Search

検索したいワードを入力してください

「ズボンを履く」は正しい漢字表記?意味や英語表現・類語も紹介

更新日:2022年04月20日

「ズボンをはく」を漢字で書く時に「ズボンを履く」と「ズボンを穿く」どちらが正しいのか分からない人も多いでしょう。この記事では「ズボンを履く」という表現が正しいのか間違いなのか、意味や使い方と一緒に紹介しています。読んで、正しい表記を使えるようなりましょう。

「『ズボンを履く』って間違い?」
「『履く』と『穿く』ってどっちが正しい漢字なの?」
「英語で『ズボンを履く』と言いたい時はどういう表現になるの?」
このように、同じような意味がある「履く」と「穿く」の使い方に迷うことがあるという方は多いのではないでしょうか。

この記事では「履く」と「穿く」の正しい意味や使い方と、「ズボンをはく」の類語表現や英語表現について紹介しています。

この記事を読むことで、「ズボンをはく」の正しい漢字が分かります。また、人によっては、反対に覚えてしまっていたことに気づく場合もあるでしょう。

さらに、「履く」と「穿く」という漢字のそれぞれの意味を知ることで、ズボンだけでなく、他の衣類についても正しく表現できるようになります。

本記事を参考に、正しい表現を身に付けましょう。

「ズボンを履く」と「ズボンを穿く」はどちらが正しい?

「(衣類などを)はく」という意味の漢字には「履く」と「穿く」があります。そのため、どの衣類がどちらの「はく」で表すのか、迷ってしまう方も多いでしょう。

結論から言うと、「ズボンをはく」の表記として正しいのは「穿く」です。

日本語では、この2種類の漢字を、身に付ける衣類によって使い分けます。漢字の意味にはルールがあるため、それぞれを理解して使い分けられるようになりましょう。

「ズボンを履く」は正しい漢字表記?

ここでは、「ズボンを履く」という表記について見て行きましょう。この「履く」も、前述の「穿く」と同じように、衣類を身に付ける時に使われる漢字です。

「履く」と「穿く」それぞれの意味を知り、どの衣類でどちらの漢字が使われるのかを理解しましょう。

さらに、英語で表現する場合にも単語の違いがあるのか紹介するため、ぜひ参考にしてください。

「履く」の意味

「履く」にはどのような意味があるのか調べてみましょう。辞書などでは、靴や足袋などの履物をはく時は「履く」を使うと説明されています。

この時のポイントは、身に付けるものが履物であることです。そのため、スリッパや上履きなども「履く」になります。

漢字でも「履物」と表記されているため、比較的分かりやすいと言えるでしょう。

「穿く」の意味

次に「穿く」を調べてみましょう。辞書などでは、足を通して下半身に着る衣類の場合に「穿く」を使うと説明されています。

そのため、ズボンや袴、下着などにも「穿く」という漢字が使われます。自分が表現したいことが「履物」なのか「衣類」なのかによって、漢字を使い分けましょう。

「ズボンを履く」は間違い

ここまでで、「ズボンをはく」の場合には「穿く」という漢字を使うことがお分かりいただけたでしょう。

ズボンは下半身に着用する衣類のため、「ズボンを履く」は間違いです。

「履く」という漢字は、「靴を履く」「靴下を履く」など、足に付けるものの場合に限ると覚えておきましょう。

「履く」と「穿く」の英語表現

日本語では「はく」という読みで2つの漢字を使い分けますが、英語ではどのように表現されるのでしょうか。

英語では「衣類か履物か」ではなく、「動作」によって使い分けられます。「着る」という動作の場合は「put on」を、「着ている」状態の場合は「wear」を用います。

「ズボンを履く」の類語と衣類を身に付ける表現

ここからは、「ズボンをはく」と表現したい時の類語を紹介します。文章を書いている途中で、「穿く」の漢字が思い出せない場合など、覚えておくと役立つでしょう。

また、衣類を身に付けることを表現する言葉は、「はく」だけではありません。以下で、他の表現についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

次のページ:「ズボンを履く」は正式な表記ではない

初回公開日:2022年04月20日

記載されている内容は2022年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests