Search

検索したいワードを入力してください

「となっております」の意味は?正しい使い方や例文も紹介!

更新日:2022年04月25日

「となっております」の使い方を論理的に理解している人は多くはないのではないでしょうか。この記事では、「となっております」の役割や間違った使用例、言葉を構成する要素などについて紹介しています。正しい言葉遣いが知りたい人は、是非、最後まで読んでみて下さい。

日本語は、諸外国語と比べても表現の幅が広い言語の1つです。

とても奥深い言葉であると同時に、状況によって正しく使い分けることが難しい言葉でもあります。とくに、ビジネスシーンでは言葉遣い1つで企業に対する信頼感に直結するため、きちんとした使い方を身に付けておく必要があるでしょう。

ここでは、「となっております」の正しい使い方を例文を交えて紹介します。

例文①「銀行振込のみとなっております」

「となっております」は、方法や手段を限定する場合に使われます。

オンラインなどで商品を購入する際に、「お支払いは銀行振込のみとなっております」という文言を目にするでしょう。これは「銀行振込でしか支払いは受け付けません」という旨を、利用者に対して不快な思いを感じさせずに伝えることを可能にしています。

ただ、「大変恐れ入りますが」などの断りの表現を組み合わせて使う場合、状況によっては無責任と感じられることもあるため、注意して使うことが必要です。

例文②「臨時休業となっております」

上記で紹介したように、「となっております」は何らかの事情によって変更が生じた旨を知らせる場合にも使われます。

お店の営業日の変更を伝える以外には、「〇月から値上げを行う予定となっております」などの料金設定の変更があるでしょう。ビジネスシーンにおいては「納期が〇月〇日となっておりますのでご確認をお願いいたします」などの、企業間でのやりとりに用いられます。

とくに公演や催し物など、天候に左右されやすいイベントの告知や変更を伝える際に違和感なく使える言葉です。

例文③「以下の通りとなっております」

ビジネスメールでイベントのお知らせなどを伝える際にも「となっております」は使われます。「以下の通りとなっております」を用いるだけで情報伝達にまとまりがでてくるでしょう。

「〇月〇日にバーベキュー大会を執り行います。日時は以下の通りとなっております」のようにイベントの概要を書き加えることで、簡潔で分かりやすいメールに仕上がります。

「ご注文商品の配達が完了しました。詳細は以下の通りになっております」などの業務連絡にも使用することができ、ビジネスシーンにおいて汎用性が高い言葉の1つと言えます。

「となっております」の間違った使い方の例文

次に紹介するのは、「となっております」の間違った使い方です。普段から自身が使っている言葉遣いが正しいものであるか、とくに社会人になったばかりの人が気になる部分でもあるでしょう。

間違いが多い例として、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」が挙げられるでしょう。「ご苦労様」は、目上の人が目下に対して使う言葉であり、間違って使用しているケースが散見されます。

「となっております」も間違って使われている場合があるため、例文とともに紹介します。

例文①「こちらが会議室となっております」

「こちらが会議室となっております」は「会議室はこちらでございます」が正しい使い方です。

「となっております」は場所を示す言葉として使えません。使うのであれば「こちらです」を丁寧な言い方で表した「こちらでございます」と表現すると違和感がないでしょう。店舗や会社の受付窓口で案内をする際に間違えやすいため、注意して使いましょう。

「ございます」は、動詞の「ある(在る・有る)」を丁寧に表した言葉です。「ある」がもつ意味として、「物事が存在する」や「その場所に位置する」などがあります。

例文②「次回の予定は◯月◯日となっております」

「となっております」は、予定や日付を表す場合にも誤使用となる可能性があるため、「でございます」を使いましょう。

一般的には「次回の予定は〇月〇日でございます」と表現されることが多く、あらかじめ決まった日時を伝える際に用います。しかし、急遽予定が変更になった場合には「となっております」を使うことが可能です。

「となっております」は格助詞である「と」を含んでいるため、それまでの状態から変化する旨を知らせるときに使います。用途に合わせて使い分けましょう。

例文③「お会計は〇〇円となっております」

次のページ:「となっております」と「になっております」の使い方の違い

初回公開日:2022年04月25日

記載されている内容は2022年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests