Search

検索したいワードを入力してください

おかげさまでの意味・使い方・例文|目上の人に使うのはOK?

更新日:2022年07月20日

「おかげさまで」はビジネスでも使いやすい感謝を伝える敬語です。「おかげさまで」の用例や語源などを丁寧に説明しました。記事には、チーム名義での感謝を伝えることでチーム全体のパフォーマンスにも影響を与えることを記しています。

「おかげさまで」のもともとの意味

相手に感謝の気持ちを伝えるときに「おかげさまで」という表現を使います。
しかし、この「おかげさまで」というのはどういう意味なのか、あまり知られていないようです。

「おかげさまで」とは「御陰様で」という意味です。本来は漢字で書くのがただしく、ひらがなで「おかげさまで」と書くのはあまりよくありません。

これは最上級の謝辞とされ、相手に高い敬意を払った言い方です。だから安心して使って構いません。ビジネスシーンでも先方に報告する事柄がある時にはとても有効な表現になります。

それだけではなく、チーム全体の士気を向上させ、外部協力者の方などにも好印象をもたれる使って損のない表現です。ただ、あまりにも繰り返し使うとよくありませんから、ここでは他の言い回しと、文例も記しておきました。

「おかげさまで」の語源は相手からの恩沢

いまでは意味がわからなくなってしまった「おかげさま」ですが、御+(陰+様)という言葉に分解されます。ポイントは陰という単語。今ではほとんど使うこともありませんが、もともとは「相手からの恩沢」を意味します。

陰陽道の思想で「陰徳」と「陽徳」という考え方があります。とくに「陰徳」、つまり密かにいいことをすることにはとても大きな意義があり、私達の多くの事柄がうまくいくときは、誰かが「陰徳」を積んでいるのだという発想が根本にあります。

「御」は相手に対する敬意、「陰様」はその「陰徳」を示します。「おかげさまで」というとき、相手がはっきりとは言わなくても様々な助力をしてくださっていた。そのことでようやっとうまくいきました、というニュアンスがあります。

「おかげさまで」を目上に使うのはOK?

「おかげさまで」を目上の人に使うことはまったく問題がありません。しかし、成果が出ていない状態や報告すべきことがらが途中の場合には使えません。しかし、「おかげさまで元気にやっております」のような、近況報告のような使い方はできます。むしろこのような使い方が多いかも知れません。

また「おかげさまで」を同僚や友人に使うことも問題ありません。親しい友人だけではなく、様々な人々に使える表現です。協力の程度にもよらない表現ですので、何かをしていただいた人には誰でも相手を選ばずに使えます。

敬語での使い方

敬語としてつかう場合には、「おかげさまで~~ました」のような丁寧文で書きましょう。「おかげさまで申し上げることができました」や「おかげさまでしていただきました」のような表現は避けたほうが無難です。

「おかげさまで成功したと聞きました。」や「おかげさまで普段より元気にしているそうです」といった伝聞で使っても構いません。非常に使いどころのよいフレーズです。また「お陰さま」のように「かげ」だけを漢字しても構いません。二重敬語にならないように気をつけましょう。

メール連絡での「おかげさまで」の使い方例文

拝啓 
早春の砌、いかがお過ごしでしょうか。

喜ばしいニュースがあります。
先日行われた、グローバル・コンペティションで私共のグループが入選いたしました。施工までにはまだ予算面での話し合いと本案の修正がありますが、ともあれ近年稀にみる大規模事業の受注ができましたことをご報告いたしました。

おかげさまで、○○審査委員からは特に高い評価をいただくことができたと拝聞しました。

とりいそぎのご連絡ではありますが、あらためて御礼申し上げます。

敬具

口頭の挨拶での「おかげさまで」の使い方例文

先日はありがとうございました。

おかげさまで息子も大学に入って肩の荷がひとつ降りた気持ちです。

あとは娘がけっこんしてくれればよいのですけれどもね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
今日はどうもありがとうございました。

おかげさまで受験に突破することができました。その御礼に今日は参りましたが、たまには○○さんのお顔も拝見しようと思いまして。おかわりありませんでしたでしょうか?

それから奨学金の面接にも無事通過して、来月からいただけるとのことでした。陰に陽にのご助力をいただいたおかげです。

またよろしくお願い申し上げます。

「おかげさまで」以外の表現をつかった使い方例文

次のページ:「おかげさまで」がはいる位置

初回公開日:2017年07月23日

記載されている内容は2017年07月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests