Search

検索したいワードを入力してください

itの複数形の英語は?混同しやすい代名詞についても解説!

更新日:2022年05月02日

「it」の複数形は何になるかパッと思い浮かびますか。難しいと思われがちな「it」ですが、用途や使い方が分かれば、何を指しているのか理解できるようになるでしょう。「it」の複数形についてだけでなく代名詞や目的格についても説明しているため気になる方はご覧ください。

簡単な英会話から、複雑なビジネス文書などの英文に至るまで、頻繁に使われている英単語の1つに、「it」があります。

英語の勉強を始めてすぐに出てくる単語でもあるので、馴染みの深い英単語です。

使い方はさまざまであるため、文章をしっかり理解していないと、どのことを指しているのか、分からなくなってしまいます。

今回、特集するのは、「it」の複数形についての解説です。

はじめに、「it」の使い方と変化について触れていきます。また、「it」には複数形がありますが、特徴的なのが、「it」と「they」で置き換えられる単複同形名詞です。「it」や「them」と混同しやすい代名詞についても触れていきます。

「it」の複数形を使えるようにする為に、「it」が、どのような時に使われているのか、どのように変化していくのかなど、紐解いていってみましょう。

itの複数形について解説!

日本語で「それ」という意味の「it」は単数形ですが、複数形もあります。複数形における格は、以下のの3つです。

・主格 「they」 それらは、それらが
・所有格「their」 それらの
・目的格「them」 それらを、それらに

その他に、主格である「they」で置き換えられる単複同形名詞という、特殊なものもあります。

・「it」と混同しやすい代名詞としての「them」
・「that」の複数形、「those」
・「this」の複数形、「these」
・「one」の複数形、「ones」

などが、主なものです。

itの使い方と変化

英語の文章の中によく出てくる英単語は、「it」です。とても便利な言葉ではありますが、文章の使い方や意味など、その時々でさまざまに変化していきます。

文章を読んでも「it」がどのような意味を示しているのか、分かりづらいこともあり、使いこなすのは少し難しいでしょう。

今回は、「it」の使い方と変化について3つに分類して解説していきます。

次のページ:itの複数形は?

初回公開日:2022年05月02日

記載されている内容は2022年05月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests