Search

検索したいワードを入力してください

可及的速やかにの意味と使い方|敬語表現・ビジネスにおける意味

更新日:2020年08月14日

「可及的速やかに」という言葉は、日常的に頻繁に見聞きするものではないですが、いざビジネスシーンで使うとなった時に知らないと困る言葉です。ここでは「可及的速やかに」という言葉の意味と使い方をご紹介させて頂きます。この言葉を上手に使いたい方は、要チェックです!

可及的速やかにの意味と使い方とは

「可及的速やかに」という言葉をご存知でしょうか。

「なるべく急いでね」という意味でビジネスシーンを中心に使われることが多い印象のあるこの言葉ですが、「なるべく」とは曖昧な表現です。ビジネスシーンにおいてこの言葉を使う場合には「どれくらい急げばいいのか」、「なるべくだからできる範囲でいいのかな」とも思ってしまうことがあるのではないでしょうか。

実際にこの言葉を使われた場合にしっかりと意味を把握するためにも、今回は「可及的速やかに」という言葉の意味と使い方についてご紹介します。

可及的速やかにとは「できるだけ素早く」

可及的速やかにとは、「できるだけ素早く」という意味になります。「可及的」にはできる限り、なるべくという意味が含まれています。この「可及的」という言葉の意味を見るだけでも、「可及的速やかに」という言葉を使うときの急ぐ速度というのは「できるだけ早く」という意味合いで使われることが多いと受け取ることができます。

ちなみに、ビジネスシーンでも使われることが増えている「可及的速やかに」という言葉ですが、もともとは医療や政治関連の文書で好んで用いられている言葉でした。そういった性質を持つために、この言葉を使う場面は政治文書のようなお堅いシーンで使われることが多い表現となっています。

ビジネスシーンで使われる

上記でも触れていますが、もともとは「可及的速やかに」という言葉は医療や政治関連のお堅い文書等で好んで使われている言葉でした。そのため、ビジネスシーンの普段のそこまで堅くならなくていいお願いの場面などでこの言葉を使うのは適切ではありません。

「可及的速やかに」という言葉は、言いたいことの意味は合っているかもしれないけれど、場面に合っていないときには使う必要のない言葉だと言えます。難しく感じるかもしれませんが、「可及的速やかに」という言葉は、目上の人や上司が多い会議等の場面で使用するのが適切な言葉であると言えます。

また、「できるだけ急いでね!」という旨を伝えるだけであれば、後ほどご紹介させて頂きます「可及的速やかに」の類語に当たる言葉を用いて表現することが正しいと言えます。

可及的速やかにの類語と言い換え

「可及的速やかに」とは、上記でご紹介致しましたようにお堅い言葉であり、普段使いをすることにはあまり向いていないと言えます。この「可及的に速やかに」という意味を持つ言葉を場面にあった言葉で失礼なく伝えるためには類語表現を使うことをします。

「可及的に速やかに」という言葉を場面にあった適切な言葉に言い換えるだけでも、印象はがらりと変わりますので、対応する場面において適切な表現を使えるようになるために、類語表現と言い換えをしっかりと把握しておきましょう。

「可及的速やかに」の類語表現と言い換えとは

「可及的速やかに」という言葉の意味は「できる限り素早く」です。この意味に焦点を当てていくと、複数の類語が見えてきます。

例えば、
・可能な限り速く
・できるだけ速く
・大至急、至急
・速やかに
・一刻も速く
・急ピッチで
という言葉たちがでてきます。

「可能な限り速く」や「できるだけ速く」、という類語に関しては「可及的速やかに」という言葉を崩したような表現です。崩した言葉であるということは、お堅い場面ではなく、すこしくだけた場面で使うことができるということですので、場面によっては「可及的速やかに」よりも「可能な限り速く」や「できるだけ速く」を使用する方が適切な場合もあります。

他にも多々類語がありますのでこちらも「可及的速やかに」という言葉の代わりに使用することが可能ですが、「急ピッチで」に関してはかなりくだけた表現なので、場面にあった言葉であるかどうかきちんと確認してから使用することをします。

可及的速やかにの敬語表現とは

ここでは「可及的速やかに」という言葉の意味と類語についてみていきました。この「可及的に速やかに」という言葉はお堅い場面で好んで使われていた言葉です。パッと見ると普段見ている敬語表現とはまた少し違った印象を受けますが、この言葉はきちんとした丁寧な表現です。元々がお堅いお仕事の方々が好んでいた言葉でもありますので、「丁寧な表現をしている」という印象を与える言葉なので、このまま使用しても全く問題ありません。

もし使うのであれば、「可及的速やかに対応させていただきます。」と言ったように「可及的+伝えたいことの敬語表現」といった使い方をするのが適切です。目上の方や上司、あまり親しくない取引先の方にこの言葉を使うことで丁寧な印象を与えることができますので、依頼をされた場合に使うことで信頼感を与えることができます。

ビジネスにおける可及的速やかにとは

「可及的速やかに」という言葉が丁寧な表現であり、正しい使い方をすれば良い印象を与えることのできる言葉であることがわかりました。では、この言葉をビジネスシーンで正しく使うにはどのような場面が適しているのでしょうか。

この「可及的に速やかに」という言葉をビジネスシーンで上手に使用するために、この言葉のビジネスシーンにおける適切な使い方を、例文を用いて詳しくご紹介させて頂きます。

目上の方や上司、取引先の方とのやりとりで

「可及的速やかに」という言葉は丁寧な表現であるということもあり、部下や同僚に対して使うことは適切ではないと言えます。もし使うのであれば、目上の方や上司、あまり親しくない取引先の方や先輩に対して使うのが適切であると言えます。

また、「可及的速やかに」とは「できるだけ素早く」と言った意味ですが、ビジネスシーンではこの意味だけではなく、「やるという意志はありますよ」という意味合いを込めて使われることが多々あります。例えば、上司に仕事を急かされた場合に「可及的速やかに対応したいと思います」といった言い方をすれば「できるだけ素早く対応します」という意味だけでなく、「やる意志こそあれど、まだ別件で手が回りません」と言った意味も含まれる表現になります。

便利そうな言葉だが、失礼にあたることも…

ビジネスシーンにおける「可及的速やかに」とは「やる意志はありますよ」という意味合いを含んだ使い方をする場合もあるということがお分かり頂けたかと思います。しかし、あまりこの使い方を多用することはできません。

上記の例だけで言うなら「後でやりますよ」と言っているわけなので、しっかりと後々対応しなければ信頼関係に大きな傷を残すことになってしまいます。相手が急かしているときは「忙しいのはわかるけれど、速やかに対応してほしい時」ですので、「可及的速やかに対応します」と言った以上速やかに対応することが肝要です。

お願いするときに使うのは間違い?

言葉の意味としては「なるべく早く」というものなのですが、これはあくまでも相手に対して自分がなるべく早く対応します、という旨を伝える言葉であって、相手にお願いするときに使うのは失礼にあたる言葉になってしまいます。「可及的速やかに」という言葉はお堅い言葉であるという性質上、相手に急いでもらいたい時に使ってしまうと威圧的な態度であるととられてしまいます。

例文は、
・可及的速やかにご連絡をお願いします。
となります。

このようにお願いされる形で使われるとお願いされているというよりも命令されているような表現になってしまいますので、こういった場面では上記の類語や言い換えの表現でご紹介致しました「大至急」や「できるだけ」等の言葉を用いて表現する方が適切であると言えます。

堅い言葉であるがゆえに、使う場面には気を付けよう

今回は「可及的速やかに」という言葉の意味や使い方をご紹介させて頂きました。「可及的に速やかに」という言葉は元々が医療関係や政治関連の文書などで好んで使われていた言葉ですので、かなりお堅い印象のある丁寧な表現の言葉であることがお分かり頂けたかと思います。

「可及的速やかに」という言葉はこういったお堅い表現であるがゆえに使う場面や相手をしっかりと選ぶ必要があるという側面もあります。また、お願いする時にこの「可及的速やかに」という言葉を使用すると相手に威圧的な態度をしていると捉えられてしまうことがありますので、使用するときは注意が必要な言葉でもあります。

「可及的速やかに」の意味や使い方をしっかりと把握し、使う場面や相手によって類語などに置き換えて表現するなど上手に使いこなして、シチュエーションに応じて様々な言葉をスマートに使い分けることができる格好いいビジネスマンになりましょう!

初回公開日:2017年08月10日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests