Search

検索したいワードを入力してください

「お目にかかる」の意味と使い方|3つの例文と類語の比較

更新日:2022年07月23日

ビジネスシーンでもよく用いられる敬語。しかしその中には気づかないうちに間違って使ってしまっているものも多いはずです。今回はその中でも間違って使われやすい「お目にかかる」という言葉に焦点を当てました。尊敬語、謙譲語、丁寧語など敬語の一般論の復習にもなります。

「お目にかかる」とは

「お目にかかる」とは、「会う」という言葉の謙譲語です。

「お目にかかる」は謙譲語に属していて、「会う」という言葉の謙譲語になります。動作主がへりくだって相手を敬うので、基本的には主語は自分になります。

「目上の方にお会いする」ことを表すのが最もメジャーな使われ方です。他には「専門・商業目的で会いに行く」といった意味があります。

今回は「お目にかかる」の使い方や英語表現について、詳しくご紹介します。

「お目にかかる」は「会う」の謙譲語

「お目にかかる」は「会う」の謙譲語です。

先ほどもご紹介したように、「お目にかかる」とは「会う」の謙譲語です。謙譲語とは、動作主がへりくだることことで、動作の相手を敬う言葉です。

動作主がへりくだるので、基本的に主語は自分もしくはこちら側の人間です。「お目にかかる」は「目上の方にお会いする」ことが最もメジャーな使われ方です。

「お目にかかる」の使い方

「お目にかかる」の使い方をご紹介します。

「お目にかかる」は「会う」の謙譲語であるため、「目上の方にお会いする」ことを表すのが基本的な使い方です。

他の使われ方は、「気づく」「専門・商業目的で会いに行く」といった使い方があります。

「お目にかかる」の漢字

「お目にかかる」の漢字をご紹介します。

「お目にかかる」の「かかる」の部分は、「係る」や「懸かる」など複数ありますが、「かかる」の部分はひらがなで表記すると、間違いがないです。

普通は漢字で表記せず、ひらがなで「お目にかかる」と使われます。

「お目にかかる」の例文

「お目にかかる」の例文をご紹介します。

「お目にかかる」を使った例文を「挨拶の時」「面会をお願いする場合」「ビジネスメールで使用する場合」の3つのシーン別にご紹介します。

ぜひ、「お目にかかる」をビジネスシーンや普段の会話に取り入れる際の参考にしてみてください。

例文1:挨拶の時などで使用する場合

例文1は、挨拶の時などで使用する場合です。

挨拶の時などで使用する場合の例文として、「江藤様、お目にかかることができて光栄です」をご紹介します。

取引先の方や大事なお客様など、目上の方に対して初めてお会いしたという場合に、「江藤様、お目にかかることができて光栄です。」というように使うことができます。

名前の部分は、相手の名前や苗字に合わせて変えて使ってください。

例文2:会社の受付などで面会をお願いする場合

例文2は、会社の受付などで面会をお願いする場合です。

会社の受付などで面会をお願いする場合、「部長にお目にかかりたいのですが」という例文をご紹介します。

会社の受付や上司の家に訪問した場合など、受付の人や対応してくださった方に面会をお願いする場合に「部長にお目にかかりたいのですが」というように使うことができます。

部長のほかにも、社長やお世話になった方など、目上の方に訪問した場合に使うことができます。

例文3:ビジネスメールでの言葉として使う場合

例文3は、ビジネスメールでの言葉として使う場合です。

ビジネスメールでの言葉として使う場合の例文として、「それでは明日、お目にかかるのを楽しみにしております。」をご紹介します。

メールや手紙などの文面で、取引先や目上の方と会う約束をし、会話を締めるという場合に「それでは明日、お目にかかるのを楽しみにしております」を使うことができます。

文中に相手の名前を入れても良いです。会話の最後の締めとして便利です。

その他の「会う」の敬語表現

その他の「会う」の敬語表現をご紹介します。

「お目にかかる」以外の、他の「会う」の敬語表現をご紹介します。「会う」の敬語表現には、「お会いする」や「見える」などがあります。

次にご紹介するのは「お会いする」と「お会いになる」の違いや、「お目にかかる」と「お目にかかれる」の違いなど、「会う」の敬語表現の違いをご紹介します。

次のページ:その他の「お目」を使った表現

初回公開日:2017年07月13日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests