪魔だからどんどん新しくしてしまおうという考えを持っています。

右翼と左翼の違いとは

右翼派と左翼派という言葉もニュースなどでよく耳にする言葉のひとつです。右翼派とは、保守的な思考を持っている人、左翼派とは、急進的・革新的な思考を持っている人たちのことをいいます。

どうして右翼、左翼と呼ばれるようになったのかというと、昔のフランスの議事会で、議事長の席から見て右側に保守派が座り、左側にリベラル派が座ったことが由来とされています。右翼派と左翼派の思想は全く違いますが、どちらも自分の国を少しでも良くしようという目的で活動しています。

保守的から一歩踏み出してみよう

保守的の言葉の意味、保守的な社会や保守的な人の性格について紹介してきましたが、少しでも保守的という言葉の理解は深まったでしょうか。

もし自分が保守的な性格をしていたら、自分がしたいことや理想、やりたいことをどんどん言葉にしてみましょう。自分の考えていることを他の人に話すのは勇気が要ることですが、自分の性格を少しでも変えたいと考えている人は、友人知人や家族に聞いてもらうだけでも構いません。

ほんの小さな行動が、自分を変える第一歩につながります。

Latests